すすきの

知っているようで知らない!?
北の大歓楽街「すすきの」

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

ニッカウイスキーの看板でおなじみの「すすきの」。日本三大歓楽街に数えられるくらい全国的にも知名度の高い場所。夜のすすきの人口は約8万人とも言われ、飲食店数はその数約3,500店程。同じビル内に飲食店もあればいわゆる夜のお店もあり、すぐ隣にはホテルがあったりとさまざまな業種でひしめき合っています。歓楽街でも治安が良く女性だけで歩いてもまず安全。訪れた際には「したっけ一軒行ってみっかい?」(じゃあ、一軒いってみようか)と繰り出してみては?

Point1

地名に「すすきの」はない!?

地図を見ても道路にある住所を見ても「すすきの」はありません。え?すすきのって何処のことを言うの?と思うかもしれません。実は、すすきのという地名は正式にはなく、だいたい南北に南4条〜南6条、東西に西2丁目〜西6丁目の範囲を「すすきの」とか「ススキノ」「薄野」など呼びます。表記方法や場所の範囲の認識も人ぞれぞれで「だいたい」とか「なんとなく」というのが北海道らしいところです。範囲が広くビルも密集しているので、タクシーに乗ったら、運転手には「◯条◯丁目の◯◯ビル」と告げましょう。

Point2

開拓時代からの歴史が色濃く残る街

札幌や北海道の歴史と密接に関わっているすすきの。1870年頃、北海道開拓時代に遊郭として歴史がスタートし、1920年頃になると遊郭は白石区に移転。その跡地に飲食店などが建ちはじめ、現在のネオン街の基盤が形成されたのです。その後1972年に札幌オリンピックの開催決定もあり、街は好景気に。多くの人で賑わうようになりました。特徴的な「碁盤の目」の街並みは今も昔も変わりません。

Point3

様々なイベントも!

雪まつり期間は通りに氷像などが立ち並ぶ「すすきのアイスワールド」が開催されたり、夏には花魁道中やすすきの祭りなど、各種イベントで賑わいます。また、昼のすすきのを見るのも面白く、夜とはまったく違う表情に驚きます。夜気づかなかった彫刻品なども道路沿いに並び、じっくり眺められる程静かな街並みに。宿泊先のホテルからすすきのを通り、中島公園まで散歩してみては?

[3] [4] 提供写真:すすきの観光協会

[お車ご利用の場合]

車一般道利用  新千歳空港から45km 90分、国道36号線経由。

車高速道路利用 新千歳空港から55km 所要時間70分 高速代金1,410円
道央自動車道:新千歳IC~北郷IC利用。
北郷IC降りてから36号線経由。

[公共交通機関ご利用の場合]

電車⇒新千歳空港駅(JR快速エアポート)~札幌駅
(乗換え)さっぽろ駅(市営地下鉄南北線)~すすきの駅
所要時間:52分(1,580円)

バス⇒新千歳空港ターミナルバス停~南3条すすきのバス停(北海道中央バス)空港連絡バス(1,030円、約63分)
南3条すすきのバス停前から徒歩2分   所要時間:1時間5分
           

[タクシーご利用の場合]

1時間30分
新千歳空港からの予想運賃:12,400 円~15,900円(一般道利用の場合)

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン