* menu
閉じる

観光観光

いま新しい「街づくり」
新しい京橋、京橋エドグランへ

writer : Naomi

2017.04.05

京橋エドグラン
銀座から一駅、およそ10分以内で歩け、東京駅からも徒歩圏内のこのエリアは、意外と足を運ぶことのない穴場エリア。オフィス街でありながらも、ハイカラさに加え、下町風情溢れる京橋。この街を愛する人々の想いをのせ「歴史と未来の交差点」として新しく動き始めています。京橋のランドマークとなりつつある京橋エドグラン、昨年オープンした新しい東京新名所をご紹介します。

東京でいちばん居心地の良い場所がある街を目指して。

京橋は代々続く老舗の名店や、そこに集う人々の人情や粋といったものが脈々と受け継がれる場所。この街で働く人、遊ぶ人、食べる人、海外から日本を見に来る人、昔からそこに住んでる人、ビジネスと文化の坩堝のようなこの街で、誰にでも居心地のいい場所を提供してくれます。
京橋エドグラン内観

ここは観光のスタート地点。京橋は東京観光のハブ!

京橋エドグランの特徴の一つが「観光・交通ハブ」。整備された交通網と抜群のアクセスの良さはとても便利。エリア内でレンタル、返却可能なレンタルサイクルをはじめ、八重洲・京橋・日本橋エリアを結ぶ無料巡回バス「メトロリンク日本橋」もあります。エドグランの地下にある中央区の観光情報センターで最新の情報をキャッチしてからお出かけしましょう!
観光情報センター

新旧、新しい京橋の顔です。

京橋エドグラン正面の開放的なガレリア。歴史的建造物である美しい「明治屋京橋ビル」とガラスのファサードが印象的な「トシ・ヨロイヅカ」の旗艦店が対になって、京橋の新しい顔になりました。長年の構想を経て京橋に誕生した「トシ・ヨロイヅカ東京」はパティスリーにカフェを併設。明治屋の地下には老舗レストラン「京橋モルチェ」が復活してまさに新旧の饗宴!
京橋エドグラン正面
トシ・ヨロイヅカ東京入り口

自分だけのお気に入りの場所が見つかります。

開放的なオープンスペースが印象的な京橋エドグランでは、様々な人が集い、思い思いに過ごせる工夫がいっぱい。歩き疲れたらお気に入りのソファで一休み。植物の緑が目にも優しい3階のテラス席でテイクアウトをしたランチを広げるのも気持ちが良さそう。目的はなくてもふらりと立ち寄りたくなる、そんな場所です。
テラス席

話題のレストランが目白押し!商業施設初出店も!

京橋エドグランには、オープン前から話題になった、いま勢いのあるレストランや飲食店舗が名を連ねています。新橋エリアで大人気の居酒屋「魚金」のイタリアン「タヴェルナウオキン」は商業施設初出店。京橋店では初のランチを展開中。そしてミシュラン掲載で話題のラーメン店の新店舗「ソライロ トンコツ&キノコ」や、行列のできる餃子居酒屋、「東京餃子楼」、エリア初出店の「ブルーパパイアタイランド」など、世界の美味を満喫できます。次はどこに行こう?のワクワクが止まりません!
料理一例
ソライロ トンコツ&キノコのラーメン

毎月第2金曜・土曜には、定期的に音楽イベントが開催される

大空間が印象的な地下と一階を繋ぐ大階段では、その空間を生かしたイベントが開催されています。毎月第2金曜・土曜に、定期的に開催される音楽イベント「京橋エドグラン ライブクロッシング」はオープンエアで、とっても気持ち良いですよ。
大階段
京橋エドグラン ライブクロッシング

©Shigemi S

スマートポイント

  • 京橋の魅力は何と言っても立地の良さ。東京駅からも銀座からもお散歩気分で歩けます。お天気がよければ日本橋までも徒歩圏内です。
  • 無料巡回バス「メトロリンク日本橋」を使えば、日本橋や東京駅へも無料でアクセス可能です。元旦を除く毎日、朝10時〜20時まで約10分間隔で運行しています。
  • 京橋の魅力は歩いてみるとわかります。一歩裏道へ入ると懐かしい下町風情。建物の中だけでなく、街を歩いて下町グルメを探してみるのもオススメです!

ライターのおすすめ

京橋エドグランは、グルメやショッピングだけでなく著名なアーティストの彫刻がロビーに飾られていたり、テキスタイル作家の作品がライブ会場のクッションになっていたり。アートに触れられる楽しい空間です。

Naomi

東京都出身
天真爛漫自由奔放をモットーに、10代の頃よりモデルや俳優として活動。
パーフォーマーとして以外にもエステティシャンやネイリストの技も学びつつ、30代、今だから、これからだから出来るアレコレをもっと楽しめるオトナを目指して毎日好奇心旺盛に謳歌中。旅と食がともかく大好物!

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索