* menu
閉じる

アクティビティアクティビティ

これぞ体験型テーマパーク!
NHKスタジオパークに行こう

writer : ニシオミワ

2016.01.07

NHK外観
東京渋谷区のNHK放送センター内にあるNHKスタジオパーク。
実際にテレビやラジオ番組の一部が公開され、見学・体験することができます。入場料は大人が200円、子ども(18歳未満)は無料です。さらにゴールデンウイークや、春休み・夏休み・冬休みの一部、秋の祝日などに無料公開デーがあり、すべての方が無料で入場できます。見学したあとには、テレビやラジオといった放送の世界をもっと身近に感じられることでしょう。

チケットを購入して入り口から中へ。

エントランスホールでは「どーもくん」などのNHKキャラクターが出迎えてくれます。(時間やキャラクターは日によって変わります)
中はA・B・Cの3つのフロアに分かれていますが、A→B→A→Cの順で見学が推奨されていますので、その順番で回ってみましょう。
8Kスーパーハイビジョン

Aフロアでは超高精細の迫力ある映像と立体音響を体感

まず目に入るのが「8Kスーパーハイビジョン」。
世界でも最先端といえる映像技術に触れることができます。京都の四季や宇宙の映像を味わいましょう。「ギャラリー」では放映中の連続テレビ小説に関する展示物を楽しめます。
スタジオパークNEWS

Bフロアは触れてみて楽しめる

実際に、体験するコーナーが続きます。「アニメファクトリー」では声優になりきってアフレコの体験をしたり、「はてなルーム」では科学番組から生まれた疑問の数々に挑戦したり。中でも小学生のお子様におすすめなのが「スタジオパークNEWS」。ニュースキャスターやカメラマンなどのスタッフ役になって、ニュースを制作することができます。

Cフロアは小さな子供が楽しめるエリア

Aフロアから円筒形の坂をぐるりと下りていくと、そこは「キッズワールド」。「おかあさんといっしょ」「みいつけた!」など、小さなお子様なら必ずや知っているキャラクターの絵や映像に大はしゃぎすることでしょう。

NHKスタジオパークだからこそ味わえる魅力はこちら

何と言ってもスタジオパークの魅力は、生放送や収録中の公開番組を観覧できること。そしてNHKのキャラクターと直接ふれあえることです。
どーもくんグリーティング

ぜひ入場したい「CT-450スタジオ」

平日お昼の番組「スタジオパークからこんにちは」など、放送中の番組をガラス越しに観覧できます。ゲストの表情はもちろん、番組制作の様子もじっくり見ることができ臨場感たっぷり!なかでも「土曜スタジオパーク」「日曜バラエティー」は、当日、スタジオの中に入って観覧できるチャンスもあります。入場希望者が多い場合は抽選となりますが、機会があればぜひ挑戦してみたいですね。

おすすめのイベントも

小さなお子様におすすめなのが「ワンワンとハイポーズ!」のイベントです。日程は限定されますが、幼児番組「いないいないばあっ!」の人気キャラクターであるワンワンと一緒に記念写真を撮ることができます。ネットによる事前応募のほか、当日の先着順で受付となる時間帯もあります。サービス精神旺盛なワンワンに、大人も子供も笑顔になること間違いなしです。
いずれにしても、見学当日にどんな公開番組やイベントがあるかの事前確認は欠かせません。ホームページなどで調べておくことをおすすめします。

スマートポイント

  • スタジオパーク内Bフロアにある「350シアター」では「ひょっこりひょうたん島」や「サンダーバード」などが上映されています。知っている世代には懐かしく、知らない世代には新しく感じる映像が、家族みんなで楽しめます。
  • スタジオパークの外へ出て、原宿駅方面に歩くと明治神宮が。初詣では例年日本一多くの参拝者が訪れることで有名です。東京都心では貴重な、広大な緑地を有していて癒される空間。パワースポットとしても人気です。
  • NHKから徒歩5分。ヒントマーケットとして全国展開する東急ハンズ渋谷店があります。地上7階地下2階の大型店舗でその品ぞろえの多さに驚かされます。7階のハンズカフェは、ちょっと休憩したいときなどに。

ライターのおすすめ

スタジオパークから渋谷駅に向かって歩くと、東急百貨店の向かいに赤い外観の「ヴィロン(VIRON)」があります。1階は本格的なベーカリーで「レトロドール」バゲットは絶品。2階はこだわりのレストラン。常に行列のできる人気店です。

ニシオミワ

前を通るだけで美味しい店かどうかを嗅ぎ分ける鼻を持つ夫、美味しいものしか口にしない娘、食材にこだわる私の三人家族。自然と高くなるエンゲル係数にため息をつく毎日です。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索