* menu
閉じる

支笏湖

山々に囲まれた支笏湖
湖上に湖畔に、楽しみがいっぱい!

writer : 編集部

2015.12.18

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

支笏湖は恵庭岳、風不死岳、樽前山に囲まれたカルデラ湖です。日本最北の不凍湖で、水深平均256m、最大水深360m、透明度が田沢湖に次ぐ国内第2位。周囲には苔の洞門や野鳥の森など自然に触れるスポットもたくさん。湖畔には温泉街、ボート乗り場、ビジターセンターもあり、観光客の出入りも頻繁です。名物のチップ(ヒメマス)料理も美味しく、四季で表情を変える景色も魅力的です。

Point1

山々と湖がつくり出す絶景に感動!

札幌、千歳、苫小牧、喜茂別の4地域から車やバスで行くと、どのルートからもパッと山々に囲まれている湖の姿が目の前に広がります。千歳ルート以外は温泉街に向かうのに必ず湖畔をぐるりと回ります。どの角度から見ても湖の透明度は良好、山は季節によって色付きを変えてゆきます。札幌駅〜支笏湖、新千歳空港〜支笏湖、どちらのルートも車で40分程で行けるのもちょっとしたドライブを堪能できます。旅行、観光の場合は札幌ルート、千歳ルートがオススメです。

Point2

支笏湖の歴史を知るならまずここ!

温泉街に到着するとお土産物屋さんの隣にひときわ存在感のある施設「支笏湖ビジターセンター」。入り口に入ると、熊のはく製と、ヒメマスの水槽が展示してあります。さらに奥へと進むと、支笏湖誕生の歴史が、中央には自然探訪ターミナルがありミニチュアの立体支笏湖があり、館内右側に進むと森の世界、山の世界、湖の世界と支笏湖の自然がわかりやすく展示されているのが見えてきます。その先にはラウンジがあり、そこから見える苔の洞門の実物大パネルは、まさに圧巻です。

Point3

ここでしか口にできないラーメンはいかが?

歴史あるお土産物屋の定番と言えば、いも天やトウモロコシ。食事処も豊富で、常に観光客で賑わっています。中でもチップ料理は支笏湖周辺の味覚です。平成27年4月にオープンした昭和物産の昭和ラーメン(850円)はチッブ魚醤のスープで麺は細麺。あっさりした味わいで食べるごとにチップの薫りで食欲が増します。ラーメンはスープがなくなれば終了。お昼過ぎになくなってしまうこともある人気のラーメンです。

スポット詳細

アクセス

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン