* *

服装・持ち物服装・持ち物

SMART TIME

2月の沖縄旅行に役立つ豆情報
服装や気候をまとめてチェック

2月になると、一年を通して最も寒い時期となる沖縄。しかし、2月の沖縄には、夏には味わえない見どころがいっぱいです。本州では、雪が降って厳しい寒さを耐えている中、冬の沖縄では、桜の見頃を迎える時期となります。そんな沖縄に適した服装や持ち物、気温の変化をわかりやすく紹介しましょう。

ライター : 編集部

2017.10.05

一番寒い時期…でもどのぐらいの寒さなの?

2月の沖縄は、特に前半肌寒さが感じられます。統計情報によると、平均気温は17℃程度、最高気温は20℃弱で1月と変わらず、また最低気温も15℃を若干下回るほどでこれも1月と同様です。しかし、雨の日が少しですが多くなる傾向にあります。日が差し込まないということで、更に体感温度は寒く感じるでしょう。そして、北風が吹くとなれば尚更。日中それほど寒くなくても、夜になると一気に冷え込む場合も。ただ「寒い寒い」といっても、桜が見頃となっているわけですから本州に比べれば暖かいというのを頭に入れておきましょう。

・2月上旬の気温

平均気温は15.7℃、一日の最高気温は18.2℃、最低気温は13.1℃です。
2016年2月1日の朝の気温は18.4℃、昼は16.7℃、夜は16.1℃でした。最高気温と最低気温の差が大きいのが特徴的。2月の前半は、天気がぐずついたりする日が多い傾向にあるので、その影響もあるかもしれません。

・2月中旬の気温

平均気温は17.9℃、一日の最高気温は20.4℃、最低気温は15.4℃です。
2016年2月15日の朝の気温は13.4℃、昼は13.4℃、夜は12.8℃でした。1日を通して、気温も上がらず13℃前後。まさに肌寒い沖縄といえるでしょう。

・2月下旬の気温

平均気温は17.1℃、一日の最高気温は19.5℃、最低気温は14.7℃です。
2016年2月29日の朝の気温は18.3℃、昼は17.0℃、夜は14.3℃でした。

一年の中で最も寒暖の差が激しいといわれている2月の沖縄。沖縄旅行へ訪れる際には、天気予報などをこまめにチェックしておくことが必要です。

気になる2月の沖縄に適した服装・持ち物、これで大丈夫!

沖縄の南国イメージをそのままに何も防寒対策をしないというのはやめましょう。一年の中で、最も寒くなる2月には、厚手の防寒具が必需品となります。とは言っても、日中の気温が20℃近くまで上がる日もあるので、長袖Tシャツ1枚で過ごせることも。しかし、その場合も朝晩は冷え込むので、注意が必要です。出かける際には、寒くなくてもアウターを持っていくことを忘れないようにしましょう。更に、海の近くに行く際には、風が強くなっている場合が多いので、風を通さないようなウィンドブレーカーなどが適しています。長時間出かける際には、一日の気温差が激しいので、特に服装には注意しておきましょう。便利な持ち物として、携帯カイロがあげられます。「少し薄ぎすぎたかな…」と思っても、携帯カイロがあれば安心です。更に、特に2月前半は雨の日が多いという事で、折り畳み傘も沖縄旅行の際には必須持ち物として用意しておきましょう。

暑さや寒さの感じ方は、訪れる人が何処から来たのか…というところでも大きく変わってくるので、この服装なら完璧!!というのはありません。比較的寒い地方に住んでいる人にとっては、沖縄の2月がいくら寒いといっても、暖かく感じてしまうでしょうし、温暖な地域に住んでいる方にとっては沖縄といえども寒いと思ってしまうハズです。そのため、気温を重視するのが大事!朝晩は15℃を下回り、日中は20℃近くにまで上がるということを目安にして、自分の肌感覚で服装を選ぶと間違いないと思います。

子供の服装は、ズバリ厚手の上着を着せて、気温によって調節できるようなものがベスト。観光先の場所にもよりますが自分が住んでいるところの冬の始まりのような服装をさせておけば大丈夫でしょう。

ベストな服装・持ち物で楽しむ

寒い時期には、沖縄と言えどもさすがに海は無理!と思っていませんか?北風が強く波が高くなるため漂着物が多くなりやすい傾向にあり、砂浜を歩くと綺麗なサンゴが打ち上げられている場合もあるんですよ。更に、このシーズンはプロ野球の春季キャンプ時期。選手や報道陣で賑わう季節、思わぬ有名選手、芸能人に出会えるかもしれません。何処でどのように楽しむかはあなた次第ですが、その場所の気温をチェックし、それに適した服装で思いっきり2月の沖縄を楽しみましょう。

ツアー検索

記事検索

ツアー検索