* *

天狗山

ロープウェイで山頂へ
天狗山から望む港町小樽

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

小樽市内から車で約15分とアクセスの良い「天狗山」。ロープウェイに乗り展望台へ行くと市街や小樽港、石狩湾が眼下に広がり晴れた日には遠くの山々や積丹半島まで一望できる絶景スポットです。
夜になると「北海道三大夜景」の1つでもある煌びやかな夜景に感動。その他、自然のリスに触れ合える「リス園」や爽快感溢れる「スライダー」をはじめ、冬にはスキーを楽しむ事もできる。様々な魅力で小樽市民や観光客に親しまれている場所です。

Point1

小樽観光に来たら夜景は外せません

ロープウェイに乗り展望台へ。港町小樽の美しい景色が眼下に広がります。夜には街が宝石のように輝きウットリ。小樽観光の際には是非訪れていただきたいオススメスポットです。アクセスも良く「小樽運河〜小樽駅〜天狗山」を結ぶ循環バスが20分毎に出ています。ご利用の際は「小樽天狗山セット券」が断然お得。ゴンドラ往復券に加えて小樽市内線の1日乗車券が付いてくるので観光を始める前にまず購入すると小樽観光を存分に楽しめます。

Point2

天狗山の四季を楽しむ

展望台にある一本桜の「天狗桜」は小樽市内で最も遅く毎年5中旬頃に見頃を迎えます。港町の景色に舞う桜の花びらは一見の価値ありです。夏を迎えると深緑に包まれる遊歩道。20分程歩く森林浴は野鳥観察なども楽しめます。天候次第でタイミングが重なると雲海に出会える事も。小樽市内が「ガスってるなぁ〜」という時にはもしかすると…。雪が降るとそこは一面の銀世界。「小樽雪あかりの路」の会場の1つでもあり、期間限定のライトアップも素敵です。

Point3

景色だけではない天狗山の魅力!

展望台付近には実際にふれあえる「リス園」や、時速40kmものスピードで滑走する「スライダー」など屋外で楽しむ魅力も盛りだくさん!その他、日本全国から集められた700もの天狗のお面の展示している「天狗の館」は迫力満点。館内はどこか懐かしい昭和な香りを漂わせ、ノスタルジックな雰囲気を楽しむことができます。
(※リス園、スライダーは冬季営業しておりません。)
誰と来てもさまざまな楽しみ方ができる天狗山ロープウェイに遊びに来てみませんか?港町小樽の美しい景色が待っています!

 

[1][2][3][4] 提供写真:小樽天狗山ロープウェイ

スポット詳細

住所 北海道小樽市最上2-16-15
TEL 0134-33-7381
小樽天狗山ロープウエイ
駐車場 あり
駐車料金 無料
参考URL HP : http://www.ckk.chuo-bus.co.jp/tenguyama/

アクセス

車一般道利用 新千歳空港から86km 150 分、国道36号、5号線経由。


車高速道路利用 新千歳空港から86km 所要時間80分 高速代金2,220円
国道36号線から道央自動車道:新千歳空港IC~小樽IC利用。
小樽IC降りてから国道5号線号線、道道697号線経由。
公共交通機関 電車⇒新千歳空港駅(JR快速エアポート)~小樽駅
小樽駅~天狗山ロープウエイ(路線バス・系統番号9)(220円、20分)
天狗山ロープウエイバス停から徒歩1分    所要時間:1時間33分(2,310円)

バス⇒新千歳空港ターミナルのりばバス停~札幌駅前(北海道中央バス)空港連絡線バス(1,030円、72分)
札幌駅前バス停~小樽駅前バス停(北海道中央バス)(610円、約70分)
小樽駅前バスターミナル④のりば~天狗山ロープウエイ(220円、20分)
天狗山ロープウエイバス停から徒歩1分   所要時間:2時間45分

Google MAPで見る

ツアー検索

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索