* menu
閉じる

グルメグルメ

日本の海産物が集まる築地
素材重視の場外グルメ

writer : ハタレイコ

2016.01.19

築地市場
東京中央卸売市場のひとつである築地市場は、水産物の取扱量が
国内最大級。世界でも屈指の水産物市場です。
隣接する築地「場外」市場は、鮮魚に加えて他の食材や調理道具など、食に関するものが何でも揃う食のパラダイス。買い物客のための飲食店も110店以上あるとか。せっかくの築地観光、新鮮な魚介類をいただきたい!真っ先に思いつくのがお寿司ですが、もっと気軽に築地の“旨いもの”をいただけるランチ処をご紹介します。

海産物の宝庫から届く海鮮ランチ

新大橋通り沿いのアーケード、もんぜき通りは気軽に築地の味が楽しめると大人気。海鮮といえばまぐろ丼の「瀬川」。そのづけまぐろの美味しさといったらもう素晴らしいのひと言。ただし朝8時からの営業で売り切れ仕舞いなので、ぜひ早起きしてお出かけください。
海鮮丼アップ

メディアにも多数取り上げられた名物丼

次にご紹介したいのが、晴海通り沿いの地下にある「刺身Bar 河岸頭」。
場内で鍛えた目利きで、築地ならではの珍魚やお値打ちの魚介をコースでいただけるお店ですが、ランチタイムには海鮮丼なども楽しめます。ぜひトライしたいのが「築地場外丼」。
築地場外丼

二段仕立てのボリューム丼に注目!

それだけでも十分過ぎる海鮮丼の下に、海鮮ちらしの丼の二段仕立て。3,000円というお値段ですが、そのボリュームと新鮮な魚介類のクオリティに満足すること間違いなしです!

穴子の美味しさを知り尽くした仲卸が経営する穴子店

つきじ芳野
ばかしあい
「つきじ芳野 吉弥」では、ふっくらとした江戸前の煮穴子と、穴子を炙ってうなぎ風に仕立てた「ばかし」の2つの味が楽しめます。おすすめはこの2種類を贅沢にのせた「ばかしあい」2,100円。山椒の佃煮と大葉の香りが穴子の美味しさをさらに引き立てます。

追加でぜひ注文してほしい逸品!

ぐるぐる
追加でぜひ注文してほしいのは「ぐるぐる」550円。穴子を下ろす時に出るヒレを串にしたという、仲卸直営だからこそ食べられる珍味です!

麺好きにおすすめの人気ランチスポット

場外の人気ランチはごはんものばかりではありません。小エビや鱧の天ぷらを乗せた「虎杖 裏店」のカレーうどんなど、築地場外ならではの海鮮が楽しめる麺処も多数あるんですよ。
長生庵

朝7時から蕎麦と揚げたて天ぷらが楽しめる

付けかき揚げせいろ
晴海通りから路地を入った処にある「長生庵」は、ひっきりなしにお客が訪れる場外でも人気のお店。隠れた人気メニューの「付けかき揚げせいろ」1,150円は、小エビ、ナスなどが入った大きな揚げたてのかき揚げが、熱い濃いめのだしに入っています。

打ち立ての蕎麦は、味よし香りよし!

毎日店内で打つお蕎麦も美味しく、あっという間に完食すること間違いなし。他に付けカレー蕎麦も人気です。朝から飲んでいるお客も多くアットホームな雰囲気も人気の秘密。12時からは混むので早めの来店を。
スパゲティランチ
店内
予約が取れない人気イタリアンのボリュームランチ!
海産物を多く使う南イタリア料理の「トラットリア・築地パラディーゾ」は、ランチ営業中も行列が切れないほどの人気店。ランチメニューは5種類980円〜。
一番人気の「本日の貝類とチェリートマトのリングイーネ」(+500円)は、市場から仕入れた貝類をふんだんに使った豪快な一品です。凝縮した貝類の旨味が太めのパスタに絡んで美味しさの極み!付け合わせのサラダも一人前?と聞き返すほどの満足ランチ、おすすめですよ!

スマートポイント

  • 場外市場の総合案内所「情報市場ぷらっと築地」では、8時〜14時まで案内カウンターがオープン(日・祝は10時〜)。ほかにも、コインロッカーや休憩所(朝6時オープン)など嬉しいサービスも。→
    http://www.tsukiji.or.jp/walk/plattsukiji
  • 仲卸芳野の穴子は2016年からお取り寄せが可能に!ご家庭でも楽しめ、東京土産にもぴったりですね。取り寄せ方法など詳しくは芳野のHPをチェックしてみて。http://tsukijiyoshino.com
  • パラディーゾのランチは、朝10時30分から受付開始。まず、10時30分に店頭で名前を書いてから、場外にお買い物に行き、開店時間の11時に戻ってくるのがスマートです。

ライターのおすすめ

店も多いが人もべらぼうに多い築地。午後14時を過ぎるとだんだん空いてきますが、同時にお店も閉まる。東京観光で築地を楽しむなら、早め早めの行動を心がけて。ご紹介したお店はテーブル席もありファミリーOKです。

ハタレイコ

九州出身、食いしん坊部屋。美味しい食べ物とお酒が欠かせない性分のPRコーディネーター。日本の伝統文化に興味があり、少しずつ歴史ある街の散策を始めている。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索