東大のカフェ
近年、大学のキャンパスにはおしゃれなカフェやレストランが続々オープン、学生だけでなく一般にも解放されています。中でも東京大学本郷キャンパスには、日本料理の名店プロデュースの和菓子や有名フレンチシェフ監修のカフェなど、 クオリティの高さは想定外!隠れた人気スポットになっています。東京観光の合間に憧れの東大のキャンパスでアカデミックにお茶しませんか?

予約が取れない名店の甘味が楽しめる「廚 菓子 くろぎ」

東京大学本郷キャンパス春日門からすぐ、隈研吾氏がデザイン・設計を担当したうろこ状の杉板が特徴的な外観のダイワユビキタス学術研究館に併設された「廚 菓子 くろぎ」。ここは、フジテレビ「アイアンシェフ」に和の鉄人として登場した有名シェフ、黒木純シェフの提案する和菓子の甘味処。
廚 菓子 くろぎ

作り立ての贅沢な蕨もちに舌鼓

廚 菓子 くろぎでぜひいただきたいのはオーダーが入ってから作られる蕨もち(税込2,200円)。10kgからわずか100gしか取れないという貴重な九州産の本蕨粉を使い、注文が入ってから作られる蕨もちは、とぅるんと涼やか。喉越しが心地よい蕨もちには、うぐいすきな粉、きな粉、黒蜜をたっぷりつけていただきましょう!
蕨もち

和菓子に合うようにブレンドされた特別な珈琲

廚 菓子くろぎの珈琲は、和菓子に合うようスペシャリティコーヒーに定評のある猿田彦珈琲が特別にブレンドした「絹しずく」。どっしり重めの「濃口」と後から感じる酸味が美味しい「淡口」があります。エスプレッソ、ペーパードリップなど淹れ方が選べ、カフェラテ、カプチーノなど好みの飲み方が楽しめます。
絹しずく

あんころもちや上生菓子など他のメニューも見逃せない

蕨もちや葛切りもおすすめではありますが、捨て難いのがあんころもちや上生菓子。店内の工房で手作りしているのを見ていると思わず食べたくなってしまいます。
店内の工房

赤門を入ってすぐ、「UTカフェ・ベルトレ・ルージュ」

東大の観光名所といえば赤門ですね。赤門の前で写真を撮る観光客も多くいますが、学生でなくてももちろん、中に入っていいんです。赤門を入って左に進んですぐのところにあるのが、有名建築家、安藤忠雄氏が設計した情報学環・福武ホール。その一角にあるのが、「UTカフェ・ベルトレ・ルージュ」です。
UTカフェ・ベルトレ・ルージュ

フレンチレストランが監修、リーズナブルなランチ

青山にある「レストラン ランス YANAGIDATE」が運営するカフェのランチは、日替わりのランチプレート「プラ・ド・ジュール」(税込1,080円)と「パスタ」(税込970円)の2種類。この日のプラ・ド・ジュールは、豚肉のトマト煮込み。ベースのしっかりしたお料理にバターライスとサラダ、ドリンクがついてこのお値段はなんとも嬉しいですね。
豚肉のトマト煮込み

カフェタイムのおすすめは「ルージュ・パフェ」

スポンジやコーンフレークに濃厚なミルクソフトがたっぷり、フレッシュベリーをふんだんにのせたリッチでボリューミーなパフェは、税込620円。コーヒーなどのドリンクも豊富で、クロックムッシュやチーズドッグなどの軽食もあるので、気軽に立ち寄れます。
ルージュ・パフェ

スマートポイント

くろぎは、土日祝は混雑することが多いそう。平日の午前中が狙い目です。大学の試験などがあるとお休みになることもあるので、訪れる前にHPでチェックして。

くろぎの珈琲や和菓子にセットでついてくるお干菓子は販売されています。他ではなかなか手に入らないのでお土産にぴったり。くろぎのロゴを形どったものは14個入り1080円です。

UTカフェのランチタイムは11時30分〜15時。12時〜13時は混雑するので避けるのが賢明。13時を過ぎると比較的ゆっくりお食事ができるそうですよ。

J-TRIP東京ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

東大のカフェ、お話を聞いてみると外部の利用者も多いそう。構内もよくよく見るとママさんがベビーカーで歩いていたり、ご年配の方がお散歩していたり。観光ついでに、気軽に立ち寄ってお茶してみては。

Writer : ハタレイコ

執筆記事一覧>>

九州出身、食いしん坊部屋。美味しい食べ物とお酒が欠かせない性分のPRコーディネーター。日本の伝統文化に興味があり、少しずつ歴史ある街の散策を始めている。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の東京定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 東京のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
東京ツアーを探す 東京フリープラン 東京ファミリープラン 東京カップルプラン