旅行前には、いつも忘れ物はないかと不安になります。
なにか足りないものはないかと、心配になるものです。

そこで旅行中にあると便利なもの、忘れがちなものを分野ごとにまとめてみました。

準備や確認の、参考にしていただけると幸いです。

国内旅行と海外旅行でも大枠の便利グッズは似ているのですが、異なる部分もありますので今回は国内旅行時に役立つ・必須な持ち物を紹介します。

以下7つのカテゴリに分けて紹介していきます。
● お金/証明書
● 電子機器
● 洋服系
● 収納系
● 洗面用具
● 各種乗り物用
● 忘れがちだが、実は便利なもの

お金/証明書

● 現金

現金は言わずとも必要ですね。財布に入れていきましょう。
落としたときなどのために、ひとつにせず、分けておくと安心です。

● キャッシュカード

想定外のことにお金を使った場合なども、引き出せると安心です。
お金が無いからできない、と旅先での行動を我慢しなくて済みます。

● クレジットカード

現金をいくら持っておけばよいか考えなくて良いので旅行中のクレジットカードは、いつも以上に便利です。
クレジットカードを使用できない店もあるので現金は少なからず必要です。

● 運転免許書

レンタカーをたとえ借りる予定がなくても、急遽現地でレンタカーを借りて運転することになるかもしれません。
身分証明もかねて持っていきましょう。

● 健康保険証

旅行中、体調不良やケガなどで病院に行くことがあるかもしれないので一応持っておくと良いでしょう。

● 学生証

旅行先の観光地など、思わぬところで学生割引があります。
学生の方は持参しておくとお得なことがあるかもしれません。

電子機器

● 腕時計

観光中は室外にいることがほとんど、時計が無いことが多いので自分で持っておきましょう。

● 携帯電話

言わずともがなです。忘れてしまうとテンションも下がるでしょう。
緊急時の連絡手段としても必須です。

● カメラ

旅行の思い出を鮮明に残すカメラ。
今はスマホで充分という方も多いかもしれませんね。

● 携帯電話充電器

これも必須です。
出発時には必要ないもので案外忘れがちですので気をつけてください。
携帯もバッテリーを気にしながらの旅行は嫌ですね

● 持運び用携帯充電器

旅行中は地図機能や検索など、普段より携帯を使用する機会が多いかもしれません。外で充電が減っても大丈夫なように、日ごろからバッテリーの減りに悩まされている方は、持運び用の充電器を持っていくのも一つの手です。

● カメラ用電池

カメラを本格的に撮る方は予備のバッテリーを持っていると安心でしょう。外出中は充電できないので便利です。

● カメラの予備のメモリ

4、5日の旅行なら予備のメモリを持つまでいかなくても、メモリの容量は旅行前に確認しておきましょう。
旅行先で、いざ記念写真を撮ったらメモリが不足していたということは起きやすい問題です。

● 車の中で充電ができるシガーソケット充電器

「シガーソケット」という、ほとんどの車についている電源供給の装置に繋ぎます。
あとは手持ちの充電ケーブルをUSBに挿すと、車内で充電できるようになります。

● 延長コード

ホテルによってはベッドや椅子の近くにコンセントがないこともあります。

● 電源タップ

複数人で一部屋の場合、部屋に着くやいなやコンセント戦争が始まることも度々あります。
1つのコンセントで複数個の媒体を充電できる電源タップを持っていたらヒーローになれることも。
電源タップ

● パソコン

これは人によりますが、PCを持って行く場合は充電器も忘れずに。
ホテルでWiFiが使えるかどうかは事前に確認しましょう。

洋服

● 下着

下着は日数分もっていきましょう。

● 靴下

靴下も日数分もっていきましょう。
雨や水辺でぬれた時ように予備があってもいいかもしれません。

● 洋服

季節にもよりますがパーカーなど羽織るものやジーンズは毎日変える必要はないでしょう。

● パジャマ

ホテルによってはパジャマがついていないこともあります。
ホテルページで確認できます。
また浴衣式の寝巻きが嫌な方も持参すべきでしょう。

● 水着

行き先によりますが海に入る予定がなくても、いざ見てみると、入りたくなることもあります!

● スリップ

女性で浴衣を着たとき胸元や下着ラインが気になる方はスリップを下に着ることがオススメです。

● ハンカチ/ティッシュ

旅行中の色んな場面で役立ちます。場所も取らないのでポケットティッシュは必須で持っているほうがよいでしょう。

● ウェットティッシュ

あるとなにかと便利です。

収納系

● クリアファイル

旅先では、なにかとパンフレットなどをもらうことが多く、それらを1つのファイルにまとめられて便利です。

● ピルケース

ピアスなど小物などを収納するのに便利です。

● 衣類圧縮袋

キャリーケースにしろ鞄にしろ、
もっともかさを取る衣類を圧縮できる袋は、とても重宝されます。

● ビニール/スーパー袋

濡れた物、洗濯するものを入れておく袋は必須。
袋は多めに持っているほうが良いでしょう。

● S字フック

移動中など壁に鞄をかけることができ、意外と使えます。

● 観光用のミニバッグ

ホテルに着いてキャリーケースをおき、観光にでるときに財布などをいれておくミニバッグです。
両手が空く鞄だと尚便利です。忘れやすいですが、これは要チェックです。
観光用のミニバッグ

● 小銭入れ

ちょっとホテルの部屋から出て売店で購入するときなど、クレジットカードなども入った財布を持たずに小銭入れだけで気軽に動けることは気持ち的にも楽になります。

洗面用具

● 化粧品

日常よりも写真を撮ることも多くなり得るのでばっちり決めている方が、より心から楽しめるという方も多いのではないでしょうか。

● 生理用品

近づいているときは必需品となります。

● 髭剃り/整髪料

化粧品と同じですね。身だしなみを整えて、より爽やかに観光を楽しめますね。

● 眼鏡・コンタクト(洗浄液も)

必要な人は絶対に忘れないように気をつけましょう。旅先の地をより鮮明に見るためにも必須です。
メガネ、コンタクト

● 歯ブラシ

大体のホテルにはついています。

● バスタオル・ハンドタオル・ボディタオル

大体のホテルにはついています。

● シャンプー

大体のホテルにはついています。

● トリートメント

これは女性などでお気に入りのものが使いたい方は小さいケースに入れて持って行きましょう。

各種乗り物用

● 耳栓/アイマスク

飛行機などで周りが騒がしいことがあるかもしれませんので、移動中、睡眠を取りたいという方には
オススメです。

アイマスクと耳栓

● 綿棒

耳のむずむずはいつくるか分かりません。旅行を最高のコンディションで楽しむために数本しのばせておいてもいいかもしれません。

● 常備薬、各種医薬品、酔い止めなど

酔止めを筆頭に各種自分に必要だと思う薬。旅中に異変を感じることもあるかもしれません。思わぬ食過ぎ等で胃薬は重宝されます。

● 折り畳み傘

天気予報を確認して、少しでも可能性があればもっているほうが安心です。旅行先でも購入可能ですが場所によっては周りにコンビニすらない場所もあります。

● 防寒具(カイロ、マフラー)

初めていく地域だと、夜は思ったより寒いこともあると思います。カイロは場所も取らずに便利です。

● 日焼け止め

海など想像以上に日差しが強い観光地は多いのでお忘れなく。
サングラスと日焼け止め

● サングラス

紫外線対策にはサングラスもよいです。

● 虫除け

自然にいくときは虫除けがあると安心です。

● ワイヤーロック

防犯の面で安心です。

● 髪留め

旅館などでお風呂上りに便利です。

● 筆記用具

何かとあると便利です。気づいたことを書く、ホテルで置きメモをするなど用途は多岐にわたります。

必須なもの、あれば便利なものを複数挙げました。分かっていても、いざとなると忘れがちなもの初めて知った使い方などもあったかと思います。

無駄なものもとにかく持って行けばよいというわけではないので、この中から自分に必要そうなものを選び、旅行の身支度をしてみてください。