* menu
閉じる

東京国立博物館

重要文化財の保存・公開・継承
という使命を持つ東京国立博物館

writer : 編集部

2016.04.11

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口より徒歩10分。東京国立博物館は、日本最古の博物館として明治5年にできました。「トーハク」という愛称で親しまれ、日本を中心にした東洋のさまざまな国や文化の美術作品、歴史資料、考古遺物などを保存・修復、展示を行っています。年間通して観覧できる総合文化展と期間限定の特別展があります。2015年5月展示された「国宝 太刀 三条宗近(名物 三日月宗近)」の人気は記憶に新しい所ですね。温故知新という言葉通り、東京国立博物館では新しい発見が待っていることでしょう。

Point1

「ほんもの」の美術史を堪能!

東京国立博物館には、約11万6000件もの収蔵品があります。その全てが大切に保管され、状態を見極めながら定期的に展示品が入替えされているので、総合文化展に毎月行っても違う収蔵品を観ることができます。また、所要時間はじっくり観覧すれば終日、急ぐと1時間位でしょう。観終わった後は、ミュージアムショップにも是非立ち寄って下さい。専門的な書籍もありますが、はにわソックスやクッキーなど、バラエティ色のある可愛いグッズもありますよ!

Point2

長蛇の列ができる話題の展示品

いつも話題を提供してくれる東京国立博物館。2015年に展示された「国宝 太刀 三条宗近(名物 三日月宗近)」は、人気のオンラインゲーム「刀剣乱舞(とうらぶ)」の影響もあり、連日「刀剣女子」が押し寄せる人気ぶり。同年、特別展でも興味深い企画があり、「アート オブ ブルガリ展」では、ブルガリの創成期からの作品が展示されました。いずれも美術に詳しくなくても憧れの作品ばかり。全国各地から一目観ようと観光で来られる方も多いようです。

Point3

無料観覧日を利用しよう!

東京国立博物館は、もともと入場料は安く設定されています。総合文化展のみなら、一般620円、大学生410円、18歳未満と満70歳以上は無料で観覧することができます。ですが、5月18日の「国際博物館の日」は無料で観覧可能。更に毎年この2週間前後に「上野ミュージアムウィーク」があり、恐竜の化石が展示されている「国立科学博物館」や「上野の森美術館」など近辺施設でもイベントや割引サービスがあります。この機会にミュージアムめぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポット詳細

アクセス

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索