開陽台

道東の広い大地を感じたいなら
開陽台を目指そう!

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

北海道をツーリングするライダーたちから聖地とも言われる開陽台には、どこまでも続く草原と、ゆるやかな丘陵、宇宙サイズの防風林、果てしない直線道路、道東ならではのスケールの大きさを感じられる風景があります。頂上に立つ展望館からは地平線がぐるっと330度見渡せ、人気のビューポイントになっています。

Point1

広大な牧草地と北海道遺産の防風林

開陽台は、知床半島の南、中標津(なかしべつ)町にある標高270mの台地です。根室中標津空港からは車で約15分、道道150号線を北西に進んで、ミルクロード(町道北19号道路)を南西に向かいます。周辺には見渡す限りの牧草地が広がり、放牧されている牛の姿も見られます。麓に広がる格子状に美しく並ぶカラマツの防風林は、宇宙からも見えるほどの規模で、北海道遺産にも認定されている風景です。

Point2

どこまでも続くようなミルクロード

北海道の東端に広がる根釧台地は日本最大規模の台地。その広い大地を通る、どこまでも続くような真っすぐな道は、中標津町の特産品の牛乳を運ぶタンクローリーが走ることから「ミルクロード」と呼ばれています。道の両側には牧場が並び、のんびり過ごす牛の姿も見られます。時には鳥やキツネが飛び出して来ることもありますので注意が必要です。ミルクロードは起伏のある場所が撮影ポイント。駐車帯に車を停めてカメラを構えましょう。

Point3

地平線がぐるっと330度

開陽台展望館の屋上へ上がるとそこには、330度のパノラマが広がっています。330度というのは、地平線上に武佐岳があるため。条件が良い日には、オホーツク海はもちろん、知床半島から野付半島や国後島まで見渡せます。パノラマ写真や動画を撮りたいなら、人が少ない朝に行くのがオススメ。空気が澄んだ朝は視界もクリアになりやすく、海から昇る朝日も一見の価値がありますよ。

[お車ご利用の場合]

釧路空港から約110km約110分、鶴居国道/国道274号線経由

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン