* menu
閉じる

上野

上野公園を中心に広がる
観光と買い物の街

上野は上野公園エリアとアメ横エリアに大きく分かれます。上野公園は正式名称上野恩賜公園といい、1924年に宮内省から東京市払い下げられた公園です。ここには国立東京博物館をはじめ、国立科学博物館、国立西洋美術館などのたくさんの美術館があります。まさに文化の中心地といった趣です。広い公園内に点在する博物館や美術館は外観も美しく、観光とお散歩を兼ねて巡るにはぴったりです。国立東京博物館には87点の国宝を初めてとして10万点以上の収蔵物があり、その広大な館内は日本屈指の博物館です。他の博物館や美術館も一流の作品を揃えています。
この公園のもう一つ見どころ、それは恩賜上野動物園です。パンダで有名ですが、国内最大規模の動物園でもあり、たくさんの動物がいます。全く知らない動物にも巡り合える機会もあります。
上野の山を下りた先には、上野の名物アメヤ横丁、通称アメ横があります。上野駅前から御徒町駅前まで1駅区間分の商店街です。ここは戦後に市場から発展した商店街で、米軍の放出品などを売る店があったため、衣類のお店が今でも多く軒を連ねます。年末になると必ずテレビのニュースに流れるのは生鮮店の様子。今では年末の風物詩と言われています。洋服、化粧品、魚、野菜など多種多様なものが売っていますから、いろいろ見て回ると、ちょっと外国に行ったような雰囲気が味わえる、楽しいスポットです。
上野はJRの山手線と京浜東北線の他多数のJR線の発着駅です。東京メトロの銀座線も走っています。

アクセス

Google MAPで見る

ツアー検索

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索