神戸・北野坂に建つ蔦に覆われた赤レンガの洋館「にしむら珈琲店」
おしゃれな神戸・北野坂に建つ、蔦に覆われた赤レンガの洋館が、北野坂にしむら珈琲店です。1974年、日本で初めての会員制喫茶店としてオープンし、各界の名士らが時を過ごした場所。1995年、阪神・淡路大震災ののち一般も利用できるようになり、食事もできるカフェレストランとして多くの人が訪れています。港町神戸のモダンな空気を感じられる店内でおいしいコーヒーをいただきましょう。

クラシックな雰囲気が素敵すぎて時間を忘れそう

クラシックな雰囲気が素敵な空間
にしむら珈琲の創業は1948年、戦後まもなく神戸でうぶ声をあげました。暖炉、上品な調度類、何度も張り替えて大切に使われている椅子など、往時の雰囲気そのままの上質な空間は、とってもロマンチック。かけ時計がボーンボーンと時を刻むまで時間が経つのを忘れてしまいました。
有田焼カップに入った珈琲
にしむら珈琲といえば、1964年から使われている有田焼のカップがおなじみ。ずっしり重く、厚い飲みくちは、たっぷりのコーヒーが冷めにくく、ゆっくり味わえます。

70年間神戸の人々に愛されてきた「にしむら珈琲」の味

香り高く、苦みと酸味のバランスがよいのコーヒー
香り高く、苦みと酸味のバランスがよいのコーヒーは、豆の質、焙煎方法、ブレンドの割合に、ノウハウがあるのはもちろん、コーヒーをいれる水にもこだわりがあります。酒どころとして知られる地元灘五郷の酒造りに使われている「宮水」を使っているのです。懇意にしている酒蔵の井戸場に毎日汲みに行って、グループ全店に届けられています。六甲山系の清らかな伏流水が仕上げるまろやかなコーヒーの味は、時代を超えて人々に愛されてきました。すべてにバランスがとれたブレンド珈琲(850円)は、変わらぬ定番です。
すっきりとした苦味のアイスコーヒー
すっきりとした苦味のアイスコーヒー。(850円)
マイルドな味わいのカプチーノ
マイルドな味わいのカプチーノ。(1,100円)

コーヒーと一緒に味わうウイーンのお菓子

カフェハウストルテ
にしむら珈琲のスイーツは、オーストリア・ウイーンのお菓子をベースに自社工房で作られるオリジナル。カフェハウストルテ(650円/セット1,200円)は、本場ウィーンのザッハトルテのコーティング技法を使ったもので、同店のコーヒーによく合うのです。濃厚ながら上品な甘さが特徴です。
クレープとカスタードを重ねたやさしい味のパラチンケシュニッテン
クレープとカスタードを重ねたやさしい味のパラチンケシュニッテン
クレープとカスタードを重ねたやさしい味のパラチンケシュニッテンもおすすめ。(650円/セット1,200円)

素敵な空間で季節の食材を使ったフランス料理を

2階の「シェ・ラ・メールにしむら」
2階フロアではフランス料理をいただくことができます。落ち着いたインテリアは、かつて創業者の住まいだった証。優雅な気分で、ゆっくりと食事をしましょう。
ランチ、ディナーともにアラカルト
季節の食材を使った料理
季節の食材を使った料理は、ランチ、ディナーともにアラカルト、コース、どちらでもOK。ランチコース3,000円~、アラカルト・メインディッシュ1,500円~

スマートポイント

異人館が並ぶ北野エリアにあり、異人館観光の帰りに立ち寄るのにぴったりの場所。三ノ宮駅まで徒歩圏内で、こんなにゆったりすごせるカフェは希少。

バランスがとれたまろやかな味のブレンドコーヒー、それぞれの豆の個性を生かしたストレートコーヒー、どちらも厳選した生豆と独自の焙煎方法で美味しくいただける。

自社のスイーツ工房セセシオンで開発・製造されたウイーン菓子は、どれもコーヒーに合う上品な味。コーヒーとセットでぜひ味わってほしい。

J-TRIP関西ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

席をたつとコーヒーが冷めないようにフタを置いてくれるなど、気配りを生かしたサービスが安心。このエリアには、中山手本店、三宮店、阪急前店、元町店があるが、北野店の雰囲気は格別(料金は他店と異なる)。

Writer : 松田きこ

執筆記事一覧>>

おいしいものを食べるのも作るのも大好き、お酒はもっと好き。取材の旅先で酒蔵や温泉を訪ねるのが趣味です。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の関西定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 関西のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
関西ツアーを探す 関西フリープラン 関西ファミリープラン 関西カップルプラン