狭い日本とは言うものの南北に長い日本列島です。寒暖の差は亜熱帯から、亜寒帯まで幅広く、その土地の気候が把握できず、失敗した経験のある人も多いことでしょう。特に北海道は寒くて暑い地域だけに、服装選びは重要ですね。
北海道の服装
2月を例にとると、東京の平均気温は5℃〜6℃ですが、札幌は平均気温は0℃以下。
旭川に至っては平均気温は-6℃以下です。コートなら生地が厚く防寒にすぐれたオーバーコートが必要ですし、手袋も東京で使っているような薄手のものでは役に立ちません。地元の人は「大丈夫、ダウンなんか誰も着てないですよ」といいますし、実際、ダウンを着ている人は珍しいのですが、それは寒さに慣れた人たちだからです。しっかり、準備しておきましょう。
各月の平均気温
北海道の四季から見ていきましょう。まずは春から……。

5月

北海道の春はGWから

北海道での5月の服装

本州のように三月の下旬から春だと思ったら大間違い。北海道の春は、桜が咲くゴールデンウィークからで、3月はまだ雪が残る冬の終わりです。4月の最高気温は札幌や旭川で16℃前後ありますが、まだ最低気温は氷点下のまま。5月になると温かい日は、最高気温が25℃を超えることもありますが、最低気温は札幌で2℃か3℃程度、内陸や北部ではまだ氷点下になります。初夏のように暖いと思った翌朝は真冬のような寒さ。そんなことは北海道では珍しくありません。
しっかり厚手のコートを手にしつつ、薄い長袖でも出かけられるように服装を準備する。これが北海道の春の装いの基本です。

6月

日差しが暖かくなる初夏

北海道での6月の服装

初夏は6月。暑い日は30℃を超えることもあります。しかし、最低気温が10℃を下回ることも珍しいことではありません。北海道にはリラ冷えといって、ライラックが咲く5月下旬から6月にかけての、寒の戻りをたとえた言葉もあります。服装としては、コートを持っていく必要はほぼない(道北・道東は必要)と思いますが、カーディガンやジャケットなど羽織るものは必須と考えたほうがいいでしょう。本州は梅雨の時期ですが、からっとした北海道はとても気持ちがいい季節です。

7〜
8月

夏本番は暑さも爽快!

北海道での夏の服装

北海道の夏は、7月、8月。昨今は30℃を超えることもありますが、朝晩や木陰は案外涼しいのが北海道です。しかし、道外からの観光客のなかには「暑い!」を連発する人がいます。それは、冷房が効いていない建物が多いから。北海道で暑いのは2週間ほど。だからエアコンを入れていない店も多いのです。とはいっても、お盆を過ぎると、もう暑さの峠は過ぎてしまい、道北や道東なら半袖だけではもう寒い季節。長袖は必須です。服装は無駄と思ってもちょっと寒暖のバリエーションに耐えられるものを用意しましょう。

9〜
10月

急速に冷え込む秋

北海道での秋の服装

秋といえるのは8月の終わりから9月までの短い期間。10月はすでに晩秋で、10月下旬から11月の初旬にかけて初雪が降ります。10月下旬からはストーブを出さないといけないほど寒くなりますから、服装も関東や関西の感覚で選ぶわけにはいきません。雪が降ることもあれば、朝晩は5℃を下回る季節、10月以降に北海道へ行くなら、セーターやコートを用意したほうがいいでしょう。

11〜
4月

極寒の季節は氷点下の世界

冬の北海道の服装

11月から4月までは、雪に閉ざされた長い冬です。11月は雪が降っても溶けますが、12月に入ると根雪に変わります。近年、札幌などはクリスマスでも浅い積雪にしかなりませんが、1月2月は列車運休になったり、道路が通行止めになるほどよく降ります。最低気温は11月からずっと氷点下になる日が多く、もっとも寒い1月2月は、札幌でもマイナス10℃以下になる日はざらです。札幌の人たちの服装を見ると、まだ薄手のコートが目立ちますが、寒さになれていなければ、厚手のオーバーコートやダウンなどは、絶対に手放せないと思います。しかし、セーターの重ね着などはしてはいけません。というのは、北海道のビルや店舗のなかは、東京や大阪のような「適温」ではないからです。とにかく暑い。暖くすることが、一番の歓迎と思っているのか、北海道の店は暖かいを通り過ぎて暑いのです。いつでもぱっと脱げる服装にしておきましょう。

北海道はとても広く、地域によって天候も気温も異なりますので。天気予報をしっかりチェックし、最適な服装で出掛けましょう。