ナンジャタウン

人気コンテンツを導入!
進化し続ける「ナンジャタウン」

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

東京メトロ有楽町線「東池袋駅」より徒歩約3分、もしくはJR線他「池袋駅」35番出口より徒歩約8分。屋内型テーマパーク「ナンジャタウン」は、サンシャインシティ・ワールドインポートマートビル2階にあります。園内は3つの街で構成されており、アトラクションやフード&ショップが楽しめます。他にはない「ナンジャ餃子スタジアム」や「妖怪ウォッチ」のアトラクションなどもあり、人気観光スポットになっています。

Point1

一日中楽しめる3つの街

ナンジャタウンには、西洋風の街並みの「ドッキンガム広場」、昭和30年代の日本の街並みでフードやデザートなども楽しめる「福袋七丁目商店街」、もののけたちに乗っ取られた街、アトラクションが豊富な「もののけ番外地」があります。一日中全部楽しみたいなら、入園料+アトラクション遊び放題のフリーパス(大人3,300円、こども2,600円)がお勧め。でも数時間だけなら入園料のみ(大人500円、こども300円)で入り、ご利用のアトラクションごとに利用料を払うのも有りですね!

Point2

ナンジャタウン内のフードテーマパークが大人気!

福袋七丁目商店街には、全国のご当地餃子が集まった「ナンジャ餃子スタジアム」があります。絶大な人気を誇る餃子四天王、鉄なべ荒江本店、丸満、包王、華興が出店している他、ご当地餃子の食べ比べ、たれ比べ餃子など夢の盛り合わせが味わえます。一皿で食べ比べができるのはナンジャタウンだけ!また「福袋デザート横丁」でもご当地アイスの食べ比べやデコデザートがあって、遊びもお腹も大満足です!

Point3

話題沸騰!「妖怪ウォッチ」アトラクション!

「もののけ番外地」にある常設の「妖怪ウォッチアトラクション 鬼時間脱出大作戦」は、”ヨーカイパッド”を手に”鬼時間”から脱出を目指すアトラクション。さらに、アトラクション内でともだちになれる妖怪として”USAピョン”が新登場!
アトラクションと連動したフード&デザートやラリーイベントなどの期間限定イベントも随時開催しています。

写真提供:ナンジャタウン

[公共交通機関ご利用の場合]

東京メトロ有楽町線東池袋駅から徒歩3分 (タクシー約10分 約660円~730円)
池袋駅((JR・東京メトロ、西武線、東武線)から徒歩8分 (タクシー約10分 約660円~730円)
都電荒川線東池袋四丁目停留所から徒歩4分 (タクシー約10分 約660円~730円)

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の東京定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 東京のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
東京ツアーを探す 東京フリープラン 東京ファミリープラン 東京カップルプラン