梅雨のない北海道は、6月は北海道旅行に絶好のシーズンです。北海道全域が色あざやかに咲く花と新緑に包まれる春の北海道が満喫できます。気温に合った服装や持ち物を準備して、夏の支度を始める北海道を旅しませんか。

6月は春特有の梅雨の季節!北海道の気候は?

本州の6月といえばジメジメとした梅雨の季節ですが、北海道には梅雨がありません。道東以外は降水量が低く晴れ間が続くので観光には最適な時期と言えます。。しかし!道東方面では、本州のような本格的な梅雨ではありませんが、蝦夷梅雨という北海道ならではの梅雨みたいなものが2週間ほど続くことがあります。
この時期気温は春から夏に向けて一気に上昇。日中は日が出てとても暖かくなり、30℃を超える夏日になることもあります。一方、朝晩は冷え込むことが多くなるのが特徴です。とくに6月上旬は、リラ冷えといって寒の戻りがあるので服装や持ち物に注意が必要です。
とは言え、梅雨のない6月の北海道はカラッと気持ちのいい気候。地域によって気温の違いはあるものの、本格的な夏が始まる前の北海道が楽しめます。一日の平均日照時間は札幌で6.2時間、函館で5.7時間、釧路で4.3時間です。

6月の札幌市の平均気温は16.7℃ 。例年の6月の最高気温は21.5℃、最低気温は12.9℃です。気温的には、本州の5月の気温より1℃~2℃低いので、本州から訪れると少し肌寒かったり涼しく感じるかもしれません。ちなみに函館の最低気温は12.1℃、旭川は11.6℃、釧路においては9.0℃と一桁の気温です。

・6月上旬の札幌市の気温

平均気温は27.1℃、一日の平均最高気温は29.9℃、最低気温は25.1℃です。2016年の6月1日の朝の気温は12.3℃、昼は11.9℃、夜は9.7℃でした。

・6月中旬の札幌市の気温

平均気温は28.3℃、一日の平均最高気温は30.5℃、最低気温は26.5℃です。2016年の6月15日の朝の気温は17.9℃、昼は19.3℃、夜は16.0℃でした。

・6月下旬の札幌市の気温

平均気温は29.8℃、一日の平均最高気温は32.5℃、最低気温は27.6℃です。2016年の6月30日の朝の気温は22.4℃、昼は26.9℃、夜は22.0℃でした。

・降水量

札幌で46.8㎜ 、旭川で63.6㎜ 、函館で72.9㎜、この時期他の地域より降水量が多くなる釧路では107.7㎜ です。

・晴天率

2016年の6月で一日のうちでまったく雨が降らなかったのは、札幌で10日、函館で10日、釧路で8日でした。

・紫外線

肌の露出もしやすくなるシーズンなので紫外線対策は必須です。

完璧な服装と持ち物で失敗のない北海道旅行に!

・6月の北海道での服装

本州では初夏の気温になる6月。北海道の内陸部では半袖でも大丈夫な日もありますが、朝晩はまだ肌寒さを感じることがあります。パーカー、カーディガン、ジャケットなど、脱ぎ着しやすく調節できる羽織るものがあると便利です。道東は、海沿いを中心に肌寒い日もあるので厚めのカーディガンや薄手のコートを持参したいところ。オホーツク地域もカーディガンやセーター、トレーナーが必要です。
この時期の子どもの服装は、肌着を合わせることがポイント!厚着をさせすぎて汗をかいて風邪を引かせてしまった…なんて最悪のことを考えると着込ませるのも考えもの。長袖にタンクトップや半袖の肌着を合わせ、寒ければナイロンパーカーを合わせるぐらいで丁度よいではないでしょうか。この時期は、全般的に小さくたためるようなアウター、ジャケット、ストールがあると重宝します。アウターは春用のコートで十分です。
地域によっては風や湿度によって体感温度がより低く感じる事があります。本州の春の気温と同じように考えて、薄着で失敗…なんてことにならないように、訪れる地域の気温はしっかり把握しておきましょう。

・6月の北海道であると便利な持ち物

春とは言え、屋外での活動が多い方は紫外線対策が必要!帽子・サングラスは必需品です。女性の方で日傘をさす方は、急な雨にも対応できる晴雨兼用の傘がおすすめです。

6月!北海道が熱くなるイベント目白押し!

大通公園を中心に開催される「YOSAKOIソーラン祭り」は、初夏の札幌を代表するイベントです。高知県のよさこい祭りの鳴子と、北海道民謡ソーラン節を合わせた演舞。各チームが一丸となって踊る姿に熱くなりますよ。せっかくの北海道旅行なら、札幌市内が踊りに包まれるイベントで盛り上がっちゃおう!