* *

【長期休館中】北海道伝統美術工芸村

自然の美と手仕事の技を知る
北海道伝統美術工芸村

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

※※優佳良織工芸館、国際染織美術館は長期休館中です※※

旭川市を一望する高台にある「北海道伝統美術工芸村」は、「優佳良織(ゆうからおり)工芸館」、「国際染織美術館」、「雪の美術館」の3館からなっています。これらの施設は、優佳良織の創始者・木内綾氏の、「北海道の文化を創り、伝えていく場所でありたい」という想いから生まれました。約8万平方mという広大な北海道伝統美術工芸村は、北海道の自然の美しさとともに、手仕事のすばらしさを感じることができる空間です。1館ずつ見学できますが、3館共通券、2館共通券もあります。

Point1

優佳良織のすべてがわかる工芸館

「優佳良織」は、旭川市の染織作家・木内綾氏が創作した、北海道独自の染織工芸。羊毛を素材にし、一つの作品に200から300もの多彩な色を使うことが特徴です。1980年に開館した「優佳良織工芸館」は、優佳良織の歴史と作品を展示。色鮮やかな作品の数々は、流氷やハマナス、ナナカマド、摩周湖など、北海道の自然の美しさがテーマとなり、北国の四季を感じることができます。工芸館では、作品の展示・販売のほか、手織り体験も受けつけています。

Point2

神秘の世界が広がる雪の美術館

「雪の美術館」は、大雪山に降る雪の美しさを伝えるために生まれた美術館。雪の結晶をイメージした六角形のらせん階段で、地下18mまで降りていくと、本物の氷がつらなる「氷の回廊」や、壮大な天井画のある「音楽堂」など、神秘的な世界が広がっています。また、そんなファンタジーの世界を背景に、好きなドレスを着て写真撮影ができる「お姫様体験」が大好評。非日常の空間でお姫様になった気分が味わえます。

Point3

日本唯一の染織専門美術館

1986年に開館した「国際染織美術館」は、世界と日本の優れた染織工芸品を展示しています。染織学の権威として知られる上村六郎氏(日本染織文化協会名誉会長)のコレクションを引き継ぎ、各国の民族衣装や、日本各地の伝統工芸品などを多数収蔵。このような染織専門の美術館は、日本唯一のものです。毎年開催する企画展は、染織だけでなく、ファッションやデザイン、民族学、歴史などに興味がある方も楽しめる充実した内容となっています。

スポット詳細

住所 北海道旭川市南が丘3丁目1-1(国道12号線沿い)
営業時間 9:00~17:00
定休日 【優佳良織工芸館】12月30日~1月4日
【国際染織美術館】11月~3月
【雪の美術館】12月30日~1月4日
料金 【優佳良織工芸館】
大人:500円(450円)  高校・大学生:300円(300円)
小中学生:250円(250円)  65歳以上の方:250円(250円)
【国際染織美術館】
大人:600円(550円)  高校・大学生:400円(400円)
小中学生:300円(300円)  65歳以上の方:300円(300円)
【雪の美術館】
大人:700円(650円)  高校・大学生:500円(500円)
小中学生:400円(400円)  65歳以上の方:350円(350円)
※( )はインターネット割引・団体割引・レンタカー割引をご利用の料金
※3館共通券、2館共通券もあり
TEL 0166-62-8811
駐車場 あり
駐車料金 無料
参考URL HP:http://www.yukaraori.com/

アクセス

車一般道利用 旭川空港から22.8 km 約35 分、道道90号線 経由。

公共交通機関 バス⇒旭川空港~旭川駅(620円、約30分)
旭川駅~道北バス1条7丁目停留所まで徒歩(約5分)
1条7丁目停留所~高砂台入口停留所(約15分)
高砂台入口停留所~徒歩徒歩(約5分)
所要時間:55分
※旭川市街から施設までは無料送迎車あり(要事前予約)
タクシー 約50分
旭川空港からの予想運賃:6,090円~7,680 円

Google MAPで見る

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン

北海道観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

  • 観光プラン
  • スキープラン