* *

円山動物園

中心部から近い円山公園エリア
新施設が続々誕生の円山動物園

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

札幌駅から、地下鉄とバスで20分と便利なアクセスで、札幌市内観光の合間にも立ち寄りやすい札幌市円山動物園。ここ数年は、次々に新たな展示施設が誕生し、より動物を観察しやすくなっています。円山公園内にあり、豊かな自然が感じられるのも魅力です。
大人気のホッキョクグマ親子や、エゾヒグマやエゾリスをはじめとする、北海道特有の動物など見どころはいっぱい。ほぼ毎日行われる、動物の食事シーンや飼育員の解説が聞ける「ドキドキ体験」や、各種催しなど体験メニューも豊富で、動物とふれあえるチャンスが多い動物園です。

Point1

愛らしいホッキョクグマ親子

札幌市円山動物園の年間入園者数は、約87万人(2014年度)。最寄りの地下鉄円山公園駅から、バスで7分、歩いても15分と便利な立地です。円山公園駅エリアには、おしゃれな飲食店も多く、観光とグルメどちらも楽しみたい欲張りさんにもオススメ! 数年ごとに誕生する、ホッキョクグマの子どもが人気者で、現在は、2014年12月に生まれた元気な女の子「リラ」が、愛らしい姿を見せてくれます。 近年はわくわくアジアゾーンやアフリカゾーンの新設、サル山や、は虫類・両生類館のリニューアルなど施設の充実をはかっています。

Point2

「エゾ」がつく北海道の動物に注目

円山動物園には、北海道の固有種も多く、エゾヒグマは日本に生息する陸上動物では最大。オスは体長2m、体重は300kgを超える場合もあります。また冬季も、年末以外は休まず開園しており、冬に元気になる北海道の動物たちを観察できるのも特徴です。レッサーパンダやアムールトラ、ユキヒョウ、エゾシカ、シンリンオオカミなど、高山や寒冷地に生息する動物が、雪景色の中で活発に動き回るのは、ここならではの景色でしょう。

Point3

参加型イベント・ドキドキ体験

動物とのふれあいや、理解を深めることをテーマのひとつとしている円山動物園が、力を入れているのが「ドキドキ体験」です。
飼育員によるワンポイントガイドや、動物の食事風景を見られたり、動物が園内を飼育員とお散歩して、一緒に記念写真を撮れたりと、工夫を凝らした催しが行われています。週末や連休には、さらにイベントが増えるので、訪れる前に円山動物園のホームページで、イベント情報をチェックするのがオススメです。

[2]提供写真:札幌市円山動物園

スポット詳細

住所 北海道札幌市 中央区宮ケ丘3番地1
営業時間 夏期(2月1日~10月31日)
 9:00~17:00
冬期(11月1日~1月31日)
 9:00~16:00
※入園券の販売と入園受付は閉園時間の30分前までとなります。
定休日 年末(12月29日、30日、31日)
料金 大人(高校生以上)  600円
小人(中学生以下)  無料
※札幌市内に居住の65歳以上の方、身体障害者手帳などをお持ちの方は無料です(下記を参照)。
※中学生は、生徒手帳をご持参ください。
TEL 011-621-1426
駐車場 あり
駐車料金 第一駐車場または第二駐車場
 普通車(軽四輪車、小型特殊自動車を含む)  700円
 二輪車(自動二輪車)  100円
※第二駐車場は、冬期間閉鎖しております。(要確認)
参考URL HP : http://www.city.sapporo.jp/zoo/

アクセス

新千歳空港から49km 1時間25分、国道36号線経由。

新千歳空港から54km
所要時間 1 時間 8 分 高速代金880円
道央自動車道:新千歳IC~北広島IC利用。
北広島IC降りてから道道89号線経由。
公共交通機関 電車⇒JR新千歳空港駅(JRエアポート)~JR新札幌駅 (880円、約28分)
新さっぽろ駅(札幌市営)~円山公園駅(320円、約24分)
円山公園駅から徒歩15分 所要時間:1時間7分

バス⇒新千歳空港バスターミナル~円山バスターミナル 新千歳空港線 円山BT行 (1,030円、約73分)
円山バスターミナルから徒歩23分 所要時間:1時間36分
タクシー 1時間40分
新千歳空港からの予想運賃:13,200円~16,900円 (一般道利用の場合)

Google MAPで見る

ツアー検索

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索