麓郷の森

「北の国から」のロケ地として
絶大な人気を誇る麓郷の森

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

富良野の町を全国的に有名にした、倉本聡脚本の人気ドラマ「北の国から」は、20年以上という長い歳月をかけて、麓郷(ろくごう)を中心にロケが行われました。富良野駅から南西に40分ほど車を走らせた山間にある麓郷の森は、手付かずの自然が残る山間の集落にあります。1981年にはじまった連続ドラマから、2001年の「遺言」まで、さまざまなシーンがここで撮影されました。ドラマが終わった後も、「丸太小屋」がある麓郷の森、「五郎の石の家」、「拾って来た家」の3か所が人気のスポットに。「北の国から」ファンのみならず、ドラマを知らない世代にも愛され、年間約20万人の観光客が訪れています。

Point1

麓郷の森を中心にロケ地を巡ろう

ドラマ「北の国から」の物語のなかで、火事で全焼したことになっている「丸太小屋」と、その後移り住んだ「3番目の家」は、家のあるロケ地で最初に一般公開された麓郷の森エリア内にあります。丸太小屋のなかには、当時のままの家財道具が並べられ、ドラマのワンシーンを写真にしたパネルが展示されています。森林浴に丁度よい散策路には、森の木々(ニレ、イチイなど)を使って小物を製作できる手作り工房や、上富良野(かみふらの)産の豚肉で作った「麓郷の森トンバーガー」が食べられる売店もあります。

Point2

いまも五郎がいるような石の家

麓郷の森の奥には、「五郎の石の家」と、ドラマがシリーズ化される前に登場した「最初の家」があります。このエリアの受付には、富良野観光協会のスタッフが常駐しています。「五郎の石の家」は、漬物石のような丸石が丹念に積み上げられています。居間には一升瓶と茶碗が飾られていて、そこに田中邦衛さん演じる黒板五郎が座っているドラマのワンシーンがよみがえるかのようです。売店では、「子どもがまだ食ってる途中でしょうがラーメン」や、五郎の書いた「遺言状」が人気のお土産になっています。

Point3

ドラマ終了後に完成した家も!

2002年の「遺言」で建てられた「拾って来た家」は、麓郷の町のなかにあります。五郎が雪子のために造った家は、スキー場のゴンドラ、貨物列車コンテナの一部などの廃材をうまく組み合わせた、とてもユニークな形をしています。ドラマ終了後に建てられたという「純と結の家」もあり、いまでも純と結が暮らしているような、新婚さんらしい家財道具が並んでいます。富良野を一躍有名にした「北の国から」という物語は、いまもこの麓郷で息づき、町の大切な宝物のように保存されているのです。

[お車ご利用の場合]

旭川空港から 52.5 km 1時間02分、富良野国道/国道237号線 経由。

[公共交通機関ご利用の場合]

バス⇒旭川空港(旭川空港線[富良野] ラベンダー号 新富良野プリンスホテル行)~富良野駅 (770円、約62分)
富良野駅前バス停(ふらのバス 麓郷線 麓郷行)~麓郷バス停(620円、40分)
麓郷バス停から徒歩30分 所要時間:1時間42分

[タクシーご利用の場合]

1時間40分
旭川空港からの予想運賃:14,250 円~18,120 円(一般道利用の場合)

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の北海道定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 北海道のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>>
北海道ツアーを探す 北海道フリープラン 北海道ファミリープラン 北海道カップルプラン