ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所

伝統的なウイスキー作りを続ける
ニッカウヰスキー余市蒸溜所

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

「日本のウイスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝氏。氏は、ウイスキーの本場スコットランドの風土を感じさせる北海道の余市にウイスキーの蒸溜所を構えました。それが「ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所」。ドラマ「マッサン」のモデルとなったことで、さらに見学者が増え、年間46万人を超えるほどの人気。深い味わいを誇るウイスキーの生まれる蒸溜所に足を運んでみませんか。

Point1

深い味わいはその製法にあり!

ウイスキーの本場スコットランドへ留学経験のある竹鶴氏は、余市の地こそウイスキー作りに適していると確信し、ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所設立に至りました。アルコール度数を高めるの蒸留作業には、ポットスチル(単式蒸留器)に石炭をくべる石炭直火蒸溜を用いています。現在では、スコットランドでも行われていない製法なのです。伝統を引き継ぐことで、より深みのある味のウイスキーを生み出しているのです。

Point2

内容充実の無料ガイドツアーに参加しよう!

ニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所を知るには、事前予約での無料ガイドツアーがオススメ。敷地内の各施設や創業当時の事務所、ドラマ「マッサン」のモデルでもある政孝氏・リタ夫人の家などをガイドさんが丁寧に案内してくれます。ニッカウイスキーに関する、エピソードなども聞けて、ウイスキー通に一歩近づけますよ。

Point3

見学後のお楽しみといえば♪

施設見学後は、お楽しみの無料試飲コーナーへ!ウイスキーの他にもソフトドリンクもありますから、アルコールが飲めない方も安心ですね。有料試飲コーナーでは、さらに様々なウイスキーを味わえます。また、レストラン「たる」では、余市のりんごを使用したスパイシーりんごカレーなどが人気です。ショップ「ノースランド」では、工場オリジナル商品やウイスキーお供に合うチョコレートなどをお土産にどうぞ。

[お車ご利用の場合]

車一般道利用 新千歳空港から147km 158分、国道276号線経由。

車高速道路利用 新千歳空港から108km 所要時間100分 高速代金2,050円
道央自動車道:千歳IC~小樽IC利用。
小樽IC降りてから国道5号線経由。

[公共交通機関ご利用の場合]

電車⇒新千歳空港駅(JR快速エアポート)~(乗換え)小樽駅
小樽駅(JR函館本線)~余市駅
余市駅から徒歩4分   所要時間:1時間48分(2,610円)

バス⇒新千歳空港ターミナルバス停~札幌駅前バス停( 北海道中央バス)空港連絡バス(1,030円、約72分)
札幌駅前バス停~余市駅前バス停(北海道中央バス)都市間高速バス(1,030円、約105分)
余市駅前バス停から徒歩3分   所要時間:3時間

[タクシーご利用の場合]

3時間20分
新千歳空港からの予想運賃:28,090円~35,900円(一般道利用の場合)

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン