* *

服装・持ち物服装・持ち物

SMART TIME

夏本番!8月の福岡旅行に
欠かせない服装&気温の豆知識

8月といえば、朝からセミの鳴き声で目覚める時期。そして、天気の良い日にはジリジリと太陽の陽射しが体を焼き付けてきます。昔に比べると気温も上昇し、異常的な暑さとなる日も…。そんな時期に、福岡旅行へ出かける際、一体どのような服装をしていけば理想的なのか、必須な持ち物は何!?皆さんが気になっている点に注目し、お伝えしたいと思います。

fukuoka

提供:福岡市

ライター : 編集部

2017.12.14

8月の福岡は、体にダメージを与えるような暑さの日も!

8月になると、暑さも本格的になり、日中外で過ごすのが苦痛になってしまう時期でもあります。しかし福岡旅行の際、海水浴やプールで思いっきり遊ぶという人も少ないのでは!?その時に気を付けてほしいことは「熱中症」気分が悪くなったり、フラフラし始めた頃にはもう遅いことが多く、緊急で病院に搬送される人も少なくありません。「大丈夫!」と思わず、こまめに水分をとったり、涼しい場所で休憩したりして上手に遊ぶことが大事。そんな8月・福岡の平均気温は29.5℃、一日の最高気温は平均33.8℃、最低気温は26.4℃でした。

・8月上旬の気温

平均気温は30.7℃、一日の最高気温は平均35.0℃、最低気温は27.5℃です。
2017年8月1日朝の気温は29.7℃、昼は32.9℃、夜は29.8℃でした。

・8月中旬の気温

平均気温は28.5℃、一日の最高気温は平均32.7℃、最低気温は25.7℃です。
2017年8月15日朝の気温は27.0℃、昼は30.8℃、夜は27.7℃でした。

・8月下旬の気温

平均気温は29.2℃、一日の最高気温は平均33.6℃、最低気温は26.1℃です。
2017年8月31日朝の気温は27.0℃、昼は30.1℃。夜は26.6℃でした。

・降水量

2017年の8月は95.5㎜。さほど多くない結果になっていますが、台風や異常気象によって大きく変わってくると思っておきましょう。

・紫外線

非常に強い時期となります。しっかり日焼け止めを塗り、日傘等で対策していても、多少は焼けてしまう程!外でのレジャーの際は、充分な注意が必要です。

・台風

2017年の8月6日に強い勢力の「台風5号」が九州に上陸しています。先月の「九州北部豪雨」から約1か月で、まだまだ復旧作業が続いている中での
台風だったので心配されましたが、降水量も0㎜と福岡への直接的な影響はなかったようです。しかし、この台風の影響で“フェーン現象”が続き、福岡県・糸島市前原で観測史上最高の38.9℃という猛烈な暑さを記録しました。

8月の福岡旅行で最適な服装・持ち物はコレだ!

外では、お構いなしに日中にかけて気温も上昇しますが、室内ではエアコンがしっかり効いているので、体温調節が難しい時期となります。
半袖あるいはノースリーブのトップスで過ごす方も多いと思いますが、特に女性を中心に日焼けを気にしているはず!という事と、エアコン対策を兼ねて薄手の羽織りものは必須アイテムといえるでしょう。そして、汗をかいてしまった際、すぐに拭けるようにスポーツタオル、せめてタオルハンカチはカバンに入れておくべき!また、帽子をかぶっておくことも大事!スポーティーにキャップを着用、あるいは、つばの広い“女優帽”とも呼ばれるハットや、見るからに涼しげな麦わら帽子をお洒落アイテムに取り入れると、暑さも若干しのげて一石二鳥!そして、夏の強い日差しにより「目」も日焼けしてしまうので、サングラスがあれば着用しましょう。8月は足元もトコトン夏らしく、サンダルでOKです♪

子供たちの服装は半袖・半パン、女の子ならワンピースなどを着用させ、汗をかいたらこまめに拭いてあげたり、着替えさせれば、よりGOOD!まだ小さな赤ちゃんは、肌着の着替えを必ず持ち歩き、自分で体温調節が出来ないので、涼しい室内に入った際には、綿など涼しい素材のタオルケットをかけてあげましょう。綿や麻、サマーニットなど素材でお洒落を楽しむのも良いかと思います♪

この時期は持ち物として飲み物も必要です。観光を楽しんでいると、つい水分補給を忘れがちになりますが、こまめに水やお茶、ジュースでもいいので摂取しておきましょう。旅行先という事で、日中からお酒を飲む人もいるかと思いますが、アルコールは水分補給にならないので、注意が必要です。

8月の福岡は魅力的なものが満載!

夏のイベントとして代表的なのが「花火大会」。福岡の各地で大型花火大会が毎年開催されています。その中でも九州最大といわれる「西日本大濠花火大会」や、関門海峡で行われる西日本屈指の花火大会「関門海峡花火大会」は見ものです。また、旬な食べ物として「ヤリイカ」があります。刺身や天ぷらはもちろん、福岡では鮮度抜群なまま「活きづくり」として味わえますよ。服装や持ち物に注意して、思う存分楽しい福岡旅行を満喫してみてはいかがでしょう。

ツアー検索

記事検索

ツアー検索