旅行先でしか味わえない地元の料理を楽しむことも、旅行の目的のひとつに挙げる人は多いと思います。
ガイドブックなどで事前調査をして挑む人、あえて事前に調べて行かずその時の気分でぷらぷらと歩きながらおいしそうなお店を探す人、楽しみ方はいろいろです。
そこで、ここでは、旅先の慣れない土地で一食分ミスをしないための飲食店の見抜き方をご紹介しましょう。
あくまでも可能性が高いか低いか、という情報としてご覧くださいね。
いい店を選ぶにはコツが必要

失敗しない店選びの条件

まずは満足度の高いお店をチェックしていきましょう。

Check!

他のお客さんの動き

・地元の人がよく訪れる店
・昔から長く通う常連客のいる店
・平日の早い時間帯からカウンター席がいっぱいの店
・絵に描いたような頑固オヤジが店主で、
 愛想なく接客も良くないのに評価が高い店

Check!

店内の環境

・調理の様子が見えるカウンターキッチンの店
・全席禁煙の場合、素材や味にこだわっている店の可能性は高い

Check!

店の外的環境

・独自のノウハウを持つチェーン展開していない店
・駅から離れた不便なところにあったり、
 周辺に集客施設がなくても繁盛している店

Check!

メニュー

・「〇〇といえばココ!」というような一品を推している店
・素材にこだわり、料理に旬の食材が使われている店

こんな店を選んでしまうと失敗!

次は逆に、悪い店である可能性が高くなる条件を紹介します。
・土日なのにガラガラな店
・外観に汚れが目立つ店(サンプルが古かったり汚れているような店)
 = スタッフの管理が行き届いていない証拠。
 店内にもそのまま反映されている可能性も高いです。
・多くのキャッチセールスが出ていたり、過剰な宣伝が見られる店

旅行の達人が選ぶベスト3のポイント

たくさんの経験を重ね、自身の察知力を身につけるというのも、店選びには重要です。
そこで、実際に旅先でのお店選びにこだわり続けたふたりの経験者に話を聞いてみました!

国内はもちろん、海外も30カ国以上訪れてきた20代旅人に聞く!良い料理屋の見分け方ベスト3!

 1. タクシーの運転手にオススメの店に連れて行ってもらう。
 2. 店の中の人の表情を見て、満足してるかどうか様子をうかがう。
 3. メニューを見て、鶏料理や串焼きなど中心となるメニューがある。

毎年4回は旅行に行き、店選びはすべて自身で行う40代主婦の旅行の達人に聞く!良い料理屋の見分け方ベスト3!

 1. ホテルの人にオススメを聞く。
 2. 候補の店の口コミを、その場でインターネットで調べる。
 3. 悩んだときは、その土地ならではの料理が味わえる店に行く。

現地でタクシーの運転手やホテルの人に聞くというのは、旅らしいナイスアイデアです。
やはりいろんな乗客と話すタクシー運転手は、おいしい店を知っている可能性は高い!
次の旅先で一度聞いてみてはいかがでしょうか♪