* menu
閉じる

観光観光

アンパンマンの世界で遊べる
家族で笑顔になれる空間

writer : 磯本歌見

2016.09.26

神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール
内観
「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」は、神戸ハーバーランドの一角、モザイク大観覧車に隣接する場所にあります。このミュージアムでは、アンパンマンの世界を見て触れて体験することができます。

朝のパトルールが大人気

アンパンマンの朝のパトロール
たんけんランド
にじのすべりだい
アンパンマンごう
スタッフさん
記念品
「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」は、神戸ハーバーランドの一角にありモザイク大観覧車もすぐそば。神戸港を望む窓やテラスを設け、開放感たっぷりの空間です。
1歳以上小学生以下の子どもには、ミュージアム入園チケットに記念品が付いていてなんだか得した気分になります。
館内には、大きくてカラフルな「にじのすべりだい」、半円状のジオラマの世界「たんけんランド」、アニメのワンシーンを切り取った床にはめ込み式の「おもしろウィンドウ」、アンパンマンごうなど、アンパンマンの世界を楽しめるさまざまな仕掛けがあります。平日の10:30~のアンパンマンの朝のパトロールが人気で、それに合わせて来場するファミリーも多いそう。

やなせたかし劇場は外せない!

やなせたかし劇場
アンパンマンと仲間たちによるステージ
ステージを降りた仲間たち
「やなせたかし劇場」では、毎日アンパンマンと仲間たちによるステージを開催しています。アンパンマンと一緒に歌う場面や、アンパンマンをはじめ子どもたちの大好きな仲間たちがステージを降り観客の近くまで行く場面もあり、子どもたちは大喜び。一日3~6回のステージは、夏は夏休みバージョン、秋にはハロウィーンバージョンなど、季節によって内容は随時変わっていきます。

ミュージアムカフェにも寄ってみよう

ミュージアムカフェ
神戸港を一望できる海側に「ミュージアムカフェ」があります。カフェには、アンパンマンの絵本もいっぱい。絵本を読みながらゆったり過ごすこともできます。人気のメニューは、アンパンマンの顔が描かれたアイスクリーム(500円)です。

ショッピングモールも楽しい

ショッピングモール
ジャムおじさんのパン工場
アンパンマンテラス神戸
アンパンマンテラス神戸店内
ばいきんまんゲート
1階のショッピングモールは入場無料。飲食店、カフェ、へアカットサロン、写真館、土産物店など約20のショップがあります。
「ジャムおじさんのパン工場」では、アンパンマンをはじめ、ドキンちゃんやしょくぱんまん、カレーパンマンなどキャラクターのパンを毎日お店で焼いています。
また、お土産を買うなら、アンパンマングッズがそろうアンパンマンの総合ショップ「アンパンマンテラス神戸」へ。おもちゃやお菓子、絵本など幅広いラインナップの中でも、神戸限定グッズが特に人気です。

屋外にもお楽しみいっぱい

ドキンズハートカフェゴンドラ
ロードとレインSLマン
大観覧車横の乗り場
ミュージアムの外にもお楽しみはいっぱいあります。モザイク大観覧車には、4台に1台の割合で「ドキンズハートカフェゴンドラ」がスタンバイ。内装がドキンちゃん仕様なだけでなく、1階ショッピングモール内の「ドキンズハートシェイプカフェ」のポテトやドリンクをゴンドラ内に持ち込むことができます。こちらは通常の観覧車の乗り場とは別なので気をつけて。
2016年9月末まで、「ロードとレインSLマン」が運行しています。ミュージアムに入館したら入館チケットを持って、やなせたかし劇場前で乗車整理券をもらいましょう。整理券に記載された乗車時間に、大観覧車横の乗り場に行って乗車しましょう。

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

スマートポイント

  • 小さい子どもたちがメインになるので、午前中が混んでいる。午後から来場するとかなり自由に遊べるので、午後からが狙い目!
  • 入場すると「本日のスケジュール」を書いた用紙をもらえる。工作やパネルシアターなどの時間が書かれているので、ぜひ参加しよう。
  • 1歳以上小学生以下の子どもたちがもらえる記念品は季節ごとに変わる。なかなか凝った記念品が多いので季節ごとに行くのも楽しい。

ライターのおすすめ

「たんけんランド」のジオラマにはいろんな工夫がいっぱい。チーズがお絵かきしている絵がちょっぴり下手だったり、バイキン城のなかでドキンちゃんがくつろいでいたり、そんな細かい仕掛けを探すのも楽しいです。

磯本歌見

関西最西端・忠臣蔵の故郷「赤穂」に住みながら、フットワークの軽さを活かして京阪神・奈良まで取材へ。仏像ガールでご朱印女子。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索