* *

服装・持ち物服装・持ち物

SMART TIME

3月の沖縄はあったかい春!
旅行にぴったりの服装&気候は?

3月の沖縄は、暑くもなく寒くもなく過ごしやすい季節。春休みを利用した友達との旅行や家族旅行にもオススメの季節ですが、つい服装や持ち物に油断してしまう季節でもあります。気温や天候に対応できる服装・持ち物をしっかり準備して、南国沖縄の春を満喫しましょう。

ライター : 編集部

2017.10.06

春の気温で沖縄旅行に最適!離島では早くも海開きが…

本州では3月と言えばやっと春を迎える季節。地方によってはまだ雪が残っているところもあります。沖縄の3月は本州よりも一足早く春たけなわを迎え、お天気が安定して温暖な日が多くなります。この時期の最高気温は21.7℃、平均気温は18.9℃です。だいたい本州の4月中旬から下旬くらいの気候になりますが、最低気温は16.5度と天候によってはまだ肌寒さを感じる場合があります。一方、陽射日しは日を追うごとに強まり、晴れていれば日焼け対策も必要になってきます。一日の平均日照時間も3.4時間と長くなるので、観光はもちろんアクティブにレジャーを楽しむのもオススメです。一足早く海開きを迎える石垣島や宮古島では、海遊びも楽しめます。

・3月上旬の気温

平均気温は18.9℃、1日の最高気温は平均21.9℃、最低気温は16.3℃です。2016年の3月1日の朝の気温は13.6℃、昼は15.5℃、夜は14.8℃でした。

・3月中旬の気温

平均気温は19.0℃、1日の最高気温は平均21.4℃、最低気温は17.0℃です。2016年3月15の朝の気温は16.1℃、昼は18.8℃、夜は17.3℃でした。

・3月下旬の気温

平均気温は18.3℃、1日の最高気温は平均20.8℃、最低気温は15.9℃です。2016年3月31日の朝の気温は20.7℃、昼は23.5℃、夜は22.2℃でした。

・紫外線

この季節の沖縄は、日を追うごとに陽射しが強くなります。晴れている日はしっかり紫外線対策をしておきたいところです。とくに海辺やショッピング中は“うっかり日焼け”にご注意を!

・降水量

3月の沖縄の降水量は161.4ミリと1月や2月に比べて多くなりがちです。長い時間降るというよりは短時間で集中するゲリラ豪雨的なものなので、観光に出る場合でも、それほど心配する必要はなさそうです。

3月の沖縄は、一年を通して過ごしやすい季節と言えますが、天気の良い日はドライブ中の車内にもキツイ陽射しが差し込みます。日焼け対策にプラスして熱中症にも注意が必要になります。こまめな水分補給を心がけて、快適な沖縄旅行を楽しみましょう。

春の沖縄!天候や気温に対応できる服装がポイント!

一年を通してもっとも過ごしやすい3月の沖縄は、冬のような寒さはなく、夏のような暑さもなく、季節の移り変わりを肌で感じとれる季節です。夏に向かって気温は上がり始め、日中は暑さを感じることも。冬用の服装を準備する必要はなく、暑がりさんは半袖で過ごしても問題ありません。ただ、朝晩は寒さを感じることもあるのでパーカーやカーディガンなどの羽織れるものの準備は必要です。気温が低下している時は寒さしのぎに、気温が上がって陽射しが強い時は日よけとして重宝してくれます。半袖でもOKとはいえ、アウトドアや森林散策をする場合の肌出しはNG!ケガや虫さされを予防するためにも、なるべく肌を出さない服装を心がけましょう。露出部分がある場合は、虫さされ対策として虫よけスプレーをお忘れなく。
子どもの服装選びのポイントとしては、日中はちょっと動いただけで汗をかくので、吸汗性・速乾性のあるものを。朝晩の冷え込みを考えて長袖のトップスも準備しておきましょう。
この季節の沖縄では、帽子やサングラスなどの紫外線対策グッズは必須アイテム。一足おさきに海で遊びたい方は、マリンシューズやゴム製のクツを用意しておくのもいいですね。長時間海で遊ぶ場合は、ウェットスーツの着用もオススメです。
3月の沖縄へは、天候や気温の変化に対応できるような服装で訪れるのが、沖縄旅行を楽しむカギになります。もう温かいだろうと油断することなく準備するのが無難です。

3月でもまだ間に合う!貴重な体験を沖縄の雄大な海で!

この季節、春休みを利用した家族旅行で沖縄へ訪れる方も多いはず!そこでオススメしたいのが、ホエールウォッチング。3月は、まだザトウクジラの親子と遭遇できる確率も高いので狙い目です。至近距離から見る鯨のパフォーマンス。子どもはもちろん、大人の心にも残る感動のシーンに出合えること間違いなしです。

ツアー検索

記事検索

ツアー検索