飛行機に乗るとき、窓側・通路側といった希望の座席が取れなかったり、友人や家族とバラバラの席になったりして、残念な思いをしたことはありませんか?

機内で快適に過ごすために、座席指定のコツを紹介します。

チケットが届いたらすぐに座席指定を!

座席指定は先着順です。
希望の座席を確保するためには、できるだけ早くオンライン画面を開いて指定すること。

チケットが届いたらすぐにアクションを起こしましょう。
飛行機の座席指定

こまめにチェック

希望する座席がすでに埋まっていても諦めるのはまだ早い!

キャンセルなどによって指定解除される場合があるので、こまめにオンライン画面をチェックすれば、希望の席が取れるかもしれません。

並び席を確保したいときは

座席が混み合っていれば、同行者と並び席が取れない場合もあります。
そんなときは、とりあえずバラバラの席を指定しておきましょう。

座席変更は何度でもできるので、こまめにチェックして、指定した座席の隣があいたらすぐ取り直しましょう。

2人で3席使う裏ワザ

飛行機がすいている時期・時間帯の便であれば、3席並んだ座席をひとつ飛ばして指定するのも一つの方法です。

たとえばABCの席があいていれば、AとCの席を指定するのです。

座席がすいているのに、AとCの間にあるB席を選ぶ人は少ないはず。

旅客自身で座席指定をしない場合、航空会社が自動で座席指定をしますが、その際も他に空席があるならB席を指定することはありません。

もしB席があいたまま出発すれば大人2人で3席使え、ゆったり過ごすことができます。

※ B席が埋まる場合もあるので注意しましょう。
もし埋まったときは、B席の人に座席の交換を依頼してみましょう。
一般的にB席よりも、窓側のA席や通路側のC席が好まれるので、交換に応じてくれる可能性も高いはずです 。

いざというときに役に立つスグレ技

●幼児マークをチェック

座席指定のオンライン画面や空港のチェックイン機を見れば、幼児連れの座席が表示されます。

小さな子どもが近くにいると癒されますが、泣き出してしまうこともあるので、機内で仕事をしなければならない場合や、疲れていて眠りたい場合には、幼児マークのついた席からは少し離れた席を選ぶことができます。

●空港で座席指定を変更する

飛行機は、機体のバランスを取るため、事前に座席指定できる席を限定しています。
たとえば、左側の席ばかりに偏ると機体のバランスが崩れ、航行に問題が生じる場合があるためです。

しかし、搭乗当日になると座席が解放されますので、事前に並び席が取れなくても、当日にはあいている場合があります。

出発前にオンライン画面でチェックするか、早めに空港へ行って、チェックしてみましょう。

こうしたコツを踏まえて座席指定をすれば、並び席や、くつろげる席を取れる可能性が高まります。

良い席を指定して、心地いいフライトをお楽しみください。