* *

しかりべつ湖コタン

厳冬の寒さと美を楽しむ
湖上の村、しかりべつ湖コタン

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

大雪山国立公園の南端、豊かな自然に囲まれた然別湖(しかりべつこ)。冬には完全結氷するこの厳寒の湖の上に、毎年1月下旬~3月下旬だけ出現する美しい「氷の村」が「しかりべつ湖コタン」です! 雪と氷でできたアイスバーやチャペル、絶景の氷上露天風呂…。1980年から毎年開催され、北海道の冬の素晴らしさを全身で体感できるイベントとなっています。

Point1

真冬にだけ出現する「幻の村」

標高804m、周囲13.8km。北海道で最も高い位置にある天然湖が然別湖(しかりべつこ)です。手つかずの自然に囲まれて高い透明度を誇ります。内陸山間部のため、冬の朝にはマイナス25℃以下まで冷え込むことも珍しくない、寒さの厳しい地域です。その寒さを思いっきり楽しもうと、毎年1月下旬~3月下旬に行われるイベントが、しかりべつ湖コタン!

Point2

雪と氷で造る純白の世界に感動

コタンとはアイヌ語で「村」を意味します。凍った湖の上に現れるアイスバーやコンサートホール、チャペル、宿泊体験ができるロッジまで、村のすべては雪と氷で造られ、一面、純白の世界です。大人気のアイスバーでは、自分が作った氷のグラスでオリジナルのカクテルも楽しめちゃう。地元の乳製品を使ったホットドリンクも人気です。チャペルは夕方からキャンドルが灯され幻想的な美しさに。

Point3

世界唯一の氷上露天風呂で入浴も!

世界中でここだけにしかない「氷上露天風呂」にもぜひ入浴を。視界を遮るもののない絶景のなか、湖畔のホテルから引いた源泉かけ流しの天然温泉が楽しめるんです。冬季はJR帯広駅から然別湖畔までのバスが無料になるサービスもあり、冬道の運転に自信がない方でも安心。北海道の冬の美しさ、楽しさを満喫できるステキな「村」を訪れてみませんか。

スポット詳細

住所 北海道河東郡鹿追町然別湖畔
営業時間 開催期間
 2018年1月27日(土)~3月21日(水)
※施設・年度により異なるため、お問い合わせください。
定休日 会期中は無休。(荒天時は休業)
料金 無料
※有料アクティビティあり
TEL 0156-69-8181
然別湖コタン実行委員会
駐車場 あり
駐車料金 無料(50台)
参考URL http://www.shikaoi.net/contents/event/kotan/

アクセス

帯広空港から約87km 90分、道道85号線経由。
公共交通機関 バス⇒とかち帯広空港バス停~帯広駅バス停 とかち帯広空港線(1,000円、約45分)、帯広駅バス停~然別湖 北海道拓殖バス(新得・鹿追・然別湖線を利用)「然別湖畔温泉」下車(1,650円、約110分)、「然別湖畔温泉」から徒歩1分
所要時間:2時間36分

Google MAPで見る

ツアー検索

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索