旧商家丸一本間家

明治期に増毛の大豪商が建てた
旧商家丸一本間家

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

旧商家丸一本間家は、増毛(ましけ)町のメインストリートに面して立つ重厚感のある大きなお屋敷です。これは、明治時代に北海道北部・天塩国で随一の豪商と呼ばれた本間泰蔵が建てたもの。店舗と蔵、居宅などが一体になった大きな建物は、床の延べ面積がおよそ1,300㎡もあり、とくに居宅部分は贅を尽くした造りになっています。国の重要文化財にも指定されている貴重な建物を味わいながら、町の歴史も学べる施設です。

Point1

道北一の豪商・本間泰蔵

札幌から北へ約100㎞、道北の日本海側にある増毛町は、明治初期に開拓精神を持った人々が本州から海を越えてやってきた港町の一つでした。旧商家丸一本間家を建てた本間泰蔵もその一人。佐渡出身の泰造は、小樽で丁稚奉公をしたあと1875(明治8)年に増毛に移住し、日用雑貨の店をはじめました。ニシン漁で町が栄えるのとともに、呉服店や海運業など事業を拡大して、一代で大豪商に。泰蔵がおこした酒造業は、いまも国稀酒造として続いています。

Point2

建物の随所に生きる宮大工の技

本間泰蔵は、1880(明治13)年から店舗や社屋、居宅など増築を重ね、20年以上もの年月をかけて、1902(明治35)年に本間家の建物を完成させました。建築にあたったのは、泰蔵がわざわざ故郷の新潟県から呼び寄せた宮大工たち。その高度な技術をいかした繊細で美しい細工が、建物のあちこちに見られます。建物だけでなく、襖絵や掛け軸などの装飾品も堂々として目を見張るものばかり。どこを見ても、泰蔵の美意識の高さが伝わってきます。

Point3

建物から感じるいにしえの増毛

建物に入ってまず驚かされるのが、呉服店のスペースの広さです。間口はおよそ10m。この広々とした店に多くの人が訪れ、にぎわったそう。それだけニシン漁による好景気の波が大きく、町も活気に満ちていたことが伝わってきます。また、茶の間の大きな囲炉裏や復元されたかまどなどからは、明治・大正期の暮らしぶりも垣間見えます。贅を尽くした客間や、海を見渡せる2階3階の部屋に入って、かつての豪商の生活を体感しよう。

[お車ご利用の場合]

旭川空港から 126km 2時間7分、道央自動車道 経由。

[公共交通機関ご利用の場合]

バス⇒旭川空港~旭川駅前(620円、約40分)
旭川駅前から旭川駅前(バス停)まで徒歩4分
旭川駅前(バス停)~留萌十字街(1650円、約130分)
留萌十字街~増毛駅(420円、約26分)
増毛駅から徒歩約2分 所要時間:3時間22分

[タクシーご利用の場合]

2時間27分
旭川空港からの予想運賃:約30,780円(一般道利用の場合)

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン