* menu
閉じる

グルメグルメ

難波の白玉専門店「しらたま」
出てきた瞬間、キュン死覚悟で

writer : 鈴木ナナ

2017.11.12

カップに白玉
白玉とは皆さんご存知の通り、白玉粉を使った白いお団子です。でも難波・千日前道具屋筋商店街にある「しらたま」はなんと、ポップな色合いで大人気。まあるいフォルムとカラフルな色彩、プニプニとした食感で見ても食べても幸せになれる白玉専門店。何だか気持ちも弾んでくるようで、一度行ったら癖になるかも。

オーダーを受けてから茹でるホカホカ白玉

店内へ上がる
2016年にオープンしたばかりのお店ですが、SNSや口コミで広がり、今や全国から白玉フリークが集まるほどの人気に。白玉専門店というのも珍しく、白玉にあまり興味がなかった人でも、虜になってしまうくらいですから、まずは「しらたま」へ足を運んでみてください!
出来立て白玉
まあるく成型された白玉は、オーダーを受けてから茹でられるので、少し時間はかかりますがプニプニの温かい茹でたて白玉が楽しめます。もちろん冷たい白玉メニューもありますので、お好みをどうぞ。

お好みで黒蜜やお醤油をかけて

カラフルな白玉
メニューは全部で24種類ほどあり、一番人気は「カラフル白玉」。6色の色鮮やかな白玉がきな粉の上に鎮座して、ほんのり漂う湯気がいい雰囲気。横にはホイップや手作りのずんだあん、黒あんが添えられているので、お好きにディップしてください。
バリエーション豊かな白玉
黒蜜やお醤油は常時用意されていますので、さらに味のバリエーションが広がるはず。お口直しのアイスもついてきます。このアイスの器も、実は白玉粉からできているのだとか。アイスを器ごと食べられるのもユニークです。

チョコ白玉やきなこ白玉も!

チョコミント白玉
ほかにもまだまだかわいらしい白玉メニューがお待ちかね。人気のチョコミント白玉は、なんと「追いミント」ができるのです。ミント好きならたっぷり味わえるので、うれしいですね。ミントはアルコールありのリキュールと、なしのシロップをチョイスできます。アルコールありならちょっと大人の味に。
チョコミントカップ
「チョコミントカップ」はチョコミントアイスとチョコミント白玉、フローズンフルーツがカップに入ったヒンヤリ系。こちらも追いチョコソースと追いミントができます。
3色のシグナル
「シグナル」は3色のお砂糖をまぶした白玉があんこの上に。モナカのふたを閉じて食べるというスタイルです。
チョコフレークに乗って出てくる「チョコ白玉」。中にホワイトチョコレートが入っていたら当たり!うれしいサービスがありますよ。
基本のきな粉醤油
素朴な味わいの白玉が食べたい方には、「きなこ白玉」。お醤油をかけるとまた甘じょっぱい味が懐かしいかも。

お食事系白玉からキャラクターデザインまで

カレー白玉
なんとスイーツではなくお食事系のメニューもあるのは驚きです!「カレー白玉」はカレーの辛さが3種類から選べ、とろーりチーズ、さらにパン付き。「チーズトマト白玉」は、トマトのオレンジが鮮やかです。コクのあるトマトソースとチーズをまとった白玉は、ちょっとよそ行きのオシャレさん。どちらもアイスとセットになっているので、〆にスイーツが食べられるのもうれしいですね。
キャラクター白玉
「推ししらたま」は2日前までに予約をしておけば、好きなキャラクターのデザインを施したしらたまメニューを作ってくれるという素敵なサービス。メッセージやイラストを書き込んでもらうこともできるので、記念日に推ししらたまを贈るなんて、ユニークな思い出として残りそうです。
白玉にここまでこだわったお店は滅多にありません。さすが白玉専門店。一見、一食の価値ありです。

スマートポイント

  • 定休日でも営業してくれることがあるので、タイミングが合わなくても諦めずに問い合わせてみよう。
  • 「しらたま」のオーナーは、「猫カフェラグドール」も経営していて、入り口では猫グッズも販売しています。
  • ツイッターでこまめに情報を流していますので、何かあればそこから最新情報が得られます!

ライターのおすすめ

「カラフル白玉」が何といってもおススメ。フォトジェニックな雰囲気があるだけでなく、ボリュームも大満足!

鈴木ナナ

人間観察、食べ歩き、酒場めぐり、映画、旅が好き。魑魅魍魎の住む京都で、毎日よそもんの観光気分。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索