出発地

名古屋発名古屋空港

    • ツアー条件を絞り込む
      • 2日間
      • 3日間
      • 4日間
      • 5日間
      • 1名1室(指定なし)
      • 2名1室(指定なし)
      • 2名1室(ツイン)
      • 2名1室(セミダブル)
      • 2名1室(ダブル)
      • 3名1室
      • 4名1室
      • 5名以上1室

    アニメ・マンガの聖地へGO

    長崎県|聖地巡礼旅行

    格安フリープラン旅行掲載

    【聖地巡礼・長崎県】が聖地のアニメ/色づく世界の明日から、Fate/stay night、ばらかもん、坂道のアポロン


    長崎県の歴史ある街並みをモチーフにした作品を紹介。こちらでは聖地巡礼と楽しみたい人におすすめの格安ツアーを紹介しております。

    長崎県・聖地巡礼

    異国情緒ある街並み

    異国情緒ある街並みイメージ

    江戸時代には唯一の国際貿易港をもつ港町であった長崎は、スペインやポルトガル、中国といった国々の影響を受け、異国情緒あふれる街並みとなっています。赴きある建物や街並みはマンガ・アニメの舞台として取り上げられています。

    羽田空港(東京)から長崎空港まで約2時間、長崎空港から長崎市内までは約50分、佐世保まで約2時間となります。
    歴史を感じる長崎で、聖地を巡ってみませんか。

    「色づく世界の明日から」
    長崎県長崎市

    「色づく世界の明日から」<br />
長崎県長崎市イメージ

    長崎市内の各所にモデルとなった場所があります。
    グラバー園や眼鏡橋の他、女神大橋、伊王島灯台など、作中にも度々登場する路面電車に乗って散策するのが良いですね。
    瞳美の滞在先となった家のモデルである森の魔女カフェは事前予約が必要です。
    【アクセス】
    長崎空港から電車で約50分

    「Fate/stay night」
    長崎県長崎市

    「Fate/stay night」<br />
長崎県長崎市イメージ

    Fate/stay nightの聖地といえば神戸が有名ですが、長崎県長崎市にある大浦天主堂は、2017年から映画化されたFate/stay night [Heaven’s Feel]でも登場する言峰教会の外観モデルとなった建物があります。
    大浦天主堂は世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に登録されるカトリックの教会堂であり、日本に現存するキリスト教建築物の中で一番古い建物です。
    【アクセス】
    ・バスで
    JR長崎駅から最寄りのバス停「グラバー園入口」まで約10分そこから徒歩5分ほど
    ・路面電車で
    長崎駅前東口から大浦天主堂下まで約15分そこから徒歩5分ほど

    「坂道のアポロン」
    長崎県佐世保市

    「坂道のアポロン」<br />
長崎県佐世保市イメージ

    坂道のアポロンは長崎県佐世保市が舞台の青春ジャズアニメです。
    主人公が通う佐世保東高校のモデルとなった佐世保北高校や、三浦カトリック教会、鹿子前海水浴場などアニメと同じように佐世保の街を歩いてみるのはいかがでしょうか。
    佐世保市の南部には日本一広いテーマパークであるハウステンボスがあります。聖地巡礼と一緒にハウステンボスで非日常感を楽しむのも良いですね。

    【アクセス】
    長崎空港から佐世保市まで車で約2時間

    「ばらかもん」
    長崎県五島列島

    「ばらかもん」<br />
長崎県五島列島イメージ

    ばらかもんは長崎県五島列島の島が舞台となった作品で、モデルは福江島と言われています。
    主人公が最初に降り立つ福江空港や倭寇漁港など、様々な福江島の風景がマンガやアニメで描写されています。
    主人公の暮らしを感じてみませんか。
    【アクセス】
    長崎港から高速船(ジェットフォイル)で約85分、フェリーで約3時間10分

    TOUR LINEUPツアーラインナップ

    現在1件のプランがあります

    飛行機+ホテルでお得に聖地巡礼

    長崎フリープラン|長崎県|

    長崎フリープランイメージ

    聖地巡礼で行く長崎旅行・長崎ツアーなら、長崎空港へのJALグループの往復飛行機とホテルをまとめて予約できる格安パッケージツアーがおすすめ。
    佐世保や五島列島など長崎には聖地がいっぱい!長崎県全域のホテルから予定にあわせて1泊ずつ選べます。

    ツアー情報なし(ツアー販売終了 他のプランでお探しください。)

    < 聖地巡礼旅行TOPへ戻る

    このページをシェアする