* menu
閉じる

お土産お土産

【完全保存版】絶対ハズさない
「東京」の定番お土産まとめ

writer : 編集部

2016.01.25

うさぎやのどらやき
東京の人気お土産を一同に集めてみました!東京は何でもあるけど独自のものがないから、お土産選びは難しいと思われがち!そんなことありません!東京ならではのおすすめのお土産がたくさんありますので、是非チェックしてください!
その場でいただくもよし、お土産に買って帰って、みんなでいただくもよし。いろんな種類のお土産があります!

山田屋

江戸文化を代表するお土産!どこかなつかしい下町の人形焼!

美味しいものに目がない江戸っ子の舌に育まれた「山田屋の人形焼」は、まさに極上の味わいです。持ち運びもしやすいのでお土産におすすめ。錦糸町駅徒歩6分の「すみだ江戸切子館」は、歴史から現代作家の作品まで江戸切子の全てが楽しめる。
工房ショップ。隣駅の「亀戸」に足を延ばせば、元祖くず餅で知られる「船橋屋」があります。ほかにも、あんみつやみつ豆、きな粉などもおすすめです。「洋菓子処ましゅまろ亭」の手絞りの生マシュマロは、自然由来の素材にこだわり、お子様にも安心の一品です。江戸文化を代表する人気のお土産です。

スポット名 山田屋
住所 東京都墨田区江東橋3-8-11
営業時間 9時~20時
定休日 1月1日※店舗事情による臨時休業あり
このスポットの詳細を見る ホテルヴィラフォンテーヌ東京八丁堀

オシャレ!食べ始めたら止まらない人気のスイーツ土産!

焼き菓子「るれっと」で人気の八丁堀のブラウン。同じく人気の「クッキーブラウン」。しっかりとかみ締めることで素材の風味を感じられるおすすめのお土産。「八丁堀 伊勢屋」は昔ながらの素朴な豆大福が人気です。苺大福で不動の人気を誇る翠江堂(すいこうどう)本店は小さい間口ながらお客さんが絶えないお店です。ホテルヴィラフォンテーヌ東京八丁堀は「塩ピーカンナッツショコラ」がおすすめ。食べ始めたら止まりません。お土産にぴったりですよ。

スポット名 ホテルヴィラフォンテーヌ東京八丁堀
住所 東京都中央区 日本橋茅場町3-3-3
このスポットの詳細を見る 東京ばな奈ツリー

東京ソラマチ限定の「東京ばな奈見ぃつけたっ」が人気土産として話題に!

東京の定番お土産としてもっとも知られている東京ばな奈を、東京スカイツリーの誕生を記念して、ひょう柄におめかししたものが、東京ソラマチ限定「見ぃつけたっ」です。新しい東京の人気お土産となりつつあります。東京ソラマチ1階「ソラマチ商店街」の中には、小さな子供に大人気のアンパンマンのお店があります。東京ソラマチ2階には等身大のトトロがお出迎えしてくれるスタジオジブリのお店もおすすめ。東京ソラマチ4階には遊びごころあふれる生活雑貨・インテリア雑貨のお店があり、人気は「東京スカイツリーふきん」。軽くてコンパクトでお土産に最適です。

スポット名 東京ばな奈ツリー
住所 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ
ウエストヤード1F St.Street (ステーションストリート)
営業時間 9時~21時
定休日 年中無休 ※年末年始などの特定日を除く
このスポットの詳細を見る 船橋屋 亀戸天神前本店

老舗のお土産!弾力しっかり船橋屋の元祖くず餅!

老舗・船橋屋の「元祖くず餅」は、しなやかな中にしっかりした弾力の歯ごたえのくず餅の上に、こだわりのきな粉と黒糖蜜がたっぷり。お土産にぜひおすすめしたい一品です。他にも「あんみつ」「みつまめ」「豆寒天」「天神ぜんざい」もあります。甘い物が苦手という方には醤油酢でさっぱりと仕上げた「ところてん」を。フランスの伝統的な焼き菓子に和素材を使った「和フィナンシェ」等々、いずれもこだわりの厳選素材を使っていておすすめ!”通な”お土産をプレゼントしちゃおう!

スポット名 船橋屋 亀戸天神前本店
住所 東京都江東区亀戸3-2-14
営業時間 9時~18時(お召し上がりは9時~17時)
定休日 年中無休
このスポットの詳細を見る うさぎや

老若男女問わず喜ばれるお土産「どらやき」の名店

東京では知らない人はいないほどの「どらやき」が人気の「うさぎや」。お店の地下にある工場は、ひっきりなしに訪れるお客さんのために常にフル稼動。そのため、いつもできたてが並びます。やはり温かいうちにいただくのが一番!お土産を買いがてら別にひとつ購入して、その場で食べて行く人も多いとか。日持ちは2日と短いですが、旅の最終日に購入してでもお土産におすすめしたい一品です。ピンクのお目目が愛らしい白い「うさぎまんじゅう」も人気です。老若男女問わず確実に喜ばれるお土産です。

スポット名 うさぎや
住所 東京都台東区上野1-10-10
営業時間 9時~18時
定休日 水曜日
このスポットの詳細を見る 日本橋鮒佐

大人のお土産!ごはんのお供に日本橋鮒佐の絶品佃煮!

室町にのれんを掲げる「日本橋鮒佐」。無添加の佃煮を自家用やお土産に求める人が訪れます。昔ながらの「江戸前佃煮」、塩分控えめの「まろやか佃煮」も人気ですが、評判の新商品「日本橋ふりかけ」もお土産にはおすすめです。江戸前佃煮は、炊きたてのご飯と一緒に食べるとお米の甘みと相まって素材の旨味が引き立ちます。おすすめの食べ方は、お茶漬けや「日本橋鮒佐のだし」でとっただしをかけた“ぶぶ漬”。1杯目は白いご飯で、2杯目はぶぶ漬けで召し上がれ!

スポット名 日本橋鮒佐
住所 東京都中央区日本橋室町1-12-13
営業時間 月~金曜日10時~18時 日曜・祝日10時~16時
定休日 日曜日(12月を除く)、1月1日~3日
このスポットの詳細を見る 言問団子

絶対に間違いない昔からの定番江戸っ子土産!

向島に江戸末期に創業した言問(こととい)団子。名物はもちろん「言問団子」。味も名も気の利いた東京土産として、多くの人に愛されています。お団子というと串に刺してあるものを思い浮かべますが、言問団子は違います。初代がお茶会用に使ったというお店の由来や、遣唐使が持ち帰った団子の起源という「団喜(だんき)」にならい今の形が引き継がれています。直径約3センチのお団子はしっとりときめ細やかです。お土産には日持ちがする「言問最中」がおすすめです。

スポット名 言問団子
住所 東京都墨田区向島5-5-22
営業時間 9時~18時
定休日 火曜日
このスポットの詳細を見る パティスリー サダハル・アオキ・パリ

人気の限定マカロンはお土産におすすめ

パティスリー サダハル・アオキ・パリ 渋谷ヒカリエ店のショーケースに並ぶ色とりどりの美しいお菓子。コスメパレットをイメージした鮮やかな色とフォルムの「ボンボンショコラ」は、パリのアトリエからの直輸入です。フランボワーズに柚子、抹茶、 ピリッと刺激的なわさびも癖になる美味しさ。開けた瞬間の驚きもあって、お土産におすすめです。伝統的なフランス菓子であるマカロンは、柚子や抹茶など和の食材を大胆に組み合わせ、独創的に仕上げられたサダハル・アオキの有名人気商品です。

スポット名 パティスリー サダハル・アオキ・パリ
住所 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエShinQsB2F
営業時間 10時〜21時
定休日 不定休
このスポットの詳細を見る 新橋玉木屋

ご飯がおいしくなるお土産、特選佃煮はおすすめ

塩分を抑えてふっくら仕上がった白佃煮は、佃煮というよりお惣菜のよう。食卓の脇役というにはもったいない、主役級の風格です!大粒のぶどう山椒とともに炊き上げた「葡萄佃煮」シリーズ、珍しい子持ちあさりを使用した贅沢な「子宝あさり」などは、大切な方へのお土産におすすめです。ふりかけは佃煮の製法をいかした半生タイプで、世界のふりかけは、イタリアントマト、トムヤムクンなどバラエティ豊かで大人気。ごはんだけでなくパンやパスタなどさまざまな食べ方が楽しめます。食いしん坊のお友達へのお土産にいかが?

スポット名 新橋玉木屋
住所 東京都港区新橋1-8-5
営業時間 月〜金 10時〜19時(7月、12月は〜19時30分)
土日祝 10時〜18時30分
定休日 無休
地図を見る
このスポットの詳細を見る 東京駅

美しい駅舎はお土産天国!カワイイ駅舎型チョコレート

帝国ホテルの「チョコレート詰合せ(東京駅丸の内駅舎パッケージ)」は、誰からも喜ばれるハイクオリティなお土産。プレート型チョコレートとスティック型チョコレートの詰合せ。「東京駅丸の内駅舎クリスピーショコラ」は、東京駅限定チョコレート。丸の内駅舎をかたどったサクサクのシリアルにホワイトチョコレートをコーティング。カラフルなパッケージもキュートで大人気!「東京トレインクッキー」は、さっくりとした食感の電車型クッキー。素材を生かした素朴な味わいのプレーンと、いちごのフルーティーな味わいが広がるストロベリーの詰合せでおすすめ。

スポット名 東京駅
住所 東京都千代田区丸の内1丁目
営業時間 7時〜21時30分
定休日 無休
このスポットの詳細を見る 自由が丘ロール屋

自由が丘へ遊びに来たら、ぜひ購入したいお土産

店の一番人気は「自由が丘ロール」。ふかふかのスポンジの上に、クレーム・パティシエールと生クリームがたっぷり巻かれています。「ショコラロール」は、ビターで濃厚なチョコスポンジと生クリーム。口の中で溶け合う味が大人におすすめ。「紅茶とりんごのロールケーキ」は、紅茶風味のザクッとしたビスキュイ生地が楽しい食感。酸味の強い紅玉をキャラメリゼしているので、甘さの中にさっぱりとした味わいを感じます。

スポット名 自由が丘ロール屋
住所 東京都目黒区自由が丘1-23-2
営業時間 11時~19時
定休日 水曜日・第3火曜日
このスポットの詳細を見る 銀座大野屋

お土産にふさわしい柄の手ぬぐいたち

かさばらない手ぬぐいは、お土産にふさわしいアイテムのひとつ。外国人にも人気です。400種類もあるのでよりどりみどり、選び放題。お値段も750円(税抜)からとお手頃価格です。イチオシはオリジナルの柄足袋。季節の花柄や、古典柄、歌舞伎柄などが揃っていて、思わず目移りしてしまいそう。手ぬぐいよりも気軽に使えるガーゼ手ぬぐいもおすすめ。手触りが柔らかで吸水性がよく、乾きやすくかさ張らない。「使い勝手が抜群!」と、隠れた人気商品になっています。

スポット名 銀座大野屋
住所 東京都中央区銀座5-12-3
営業時間 10時~17時
定休日 水曜日、日曜日
このスポットの詳細を見る

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索