* menu
閉じる

観光観光

丸の内ショッピングもお楽しみ
東京駅から皇居への散歩道

writer : ハタレイコ

2016.01.20

東京駅
東京の地図を見ていると、その中央部分を広大な皇居が占めているのが分かります。すぐ傍には東京駅。
そう、東京駅は皇居へ一番近い鉄道の駅なのです。内堀までなら10分ほど。せっかく東京観光に訪れたのですから、皇居までお散歩してみてはかがでしょう?それでは、日本有数のオフィス街、丸の内を通って皇居までのお散歩コースへ出発しましょう!

東京駅から行幸通りへ向かう途中にウィンドウショッピング

ショップイメージ
丸の内は日本を代表する有名企業が、数多くオフィスを構える街。2000年に始まった丸の内再開発プロジェクトにより、丸ビルをはじめとする大型商業施設が次々とオープンし、今では一大ショッピングエリアとなりました。
それでは、観光客に人気のおすすめの商業ビルを見ていきましょう。

旧東京中央郵便局の姿を今に残すビル

東京駅丸の内南口を出ると真ん前にあるのがJPタワー。地下1階から6階までが商業施設KITTE(キッテ)です。全国各地のご当地グルメや日本のモノづくりが感じられるショップがいろいろ。
日本郵便が手がけるだけあって、東京中央郵便局も入っています。
旧東京中央郵便局

丸の内のランドマーク、丸ビル・新丸ビル

東京駅丸の内中央口の真ん前、行幸通りを挟んで左手が丸ビル、右手が新丸ビルです。ファッション、雑貨、グルメなどたくさんのショップが入っていて大人気。丸ビル1階マルキューブはいつも様々なイベントが行われているので、ぜひチェックして。地下のフードも充実しています。新丸ビル7階の「丸の内ハウス」は、個性的な9つの飲食店が朝4時まで開いている人気のレストランフロアです。
丸ビル

あるある!丸の内のショッピングスポット

他にもJPタワーの南側にはグルメスポットが集まるTOKIA(トキア)、東京駅の北側には本の丸善やハンズの入るOAZO(オアゾ)など、たくさんの商業ビルがありますよ。
新丸ビル

丸の内仲通りで外国気分を味わった後は皇居の自然を満喫

丸ビル、新丸ビルを通り過ぎた皇居側の通りが丸の内仲通り。ロレックスやイッセイミヤケなど数々の高級ブランドショップが軒を連ねています。石畳と街路樹が美しく、通りに沿って歩いているだけでどこかヨーロッパの街を観光しているような錯覚に。時期によっては、イルミネーションやガーデニングショーなど季節のイベントが楽しめます。
仲通り

お散歩は続く、次はお堀端へ

さて、ウィンドウショッピングの後は、和田倉噴水公園に向かいましょう。眺めの良い橋を渡ると大噴水が。昭和36年に天皇皇后陛下ご成婚を記念して作られた公園です。夜間のライトアップも楽しみです。公園内には眺めの良いレストランがあり、ランチタイムはブッフェも楽しめます。
お堀端

時間の余裕に合わせてルートをチョイス

さらに西に進み、桔梗門へ向かうと皇居東御苑へ。広さ21haを誇り、桜の名所としても有名な庭園です。そこまで時間がないという方は、和田倉噴水公園から南の方の皇居前広場へ向かい、有名な観光スポット二重橋を散策して駅に戻るコースをおすすめします。
和田倉の噴水

スマートポイント

  • 和田倉噴水公園レストランには併設の無料休憩所があり、とても綺麗。ドリンクの自動販売機しかないので、お天気のいい日は、丸ビル地下あたりでお弁当を買ってきてランチタイムもいいですね。
  • 丸ビル7階丸の内ハウスのテラスは、東京駅の駅舎を撮影できるおすすめスポットです。
  • 皇居外苑では、毎週日曜日に皇居前を往復約3kmがサイクリングコースとして解放。自転車の無料貸し出しも行っています。詳しくはパレスサイクリングのHPへ。
    HP:http://www.jbpi.or.jp

ライターのおすすめ

あいにくの雨でも、丸の内なら大丈夫。丸の内近辺はほぼ地下で繋がっているため、どのビルへも傘を使わず行くことが可能。あっと言う間に1日が過ぎてしまいますよ。

ハタレイコ

九州出身、食いしん坊部屋。美味しい食べ物とお酒が欠かせない性分のPRコーディネーター。日本の伝統文化に興味があり、少しずつ歴史ある街の散策を始めている。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索