厳しい冬に別れを告げ、北国にも春が訪れる5月。ゴールデンウイークを利用して北海道旅行に行く方も多いのではないでしょうか。そこで!5月の北海道を満喫すべく気温・服装・持ち物を徹底調査致しました。あなたの楽しい旅にお役立ていただけると幸いです。

本州に比べると気温は低いけど…確実に春!

5月の北海道は、だんだん気温が上昇し春らしくなってくる季節です。陽射しも強くなり、日中はポカポカ日和。気温は4月に比べると平均で5℃ほど高くなります。しかし、日によってはストーブを焚くほど肌寒かったり、逆に初夏らしく暑かったりと気温に差があるのが特徴です。
平均最低気温は北海道の全域で10度を超えることはなく、5月下旬から翌月上旬にかけては「リラ冷え」と呼ばれる北海道特有の肌寒さに見舞われることも珍しくありません。とくに釧路など道東では、平均気温が8.1℃とまだまだ寒いので、服装や持ち物に注意が必要です。
基本的に、5月の北海道では雪を気にする必要はありませんが、稀に異常気象で降ることも。スキー場によってはGWの終わりまでオープンしている所もあるので、雪が降る可能性が0%ではないことも頭に入れておくといいですね。
とは言え、5月の北海道は新緑が美しく、桜やツツジなど春の花が一斉に咲き始める華やかな季節。1日の平均日照時間も札幌で6.4時間、函館で6.2時間、釧路でも6.0時間と長くなるので、北海道旅行に魅力的なシーズンです。

・5月上旬の札幌市の気温

平均気温は12.7℃、一日の最高気温は17.4℃、最低気温は8.4℃です。2016年の5月1日の朝の気温は6.7℃、昼は8.1℃、夜は6.3℃でした。

・5月中旬の札幌市の気温

平均気温は14.8℃、一日の最高気温は20.0℃、最低気温は10.6℃です。2016年の5月15日の朝の気温は16.2℃、昼は18.0℃、夜は14.0℃でした。

・5月下旬の札幌市の気温

平均気温は17.1℃、一日の最高気温は23.1℃、最低気温は12.8℃です。2016年の5月31日の朝の気温は16.9℃、昼は17.8℃、夜は13.1℃でした。

・降水量

5月の降水量は札幌で53.1㎜ 、旭川で64.8㎜ 、函館で83.6㎜、釧路に関しては111.9㎜と春から秋口にかけて降水量が増える傾向にあります。

・晴天率

2016年の5月で一日のうちに雨が全く降らなかった日は、札幌で14日、函館で16日、釧路では12日でした。

・紫外線

北国の春とは言え、陽射しに強さを感じることがあります。屋外のスポットを中心に北海道旅行をする場合は、紫外線対策はしておくほうが無難です。

本州と同じ服装で大丈夫?必要な持ち物は?

・5月の北海道での服装

この季節の北海道は、日中の気温も上昇し冬場と比べるとかなり軽装で旅行が楽しめます。お天気が良ければ日中は上着なしでも快適に過ごせますが、朝晩は5月の下旬でも冷え込むことが多いので、薄手のコートやジャンバーなど羽織れるものは必需品です。夜に行動することがある場合は、インナーをもう一枚重ね着したりアウターをもう少し暖かいものにするなど、寒さに対応できる工夫も必要です。道東とオホーツク地域では、5月でも寒さが厳しい日も決して珍しくないので防寒対策はしっかりと!
女性の方でスカートやショートパンツをはく時は、生足はまだ寒いのでレギンスやストッキングを履くようにしましょう。足元は、北海道全域でサンダルはNG。パンプスやスニーカーなど、しっかり足を覆える靴がオススメです。
それでも5月になると、陽射しに強さを感じるようになります。北国の春でも絶対に焼きたくない方は、紫外線対策が必要です。
一口に「北海道」と言っても、広い北海道では地域により気温差が激しく、1周するとなると同じ服装ではいられません。訪れる地域の気温をこまめにチェックして、プラス1枚上に着るものを用意することがポイントです。

・北海道観光にあると便利な持ち物

5月になっても道東とオホーツク地域では、まだ手袋は欠かせません。函館や札幌でも夜景を見に行く予定のある方は、ポケットにカイロを忍ばせておくなど防寒対策が必要です。
また、この季節から降水量が増える道東では、雨具の準備は必須。急な雨に備えて、折りたたみ傘は用意しておきたいところです。

5月の北海道旅行!大自然に咲く春の花は見逃せない!

5月の北海道は、様々な春の花が見ごろになる季節。桜が開花する時期が一番遅い北海道でも、お花見シーズン真っ盛りになります。自分の住む地域の桜を楽しんで、北海道で再び桜を愛でる。いいですね~。
その他、紋別地方のチューリップ公園に咲く120万本のチューリップや、札幌市の木に指定されるライラックも見ごろを迎えるので、お見逃しなく!