* menu
閉じる

グルメグルメ

伊豆味の森に佇む
古民家カフェ

writer : 草野裕樹

2015.06.18

緑のトンネルを抜けた先にある、かわいい世界

古民家カフェ1
沖縄のカフェ巡りは、観光スポットを巡るのと同じくらいに、旅行者の目的のひとつとなっている。立地や空間、出される料理によっても雰囲気は変わるが、大きく分別すると、3つのカテゴリーに分けられる。外人住宅などを利用した住宅街にある「街カフェ」、海沿いに立ち、潮風を肌で感じる「海カフェ」、そして、亜熱帯森の中に囲まれて佇む「森カフェ」だ。一般的なイメージとはまた違った世界で、自然のパワーとともに心を和ませてくれるのが「森カフェ」の魅力。緑に包まれた空間は、 森林浴効果も加わり、心も身体もクリアにしてくれる。深い森を走り抜けて行く、アクセスもまた魅力のひとつといえる。
古民家カフェ2
古民家カフェ3
「森カフェ」ブームの火付け役とも言えるのが、伊豆味の森の中に佇む「ハコニワ」だ。県道84号線の脇に立てかけられた小さな看板を目印に、深い森へ入っていく。「本当にお店があるの?」と、少し不安を抱きつつもしばらく進んでいくと、静寂に包まれた森の中に、緑の扉のかわいい古民家が現れる。階段を上り扉を開けると、心地良い音楽が耳に届き、着く直前まで抱いていた不安はかき消される。
古民家カフェ4
古民家カフェ6
お店は今年で8年目。オープン当初から何度か訪れているが、良い意味で変わらないのが、「ハコニワ」の魅力といえる。一度訪れると、我が家に帰ってくるような感覚で、何度でも帰ってきたくなる。前に訪れた時と、同じ空間、同じ時間が流れており、どこか「ほっと」した気持ちにさせてくれるのは、店主の表には見えてこないおもてなしなのだろう。「おうちに遊びに来るような感覚で、ゆっくりと過ごしてほしいですね」と笑って話すのは、店主の谷口さん。お店を始めてからの8年間で、結婚、出産と彼女の中には大きな変化があったというが、お店の雰囲気は変わることなく、8年前と同じ時間が流れている。
古民家カフェ5
古民家カフェ9
古民家カフェ8
古民家カフェ7
オープン前にボロボロだった古民家を、友達と一緒にリフォームした空間は温かみがあり、年季の入ったアメリカ製の中古家具がほどよく馴染んでいる。窓一面に埋め尽くされた植物を眺めながら、野菜たっぷりのお食事をいただけば、モヤモヤした気分が晴れ、疲れていた身体が少しずつ軽くなってくるのが実感できる。元気をもらい、お店を出るときに、自然と「いってきます」と声が漏れたのは、いつか、また戻ってきたいという気持ちが、心の中に芽生えたからだろう。またいつの日か、「ただいま」と心の声をつぶやき、ハコニワに帰ってこようと思った。
古民家カフェの料理
写真は、本日のハコニワプレート900円。季節にそった旬な島野菜がふんだんに使われている。彩りも意識しており、料理を盛ったお皿は、旦那様が手がけた焼き物を使用。お皿やお碗は店内でも販売。

草野裕樹

暮らしの中で見つけた沖縄のいいところを届けていきたい。

スポット詳細

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索