コインロッカー写真

(画像はイメージです)

旅先に着いて、さあ観光!という時に困るのが手荷物。大きな駅ではコインロッカーを見つけるのもひと苦労です。ようやく見つけたと思ったら全て使用中。空きロッカーを探しまわって、観光の前に疲労困ぱいなんてことも。ホテルに預けようにも到着駅に近いとは限りません。
身軽に旅を楽しみたい!そんな声に応えるべく、東京駅&周辺では様々な荷物預かりサービスが用意されています。上手に活用してスマートに旅を楽しみましょう!

便利な「飛脚印の手荷物預かり処」TOKYO SERVICE CENTER

場所は東京駅日本橋口。目印は○に「飛」のマークと「東京手ぶら観光手荷物預かり処」の大きな文字。ハッピ姿のスタッフがテキパキ働くTOKYO SERVICE CENTERは宅配便で知られる佐川急便が、快適な東京観光のために2014年3月にスタートした宅配カウンターです。

「手ぶらで東京観光」をサポートする多彩なサービス

「手荷物の一時預かり」は、ロッカーに入らないような大きな荷物から、土産品などの小さな物まで対応OK。「1日800円/個」と一律なので、できるだけ一つにまとめて預けるのがお得です。
飛脚印の手荷物預かり処 受付カウンター

旅先でも身軽に動けるからオススメ!

「ホテル即配」は、預けた手荷物をその日のうちにホテルに届けておいてくれるサービス。また、提携ホテルならホテル→東京駅(TOKYO SERVICE CENTER)への即日配送も可能。チェックアウトした後も身軽に動けるのは嬉しいですね。

至れり尽くせりのサポートメニュー

TOKYO SERVICE CENTERや提携ホテルから羽田/成田空港へ届けてくれる「空港受取り」を利用すれば、フライトまで手ぶらで買い物や観光を楽しめます。「通常発送」では佐川急便の配送ネットワークを使って日本全国365日お届け。クール便や国際便も対応しているので、「お土産を買いすぎちゃった!」という時も安心です。

まだまだあります!ニーズに対応したサービス

まず紹介したいのが、最長15日間まで預けられる「レール・ゴー・サービス」。
ただし保冷設備はないので要注意。料金は大小関わらず1日420円/個。6日目以降は1日840円となります。受付カウンターは、東京駅八重洲南口改札を出てJRバス乗り場の前を通り過ぎ、回りこんだところにあるエレベーターで地階に下りたところ。(TEL:03-3231-0804)

JR東日本トラベルサービスセンター内手荷物関連サービス所

東京駅丸の内北口を出てすぐ。海外からの来日客を対象にした観光案内所&旅行カウンターなので外国人優先ですが、600円/個で荷物の一時預かりをしています。条件は縦+横+長さ=250cm未満(長さは 2m まで)で重さ30kg未満。営業時間は7時30分〜20時30分。宅配・空港宅急便・国際宅急便サービスもあり。英語・中国語・韓国語・日本語に対応。
JR東日本トラベルサービスセンター

©JR東日本

グランスタ内クロークサービスも便利!

改札内にありホームが近いので、JR利用ならとても便利です。場所は東京駅八重洲地下中央口より改札内に入り、南のりかえ地下広場の脇。縦+横+長さ=250cm未満(長さは 2m まで)で重さ30kg未満の荷物を1個600円で当日に限り預かってくれます。営業時間は8時30分から21時まで。(荷物の受け取りは20時30分まで)TEL:03-5288-5911
グランスタクロークサービス

スマートポイント

佐川急便では、「東京スカイツリーサービスセンター」(03-5610-2769)と「浅草雷門サービスセンター」(03-3843-2678)でも同様の手ぶら観光サポートを行っています。詳しくは問い合わせを。

一般的なコインロッカーと違って、出し入れができるのも手荷物預かりの大きな魅力。東京駅周辺には商業施設も多いので、上手に活用して身軽にスマートに東京ショッピングを楽しみましょう!

東京駅の中でコインロッカーが比較的多いのが八重洲口・日本橋方面。コインロッカーを利用したい方は、まずそこをチェックしてみて。

ライターアイコン

ライターのオススメ

東京駅隣の大丸東京店3Fにも手荷物預かり所があり、キャリーバック程度の荷物なら大小関わらず500円で10時〜19時30分までOK。東京の美味いっぱいの食品フロアに、ベビー休憩室やベビー対応の化粧室も完備で便利!オススメです。