* menu
閉じる

グルメグルメ

スイーツがふんだんに楽しめる
ホテルケーニヒスクローネ神戸

writer : 並河智子

2017.03.04

ホテルケーニヒスクローネ神戸外観
1977年に神戸で誕生した洋菓子屋「ケーニヒスクローネ」。かわいらしいクマのキャラクター「くまポチくん」のロゴを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。ケーキやクッキー、パイなど素朴で優しい味わいのドイツ菓子が愛されるお店ですが、同グループの新しい展開として、2013年にオープンしたのが「ホテルケーニヒスクローネ神戸」です。
キュートなくまポチくんと落ち着いた空間
JR三宮駅と元町駅から歩いて徒歩5分。中華街や北野異人館街などの観光地にも近く、神戸観光の拠点にするにはもってこいの場所にあります。ヨーロピアンなアーチ状の正面扉をくぐれば、キュートなくまポチくんと、落ち着いた空間が出迎えてくれます。

焼き立てパンやスイーツもずらりと並ぶ朝食ビュッフェ

朝食イメージ
宿泊は大きく分けて朝食付きか、素泊まりプランの2つ。朝ゆっくりできるなら、朝食付きのプランが断然おすすめです。
焼きたてパン
新鮮なサラダやスイーツ
洋菓子店ならではの朝食ビュッフェは、20~30種類の焼きたてパンやスイーツが食べ放題。卵料理はオーダーを受けてから調理するので、できたてあつあつです。他にも新鮮なサラダやフルーツ、卵かけごはん、ソーセージ、カレー、数種類のフレッシュジュースやヨーグルトなど豊富に並びます。宿泊なしでこの朝食だけが食べたい!という声に応えて、1日10組のみ、宿泊以外のお客さんの予約も受けています。
お腹いっぱいエネルギーをチャージして、神戸観光へ繰り出しましょう!

全室バルコニー付き、部屋によって異なるインテリアが魅力

客室
家具やインテリアがひとつひとつ異なる客室
客室はツイン、シングル・セミダブル、スーペリアツイン、トリプル、デラックスツインの5種類。家具やインテリアは部屋によってひとつひとつ異なり、ただ泊まるだけではなく、空間そのものを楽しめるようデザインされています。「レモン」「カカオ」「マドレーヌ」「コバルト」といったように、お菓子の材料や色をイメージした名前が付けられているのもユニーク。

また、全室にバルコニーがついているのも大きな特徴です。バルコニーに出て外の風を浴び、街を行く人通りを眺めて、ホテルにいる間も神戸の土地の空気を肌で感じることができるのです。

行列必至のお得なランチセット

くまポチ邸
ホテルの1Fと2Fに入るカフェ「くまポチ邸」は、宿泊客でなくても利用が可能です。開放感のある広大なフロアは、いつもお客さんでいっぱい。パフェやケーキセットなどのスイーツ類もありますが、中でも人気なのはランチセット(1,944円)です。
ランチセット
その内容はというと、メインのシチューに、たっぷりのサラダとミニデザートが付き、さらに焼きたてパンが食べ放題。コーヒー、紅茶、カフェラテの3種類のドリンクはお代わり自由(同じドリンクのみ)という充実ぶり。濃厚でコクのあるシチューは2種類。珍しい「卵とお餅のビーフシチュー」、「野菜のビーフシチュー」があります。そのお得感とおいしさに、このランチを目当てに、オープン前からお客さんが行列を作るというのも納得。ほかにパスタランチなどのメニューもあります。

スマートポイント

  • 神戸で長年愛される洋菓子店「ケーニヒスクローネ」の直営ホテル。三宮駅、元町駅からほど近く、神戸観光の拠点として便利。
  • 朝食ビュッフェがつく宿泊プランがおすすめ。20~30種類の焼きたてパンや、ミニスイーツ、サラダ、フルーツ、卵料理などが豊富に楽しめる。1日10組限定で、宿泊客以外の予約も可能。(3,240円)
  • パン食べ放題と、ドリンク飲み放題(コーヒー、紅茶、カフェラテの中からいずれか)がついたランチセットが人気。オープン前から列を作ることもあるので、早めの来店を。

ライターのおすすめ

朝食ビュッフェでは、20~30種類のミニスイーツが食べ放題。洋菓子店ならではのサービスがうれしいホテルです。

並河智子

人を知ること、街を知ること、新たな出会いがおもしろいなぁとライター仕事を満喫中。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索