* *

日本科学未来館

お台場で現在進行形の先端科学に
触れられる「日本科学未来館」!

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」より徒歩4分。宇宙飛行士の毛利衛さんが館長を務める「日本科学未来館」は、宇宙や未来の暮らしに関する展示を見て触れて、楽しく語らう場。近未来映画のような展示が次々出てくるので、子どもも大人も夢中になってしまいます。中でも、地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」、ドームシアターガイアの3D映像、ヒューマノイドロボットASIMOの実演は必見。日々進歩していく科学技術が自分達の生活にどう影響するのか、もしくは科学技術をどう使っていけばよいのかを考えさせられます。未来を担う子ども達には、是非訪れて欲しい場所です。

Point1

驚きの宇宙空間が体験できる!

「日本科学未来館」の目玉といってもいい、全天周立体視映像が楽しめる「ドームシアターガイア」。ここで上映されるのは、第一線の研究者が科学データに基づいて描き出した世界。研究者たちが見ている最先端の宇宙像などが3Dで体験できるのです。デートスポットとしても人気の高い場所ですが、112席しかないので早目の予約をお勧めします。(事前予約はWEB、当日予約はチケットブースにて先着順、入場料+300円要)

Point2

ロボットたちに会いに行こう!

近い将来、ロボットとの共同生活が普通になるかもしれません。「日本科学未来館」に行くと、それを感じることでしょう。「ロボットとくらし」ではヒューマノイドロボット「ASIMO」が未来館の科学コミュニケーターとして登場。観客を前に話しながら、走ったり、バランスをとったりして、人間に近い動きを見せてくれます。また、セラピー用のアザラシ型ロボット「パロ」にも会えます。頭をなでるとつぶらな瞳が動き、かわいい声に癒されます。「技術はここまできたか…」と感心させられますよ。

Point3

ランチタイムも未来気分!

「日本科学未来館」5Fには、ここでしか味わえないユニークな「ミライカンカフェ」があり、ここでのデートの時に役立ちます。高さが全然違うテーブルや椅子、地球や宇宙に引っ掛けたネーミングのメニュー「地球ソーダ」や「コスモツイスター(スイーツ)」など、好奇心をそそるオリジナルメニューが続々登場!また、7Fには展望レストラン「ミライカンキッチン」があります。セルフサービス形式でプレートランチやスイーツなどがあり、眺めもいいのでデートにお勧めです!

スポット詳細

住所 東京都江東区青海2-3-6
営業時間 10:00~17:00(入館券の購入は閉館30分前まで)
定休日 火曜日(火曜日が祝日の場合は開館)
年末年始(12月28日~1月1日)
※春・夏・冬休み期間等は火曜日開館する場合有り。
料金 大人 620円
18歳以下 210円
※6歳以下の未就学児は無料
※土曜日は18歳以下無料(企画展等を除く)
※企画展等、別料金の場合有り。
TEL 03-3570-9151
駐車場 あり
駐車料金 310円(1時間)
※以後30分毎100円
参考URL HP : http://www.miraikan.jst.go.jp/

アクセス

公共交通機関 新交通ゆりかもめ船の科学館駅から徒歩5分 
新交通ゆりかもめテレコムセンター駅から徒歩4分 
りんかい線東京テレポート駅から徒歩15分 (タクシー約5分 約660円~730円)

Google MAPで見る

ツアー検索

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索