* menu
閉じる

アクティビティアクティビティ

家族旅行でアクティブに
東京ドームシティへGO!

writer : Hanako

2016.01.17

東京ドームシティ全景画像
都心のど真ん中に昭和30年(1955年)に開業した後楽園ゆうえんち。2003年には「東京ドームシティ アトラクションズ」に名称が変わりました。東京ドームシティは、天然温泉やレストラン、ショッピングが楽しめる「ラクーア」や「東京ドーム」を含めた総合エンタテインメント施設です。
アトラクション風景
観て・遊んで・くつろげる。1日過ごしても回りきれないほどのスケール感!そんな東京ドームシティの中でも今回は、家族連れにおススメの観光スポットに迫ります。

小さな子ども連れでも行けるスポットがたくさん!

アソボーノ
東京ドームシティでは、大型アトラクションのある東京ドームシティ アトラクションズに注目が集まりがちですが、家族旅行の際にさらにおススメなのが「アソボ〜ノ!」。都内最大級の屋内型キッズ施設で、身体を動かしたりオモチャを使ったり、家では遊べないような遊具がいっぱい!子どもだけでなく大人も一緒に思い切り遊ぶことができます。

これは外せない!ヒーローショー

シアターGロッソ
そしてもうひとつ、男の子のいる家族旅行におススメなのが「ヒーローショー」です。東京ドームシティ アトラクションズ・シアターGロッソでは、事前にチケットを購入すれば迫力満点!
大興奮の戦隊ショーが楽しめます。観光旅行中に生でヒーローに会えるなんて、うれしいですね。

宇宙好きにはたまらないTeNQ

シアター宙_人あり
東京ドームシティ内の黄色いビル6F、「宇宙を感動する。」がコンセプトの、宇宙ミュージアムTeNQ(テンキュー)は、大人も子供もカップルも楽しめるスポット!直径11mの大きな穴に映し出された地球を覗き込むシアターや、古代や現代の宇宙観を描いたプロジェクションマッピングなど最新の映像演出を体感できます。さらに、TeNQに入館しなくても利用できるミュージアムストア「TeNQ宇宙ストア」もおすすめ!宇宙にまつわるユニークなアイテムが揃います。

黄色いビル内には都内最大級のスケーティングポットが!

ローラースケートアリーナ
旅行中もアクティブに遊びたい!というファミリーには、東京ドームシティ黄色いビル内にある「東京ドーム ローラースケートアリーナ」がおすすめ。こちらはその名の通り、ローラースケートが楽しめるスケートリンク。大きなリンクは屋内にあるので雨の日でも大丈夫。シューズは13㎝~30㎝まで用意されていて、家族分その場でレンタルすることができます。

東京ドームシティならではの演出も

もちろんただ滑れるだけではありません!リンクや天井に仕掛けられたライトによる光の演出が。本格DJブースから最新のクラブサウンドが流れる中、最初は乗り気じゃないお子さんも思わずノリノリになること間違いなしです。光るウィールのレンタルシューズがあるのもここならでは。ほかにもスケートボードでハーフパイプが滑れるミニランプスペースも。メインアリーナでは、インストラクターによるワンポイントレッスン(無料)あり。

家族でボウリング大会も!

ボウリングセンター
同じビル内にはボウリングセンターもあり、さらにもっと体を動かしたい!というご家族ははしごしても楽しいかもしれませんね。オートスコアラーでノンガターレーンもあるので初心者や小さなお子さんでも楽しめますよ。

スマートポイント

  • TeNQは事前予約すると通常料金から200円オフに!
  • プリントアウトして提示するとアトラクションズのワンデーパスポートが200円引きになるお得な割引券がHP上に公開中! 有効期限は2016年1月31日まで。
  • 17時以降に好きな3アトラクションに乗れて1,600円という期間限定のお得な「イルミライド3」を販売中。(2016年2月14日まで)

ライターのおすすめ

東京ドームシティ アトラクションズだけでも十分楽しめる観光スポットですが、それ以外にも小さい子ども連れで楽しめる場所の多さに驚きました。1日中遊べて楽しかったなぁ。

Hanako

10年以上渋谷区在住(一応渋谷駅、原宿駅寄りのエリア)のフリーライター。食べ物系の記事や渋谷区エリアの街情報を発信したりしています。移動手段は主に電動自転車です。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索