秋が深まる10月ですが、沖縄ではまだ海遊びが楽しめるシーズン。気候も安定していることから、観光にもおすすめのシーズンです。この季節の沖縄旅行は、とくに暑さや寒さに対応できる服装・持ち物が重要ポイントになります。過去の気候状況を参考に、失敗のない沖縄旅行にしてくださいね。
【航空券とホテルがセットでこのお値段!東京発 沖縄旅行 4日間 33,800円~】
ビーチ

夏から秋へ!気になる10月の気温を徹底分析!

10月の沖縄の気温は、平均気温が25.2℃、平均水温は平均26℃です。日中はまだ暑さを感じる日がありますが、朝晩は比較的過ごしやすくなります。
最低気温は23.1℃、最高気温は27.9℃と、30度を超える日は殆どありません。風が吹くとヒンヤリと肌寒い日もあります。
突然の雨が多い沖縄でも、10月は152.9ミリと降水量もグッと少なくなり、晴れの日が多いのが特徴。観光地を巡ったりゴルフやキャンプなどのアウトドアにもおすすめの季節です。もちろん海水温はまだ高いので、海遊びも十分楽しめます。

・10月上旬の気温

平均気温は26.2℃、一日の最高気温は平均28.9℃、最低気温は24.1℃です。2016年の10月1日の朝の気温は28.7℃、昼は30.6℃、夜は28.7℃でした。10月上旬の沖縄はまだ暑く夏日もあります。

・10月中旬の気温

平均気温は25.4℃、一日の最高気温は最低平均28.0℃、最低気温は23.3℃です。2016年の10月15日の朝の気温は27.6℃、昼は28.6℃、夜は27.2℃でした。

・10月下旬の気温

平均気温は24.2℃、一日の最高気温は平均26.8℃、最低気温は22.1℃です。2016年の10月31日の朝の気温は25.7℃、昼は28.1℃、夜は26.6℃でした。下旬は比較的過ごしやすい気温になるので、秋の沖縄を感じられるでしょう。

・紫外線

陽射しは弱まるものの、日中はまだ陽射しが照りつけるので、紫外線対策は重要です。

・台風

過去5年間のデーターを調べてみると、10月に台風が沖縄に接近した回数は平均1.6回。7~9月と比べても少なく、台風の影響はそれほど心配する必要がないと考えて良いでしょう。しかしこれはあくまでも過去のデータ。その年によって数が大きく変化することもあるので、旅行中は気象情報に注意しておくことが必要です。

気温差に対応できる服装・持ち物が旅行を楽しむカギ!

・観光中の持ち物と服装

晴れの日が多い10月は、観光するのにベストシーズン。気温は安定するものの日中はまだ夏を思わせる陽気です。服装は半袖シャツなど風通しの良いもので問題ありませんが、時間帯によっては寒く感じることも。観光地巡りに出かける際は、長袖のシャツやカーディガンなど羽織るものが1枚あれば安心です。さらに、足元も冷えやすくなるこの季節。サンダルやミュールといった夏バージョンではちょっと不安!スニーカーのように足元を冷えから守る靴の方が無難かもしれません。長ズボンを着用するのもおすすめです。
夏真っ盛りの8月や9月に比べると幾分陽射しは弱まりますが、この季節でも紫外線対策は必要です。夏同様、サングラス・日傘などは必須アイテム。陽射しを直接浴びると熱中症を引き起こしてしまう可能性があるので、帽子で頭を守ることも大切です。
ウインドブレーカーのように軽くてすぐに羽織れるものを準備しておくのも◎。暑さと寒さの両方への対策に気を抜けない10月の沖縄。服装や持ち物は、気象情報に合わせて臨機応変に準備したいですね。

・海で遊ぶ時の服装と持ち物

この季節、まだ海水温の高い沖縄では、海遊びを十分満喫できますが、下旬には海の家などの設備も閉店し、遊泳可能期間終了となるビーチがほとんど。10月は海水浴を楽しめるラストシーズン。夏のハイシーズンに比べると観光客も少なく、のんびりと海水浴ができるので狙い目です。
日焼け対策としては、Tシャツとラッシュガードは必需品。陽射しは徐々に和らいできますが、絶対に焼きたくない方は、日焼け止めクリームの準備もお忘れなく!
日によって海水より気温のほうが低くなってしまう10月。海から上がると寒くて震えてしまう…なんてこともあるので服装・持ち物には十分に気をつけましょう。
エメラルドビーチ

気候バッチリ!海・観光・イベントと楽しみいろいろ

10月の沖縄は、気候も安定して過ごしやすく沖縄旅行にはもって来い!とくに小さな子どもを連れた家族旅行にはピッタリの季節です。無形民俗文化財に指定される「宮古島のパーントゥ」や「那覇大綱挽きまつり」など、面白いイベントも多数開催されるので、海遊びや観光の他に、お目当てのイベントを狙った旅行にしてみるのもおすすめです。
tonikaku