たくさんのアジサイ
雨の似合う京都、梅雨の時期を美しく彩る紫陽花。京都でもっとも紫陽花が有名なお寺といえば宇治市の三室戸寺。5千坪の大庭園に咲く紫陽花は、毎年6月上旬に見ごろを迎え、7月上旬くらいまで楽しめます。
三室戸寺の広大な庭園を可愛らしくも幻想的に彩る紫陽花は、京都を縦断する私鉄電車の京阪電車のポスターに毎年のように登場し、京都を代表する紫陽花スポットとなっています。

三室戸寺とは?

宇治市にある三室戸寺は、寺奥の岩淵より出現した千手観音菩薩を本尊として、光仁天皇の勅願により約1,200年前(宝亀元年)に建立。山号は明星山。西国観音霊場10番の札所に数えられている名刹です。
赤い建造物
西に十八神社、東に三重塔を擁して、山を背にして本堂が建つ三室戸寺。
周辺の建物
三重塔
京都市内から電車で1時間ほどの距離にありますが、四季に応じた花が咲き、花の寺と呼ばれ、花の間を行き交う可愛い虫の姿も多く、自然が豊かなのが特徴です。
花と虫
アジサイとバッタ

1万株の紫陽花

花の寺の別名で知られる三室戸寺でも、特に有名なのは紫陽花。
青いアジサイ
本堂下の庭園に広がる紫陽花の数は1万株以上。
一万株以上の花
斜面に沿って様々な色の紫陽花が咲き誇る姿は、まるで別世界のように美しく、訪れる人々を魅了します。
咲き誇るアジサイ

珍しい品種の紫陽花

三室戸寺の紫陽花は、1万株という本数の多さが特筆されることが多いのですが、紫陽花の品種が多いことでも有名です。
変わった品種
変わった色のアジサイ
西洋アジサイ、額あじさい、柏葉アジサイ、など、およそ50種の紫陽花が一堂に会し、多くの人の目を楽しませています。
50種以上のアジサイ
キレイな花
また、三室戸寺の紫陽花と言えば、本数の多さと品種の多彩さに加えて、ハート型の紫陽花が話題になっています。
キレイな色のアジサイ
人工的に成形したわけではなく、花の形が変化し、自然とハート型になった紫陽花は、見つけると幸せな気分になれると、ここ数年話題になっています。
ハート型のアジサイ

紫陽花以外の花々

三室戸寺は、あじさい寺とも呼ばれるほどに紫陽花が有名なお寺ですが、三室戸寺は5月には2万株のツツジ、紫陽花と同じ5月下旬~6月には、花菖蒲が咲きます。
花菖蒲
また、7月には本堂前に植えられたハスの花が咲き、花の寺としても有名です。
ハスの花
さらに秋には、池を取り囲んで色づく紅葉も見事で四季を通し、美しさが溢れ、1年を通して多くの観光客が訪れる寺となっています。
庭園看板

境内にいるちょっと変わった動物たち

花の寺、あじさい寺として有名な三室戸寺ですが、境内を見渡すと、少し風変わりな動物の石像があります。

本堂へと続く階段を上った先に、まず現れるのが宇賀神と呼ばれる像。
宇賀神像
とぐろを巻く蛇の体に、福相な顔の老翁の頭という奇妙な姿の宇賀神は、実は幸福と金運の神様。耳をさわれば福が、髭をさわると健康長寿、しっぽをさわれば金運が身に付くと言われています。

また本堂の前には、狛牛と狛兎の石像が向かい合って鎮座しています。
牛の像
狛牛は口の中の石の玉を撫でると勝運を授かるとされており、狛兎は手に持った球の中の卵を立たせられると、運気アップと足腰健全にご利益があるとされています。
魅力ある寺院
訪れる人に運気をもたらしてくれる、ちょっと変わった動物が参拝客を出迎えてくれるのも、三室戸寺の魅力となっています。

スマートポイント

品種、本数ともに見事な紫陽花が有名な三室戸寺の庭園。四季の花もそれぞれ美しく、あじさい寺、花の寺と呼ばれています。

花の形は、日によって変化し、どこにハート型の紫陽花があるかは、誰にも分りません。宝探しのように探してみてください。

本堂前のユニークな石像は、縁起の良いエピソードのある物ばかり。三室戸寺を訪れたなら、紫陽花を見るだけでなく、運気もアップさせてお帰りください。

J-TRIP関西ツアー
ライターアイコン

ライターのオススメ

京都市内から電車で1時間ほどの三室戸寺は、紫陽花だけでなく、周辺を山に囲まれ、自然が豊かなので、落ち着いた雰囲気を味わうのにも最高のスポットです。

Writer : けいたろう

執筆記事一覧>>

大阪在住のフードアナリスト。足を使って関西中の美味しい食べ物情報を探し出し配信します。お楽しみに!

新着記事 一覧を見る>> 記事ランキング 旅行のマニュアル 旅行のマニュアルおすすめ記事 人気の関西定番観光スポット 定番スポット一覧を見る>> 関西のおすすめグルメ グルメ記事の一覧を見る>> おすすめ特集記事 特集記事一覧を見る>> 人気のキーワード 一覧を見る>>
関西ツアーを探す 関西フリープラン 関西ファミリープラン 関西カップルプラン