ツアーなど旅行の日程が決まっている場合、天気予報で出発日に台風が近づいてきていることを知り慌てることもあります。特に沖縄は台風が多く上陸する地域。ここでは、旅行の出発直前で慌てないように、飛行機の欠航など悪天候で旅行の予定に変更が起こる場合の対処法を説明します。
突然の天候悪化は旅行でよくあること

悪天候で飛行機が欠航になった場合

悪天候とは、台風などの大雨・暴風以外にも、吹雪や霧などさまざまな気象状態を言います。これら気象条件の不可抗力によって欠航になることがあるのでご注意ください。

CHECK!

往路便(行きの便)欠航の場合

往路便が欠航になったら、沖縄旅行そのものをキャンセルする場合と、振替便で沖縄現地に向かう場合の2つの選択肢があります。

[旅行をキャンセルする]

● 旅行会社を窓口にしたパッケージツアーの場合、飛行機の欠航が出たらキャンセルが認められ全額返金されるケースがほとんどです。
★J-TRIPでお申し込みいただいたツアーも、利用するJAL便が欠航になり旅行がキャンセルになりましたらホテル代金などを含むツアー料金全額を返金いたします。

● 直接航空会社に飛行機を予約していた場合でも、キャンセルの際は全額返金されます。
ただしLCCは会社や状況によって全額返金にならない場合もありますので確認が必要です。
返金時の手数料はお客様負担になることもありますのでご注意ください。

[他の便で行く]

欠航した予約便以外の希望の便(翌日でも可能)に空席があれば、無料で振替え手続きをすることができます。電話やインターネットでチェックした際に空席がなくても、空港カウンターで空席待ちの申し込みをしておけば、当日のキャンセルが出れば搭乗することもできます。空席待ちの申し込みは空港カウンターでのみ受け付けていますので、予約便は欠航になってしまったが何としてでも沖縄に行きたいという人は、とにかく空港に向かうことをおすすめします。カウンターで遅延・欠航となった便の予約が確認できるものを提示して、振替便の申し込みをしましょう。

欠航時対応方法のフローチャート
悪天には適切な対応を

CHECK!

復路便(帰りの便)欠航の場合

すでに沖縄に居て、帰りの予約便が欠航になってしまった場合は、往路と違ってとにかく帰らなければいけない状況です。他の便に振替えて帰るという方法しかないので、航空会社に直接振替えの手続きを行います。空席がなく翌日の便になった場合は、沖縄での追加宿泊費用はお客様負担となるケースが多く、旅行会社に問い合わせ、ホテルの紹介をしてもらいましょう。ただし、パッケージツアー販売会社に紹介してもらうとホテルのみの取り扱いは割高になってしまうこともあり、じゃらんなどのホテル予約サービスを利用する方が安くなることも多いようです。

しかし逆に、ホテル予約サービスでは空いていなかったホテルでも、旅行会社経由で手配すると予約ができるという可能性もあるので、両社に問い合わせ慎重に検討する方が良いでしょう。

予約便欠航時の次便が満席の場合、原則的には「空席のある便が出るまで沖縄で待機」しなければなりません。一番早い空席のある便を提示してくれますが、そのときの状況によりそれがいつになるかは分かりません。臨時便が設定されることもあり、何日も沖縄に待機しなければいけないというケースはほとんどありませんのでご安心を!
※往路同様、空席待ちの手続きは空港カウンターでのみ受け付けています。
※振替え時に予約便よりも料金が高い飛行機になった場合でも、往路・復路いずれも差額分の支払いは生じません。逆に、予約便よりも料金が安くなった場合、JALやANAなど航空会社によっては差額を返金してくれることもあります。

フローチャート(復路の場合)
条件付きとは、現段階ではまだ欠航にはなっていないが台風接近などで当日欠航になる可能性があるということで、ご自身の判断でキャンセル(全額返金)することが可能です。
搭乗の二日前に条件付きが出たら、その時点でキャンセルすることもできますし、当日まで待ってキャンセルすることも可能。どちらでも全額返金になります。

機材故障などが原因で遅延する場合

最後に、台風などの悪天候による欠航とは違うパターンを説明します。機材故障が原因で旅行会社などに起因する遅延の場合も、基本的な対応は悪天候時と同様です。「連帯運送契約締結会社」という設定がある旅行会社だと、他社便での振替えも可能になります。または飛行機以外の他定期交通機関への変更になる場合もあります。
対応が変わり得るので、遅延の原因がなになのかも
しっかりと確認しておきましょう。

Point!

予約便が欠航になっているかの確認方法

各航空会社のHPで確認ができます。JALの場合、HPの「発着案内」または「欠航・遅延便検索」画面にて、予約便の備考欄に「*」マークが表示されていることをご確認ください。「*」がついている便は、欠航便・30分以上の出発遅延便・天候調査中の便・条件付きで運航中の便です。
URL:http://www.jal.co.jp/cms/other/ja/weather_info_dom.html
その他各航空会社でも公式サイトに運行状況を確認できるページがあります。
各種航空会社の問い合わせ先

POINT!

注意しなければいけないこと

台風が近づいている場合でも、独自の判断でキャンセルをしてしまうと、規定のキャンセルチャージが発生します。飛行機は少しでもフライトの安全に支障を来すと判断する場合は欠航となりますので、台風の接近などによる欠航の可能性が高い場合は1~3日前ぐらいから条件付きを出すことが多いようです。

上記を参考に、台風接近などの悪天候の予報が出ても慌てずに振替など冷静に対応しましょう。