全国的に寒さが増す12月。雪をまとった北海道は、スキーやスノーボードをする人にとっては楽園ですが、冬に北海道なんて寒くて行けない…とおっしゃる方も多いはず。そんな寒がりさんにとっておきの情報をご紹介します。冬の北海道旅行もこれで寒さ知らず。12月の気温に適した服装、持ち物はこれで完璧です♪

本格的な冬到来!12月の北海道の気温や天気を分析!

日本最北の地である北海道の12月は、冬が本格的に始まる季節。日中でも氷点下の真冬日になる地域があり、寒さが一段と増します。北海道の各地で本格的に雪が降りはじめ、積雪量も日ごとに増えていきます。上旬には、まだ雪が積もったり溶けたりを繰り返すエリアがありますが、中旬頃には全域で根雪となるエリアが増えてきます。
日照時間は月100時間を下回るエリアが大半で、札幌市では一日の平均日照時間が2.7時間と大幅に短くなります。とは言え、この季節だからこそ見れる雄大な冬景色、クリスマス前の様々なイベントなど12月の北海道は見どころ満載。スキーやスノーボードなど、ウィンタースポーツをする人にとってはお待ちかねのシーズン到来です。
初めて冬に北海道を訪れる人にとっては、想像以上の寒さかもしれません。防寒対策、雪対策をしっかりして冬の北海道旅行を楽しみましょう。

・12月上旬の札幌市の気温

平均気温は0.7℃、一日の最高気温は3.8℃、最低気温は-2.4℃です。
2016年の12月1日の朝の気温は4.2℃、昼は9.5℃、夜は8.5℃でした。

・12月中旬の札幌市の気温

平均気温は-1.6℃、一日の最高気温は1.4℃、最低気温は-4.7℃です。
2016年の12月15日の朝の気温は-5.1℃、昼は-2.1℃、夜は-5.3℃でした。

・12月下旬の札幌市の気温

平均気温は-1.9℃、一日の最高気温は1.1℃、最低気温は-5.1℃です。
2016年の12月31日の朝の気温は-2.8℃、昼は-0.7℃、夜は-3.6℃でした。

・晴天率

2016年の12月で、一日を通して雨または雪が降らなかった日は、札幌で5日、函館で5日、釧路では18日でした。

・積雪量

12月の平均積雪量は、札幌で132㎝、旭川で189㎝、函館で86㎝、最も雪の少ない釧路でも27㎝の積雪があり、北海道全体が白銀の世界に包まれるようになります。

12月の寒さに耐えられる服装・持ち物はこれ!

冬本番を迎える12月の北海道は本州とは比べものにならない寒さ。服装も万全な防寒対策が必要です。とにかく寒くないように、何枚も重ね着をしたいところですが、地下街で移動が可能な場所や、建物の中では暖房がきいているので逆に暑かったりします。脱げないような厚着ではなく、簡単に温度調節ができるな服装で北海道旅行を満喫しましょう。

・冬の北海道での服装

12月の北海道では、襟元、袖口、裾、トップスとボトムスの境目などから冷たい空気が入ってこないような工夫が重要。とにかく外気を遮断するのが寒さ対策のポイントです。
上着ではフード付きの厚手のコートやダウンジャケットは必需品。できればョート丈ではなく、お尻まで隠れる長さが温かくてオススメです。基本アウターの下は、本州の冬の服装で問題ありませんが、インナーはピタッと肌に密着するものがベスト。ストールやマフラーを上手く使いこなして、首元からの冷えをシャットアウトするのもいいですね。ハイネックやタートルネックの中にバンダナを一枚巻くだけでも体感温度が上がり過ごしやすくなります。
この時期、女性もスカートではなく長ズボンがオススメですが、どうしてもスカートを履きたい方は、ストッキングではなく裏起毛のタイツなどで防寒対策を。ブーツなどを履いても足がすごく冷えるので、靴下を二重に履いたり毛糸の靴下を履くなどの工夫も大切です。
通常、12月の北海道では全域で積雪があるので、スノトレ等の滑りにくい靴が基本ですが、靴底につけるスパイクなどで対応するのもオススメです。
ちなみに、スキーやスノーボードのみのプランで北海道旅行に行かれる方は、滑る間の装備に気を配れば軽装でも問題なく過ごせるでしょう。

・冬の北海道であると便利な持ち物

冬の北海道では、寒さ対策としてニットの帽子やマフラー、イヤーマフ、手袋などは必需品です。それでも寒い時のために、使いすてカイロを用意しておくのもいいですね。とくに足元が冷える方は、足裏カイロや中敷き、レッグウォーマなどもあればなお安心です。
また、ムートンのブーツやスニーカなどを履く場合は、雪にしみてべちゃべちゃにならないよう防水スプレーでしっかり保護しておくことを忘れずに!

雪が本格的に降る12月の北海道!ツルツル道路要注意!

スキーやスノーボードを楽しみにしている人にとっては雪は恋こがれる存在ですが、気温が上がって雨が降ると、この雪がアイスバーン状態になりかなり危険。もしそうゆう状態に遭遇した場合は、靴裏を道路から離さず、ペンギンのように歩幅を小さくして歩くのがポイントです。雪道に慣れていない方は、転倒して怪我をすることがないようツルツル道路にはとくにご注意くださいね。