函館山

何度でも見たくなる…絵ハガキ
よりも美しい函館山の夜景

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

函館山山頂展望台に立てば……
すぐ手が届きそうな近さで輝きを放つ、無数の「光の宝石」。函館山の夜景は、ミシュラン旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」改訂第2版で三つ星を獲得!最近は「行ってよかった夜景TOP20」(旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」発表)でナンバーワンにも選出され「最も印象的な夜景」(JTBアンケート)でも国内トップになるなど、「何度でも見たくなる…」「絵ハガキを見るよりも美しい」と絶賛され、見た人々の心をとらえて離しません。

Point1

エキゾチックな街を展望するなら「ひる山」へどうぞ!

市内の雄大な眺望を楽しむのなら、明るいうちに山頂(標高334m)へ上りましょう。市街地を中心に見える2つの海。晴天の日は、右の津軽海峡の向こうに青森県の下北半島が大きく見えます。

左の函館港はその形が「巴」(ともえ)に似ているので別名「巴港」とも呼ばれ、市章にも「巴」を採用しています。長崎・横浜と共に開港し、いち早く外国の文化が入った街・函館。山裾に集中する各国の教会や歴史的建造物を眺めながら異国情緒を味わうのもまた格別です。

Point2

地図や写真から消えた?函館山

函館山は明治28年以降、日露戦争を想定し津軽海峡を守るための要塞でした。終戦までのおよそ50年間は一般市民の立ち入りは許されず、当時は函館山の撮影はもちろん模写も禁止されていたのです。

その間に函館山の自然が保護され、現在は約600種の植物や150種の野鳥観察が楽しめる絶好のハイキングコースに生まれ変わり、「函館山と砲台跡」として北海道遺産にも選定されています。

Point3

啄木ファン必見!啄木も眠る函館山といえば…

啄木ファンにとって聖地ともいえる場所が、函館山の南から津軽海峡に突き出す「立待岬」。下北・津軽半島や汐首岬を眺めるビューポイントでもあります。

岬に向かう途中には「石川啄木一族の墓」があり、墓石には有名な「東海の 小島の磯の 白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる」の詩があり、裏には「俺は函館で死にたいように思う」という義弟の宮崎郁雨に宛てた手紙の一部が刻まれ、命日には全国からファンがお墓参りに来ています。

[お車ご利用の場合]

車一般道利用 函館空港から14.2km 33分、国道278号線、道道675号線経由。

[公共交通機関ご利用の場合]

電車⇒函館駅前(函館市電2系統 谷地頭行)~十字街駅(210円、約5分)
十字街駅から徒歩10分 ロープウェイ乗り場まで  所要時間:15分
※函館空港から函館駅まではバスかタクシーとなります。

バス⇒函館空港(函館空港線 函館グランドホテル行)~函館駅前(410円、約20分)
函館駅前~函館山 函館山登山バス(400円、約30分)
※季節運行 4/17~11/15までとなります。
所要時間:50分

[タクシーご利用の場合]

30分
函館空港駅からの予想運賃:4,100円~5,160 円(一般道利用の場合)

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン