夕日スポット
石垣島ホテル フサキリゾートヴィレッジ内にあるフサキビーチ。
実は宿泊客だけでなく、一般客にも開放され島民も訪れる市街地から近いビーチ。
また、さまざまなアクティビティーやマリンスポーツも楽しめるスッポットであるとともに、島の西側に位置しているため、夕日を見るのにも最高の場所で、夕日スポットとしても人気です。

市街地から

市街地から車を西に向かって走らせていると、一台の自転車が中央車線寄りに 「ヨンナーヨンナー」 漕いでいる姿が見えてきた
「ヨンナー」 とはここいらの方言で、「ゆっくり」 という意味だ
ちょっと前の私なら、「おじぃ〜」と舌打ちしていたところだが、今ではもう慣れたもので、対向車が来ないのを確認し「おじぃ〜」が驚いて転ばないように「そぉ〜っと」追い抜いてゆく
私は段々と石垣島民的になってきているのかもしれない
児童公園

復帰前は米軍の施設があったとされる海沿いの
「児童公園」の雰囲気が好きだ
この辺を過ぎると建物も疎らになってくる
石垣島は市街地から車で10分も走れば風景がガラッと変わるのがいいところだと思う
観音崎
観音崎の緩やかな右カーブを曲がると目的地はもうすぐそこに見えてくる

ロビーを抜けてビーチへ

ホテルの向かい側にある駐車場に車を駐め、正面玄関へ
ホテル
外観
いかにも南国らしい柄のシャツを着たスタッフが笑顔で迎えてくれる
たとえあなたが「宿泊者ではない」と書かれたTeeシャツを着ていたとしても、入場を断られる事はないので安心してほしい
都市生活で身につけた、スマホに目をやり、うつむき加減で気配を消し、足早に歩き去る忍術スキルはここでは必要ない
必要なのは、笑顔で挨拶を返し、ロビー右奥の扉を開けてフサキビーチへ向かうという至ってシンプルな行為だけだ。

マリンスポーツ

フサキビーチ
20代、地元のパイセンに連れられジェットスキーで遊んだ
当時流行った遊びが、ジェットスキーで浮き輪に乗せた人を猛スピードで引っ張り、急カーブ
浮き輪側の人がいかに強烈な横Gに転ばずに耐えれるかというゲームだ
さながらお笑い芸人の罰ゲーム
実際当時はバラエティー番組でそのようなことをやっていた
だがこれはオススメしない
なぜなら、時速60キロを超えたスピードで転ぶ水面はコンクリートのような硬さになるからだ
1度酷いコケ方をしてムチ打ちになり、左しか向けない状態が1カ月続いた
思想がリベラルに傾いたのは、これが原因と思う 
もっとも、5年程前に年甲斐もなくスケボーで鬼ゴケし、左鎖骨骨折の為、右しか向けない状態を1カ月経験した後には、首、思想ともに左右どちらにも傾けづらい人になったのだが

ビーチに着き沖を見ると、ドラゴンボートの姿が目に入った カヤックの姿も見える
フサキビーチではいろいろなマリンスポーツが楽しめる

絵になる桟橋サンセット

夕日

写真提供:フサキリゾートヴィレッジ

もしあなたが、絵になる夕日スポットを探しているのなら、
フサキビーチは最適だろう
南国らしい桟橋「フサキ エンジェル ピア」越しの夕日とエメラルドグリーンの海のコントラストは、離島リゾートのイメージにピッタリだ
この日は生憎の曇り空だったが、夕刻時になると自慢の一眼レフやミラーレスカメラ、最新型のスマホに自撮り棒を装着した人達が何処からともなく集まりだし、各々に美しい風景や撮影を楽しんでいた
フサキ エンジェル ピア

写真提供:フサキリゾートヴィレッジ

日の入りの時刻は既にWebサイトで確認済みだ
今は多分18時ごろであろう
マジックアワーの到来を示すように、
空がだんだんとオレンジ色に染まってきた
私は、電源ボタンがとうの昔に壊れ、今ではほぼコンデジと化している愛機 iPhone4s を素早く三脚に固定した

ヨンナー、ヨンナー

日が沈み、人影もまばらになったのを見計らいホテルを後にする

運転しながら今日の夕日を思い出していると、一台の車に追い抜かれた
ナンバーは4747しか確認できなかったが、新車のようにピカピカだったのでレンタカーだろう
私の車の速度は40km出ていなかった
ほんの少しばかりアクセルを踏み込んだ
信号のある交差点に近づき、先に信号待ちしている車が見えた 
どうやら先程私を追い抜いた車に追いついたようだ 
今度はハッキリとナンバーが読み取れた 
"れ"ナンバーなのでやはりレンタカーだが、"4747"だと思った番号は"4949"の間違いだった 
ふと、今日飲み会の予定が入ってることを思い出した
たしか18時集合
帰ってシャワーを浴びて、準備をしなくては と考えていると
「キュッツ」とタイヤを鳴らし前の車が急発進した
私は出来る限り地元の人に近いの発音とイントネーションで呟いてみた
「ヨンナー、ヨンナーしていってね」
黄昏どき

スマートポイント

ホテル宿泊者以外でも利用できます。

最新マリンスポーツをはじめ、様々なアクティビティーも楽しめます。

市街地からも近い、絵になる人気夕日スッポットです。

J-TRIP沖縄ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

あまり時間的に余裕がないんだけど、市街地からサクッと近場で綺麗な夕日とリゾート感を味わいたいという欲張りな方の欲求も満たしてくれることでしょう。

Writer : takeshi yamakawa

執筆記事一覧>>

2014年移住、「石垣島Creative Flag」に選出されたのを機に「GREEN*OBSTACLE」なるものを立ち上げ、活動中。

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の沖縄定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 沖縄のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
沖縄ツアーを探す 沖縄フリープラン 沖縄ファミリープラン 沖縄カップルプラン