出発地

    • ツアー条件を絞り込む
      • 2日間
      • 3日間
      • 4日間
      • 5日間
      • 1名1室(指定なし)
      • 2名1室(指定なし)
      • 2名1室(ツイン)
      • 2名1室(セミダブル)
      • 2名1室(ダブル)
      • 3名1室
      • 4名1室
      • 5名以上1室

    NHK連続テレビ小説

    『ちむどんどん』
    ロケ地めぐりモデルコース

    物語の舞台"やんばる"に行ってみよう

    NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』のロケ地はここ!ロケ地を巡ればドラマをもっと楽しめる。効率よく巡るモデルコースもご紹介します。朝の連ドラの舞台は毎年人気の旅行先になるのでご検討中の方はお早めに!沖縄本島北部・やんばる地域に生まれた主人公の気分を味わおう。

    メルマガ登録

    『ちむどんどん』のロケ地

    『ちむどんどん』ってどんな物語?

    『ちむどんどん』ってどんな物語?イメージ

    おいしいものを食べること、作ることが好きなヒロインは、沖縄がアメリカの統治下にあった頃、沖縄本島北部の山原(やんばる)と呼ばれる地域にあるサトウキビ農家の娘として生まれました。

    ふるさとの沖縄料理に夢をかけたヒロインと、支えあう兄妹たちによって繰り広げられる「食」がテーマの物語。

    『ちむどんどん』とは…

    沖縄の方言で、「ちむ」(肝:心胸・心)「どんどん」(脈打つ音のこと)から「胸がどきどき、わくわくする気持ち」のこと。作中では「心がドキドキすること」と紹介されています。

    いつから放送しているの?

    『ちむどんどん』第1話は、2022年4月11日(月)に放送されました。

    いつまで放送されるの?

    9月末頃までの放送が予想されています。

    ※全体の放送回数については5週目放映時点で未定です。

    いつ撮影したの?

    『ちむどんどん』のロケは2021年9月21日から撮影が開始されました。

    モデルになったのはどこ?

    ヒロインは沖縄の山原村(架空の村)生まれとなっており、世界自然遺産にも登録されたヤンバル地域の大宜味村、国頭村、東村周辺がモデルになっているようです。

    アクナ浜(うるま市)

    うるま市宮城島にあるアクナ浜は、知る人ぞ知る穴場ビーチ。車1台がギリギリ通れる細い道を抜けた先にあり、駐車できるスペースもないので、細い道の手前から歩いていく方が多いようです。地元の方や他の観光客の迷惑にならないように注意が必要です。

    『ちむどんどん』ではヒロインがシークワーサーを取ろうとするシーンが印象的。実はシークワーサーの木はロケ用なので実際にはありません…。しかし、ヒロインが見たのと同じ丘の上からの絶景が楽しめます。

    ジャネー洞(うるま市)

    ジャネー洞(うるま市)イメージ

    うるま市にある無人島「藪地島」にあるジャネー洞(ジャネーガマ)は、石灰岩でできた大きな鍾乳洞。拝所とされる神聖な場所で、縄文時代(約6,500年前)の土器のかけらが出土している歴史的にも大切な場所です。藪地島へは橋で渡ることができます。

    『ちむどんどん』では、ジャネー洞の前に広がる広場で、工場現場で働く母のことを馬鹿にされたヒロインたち兄妹が、悪ガキとけんかをしていました。

    備瀬のフクギ並木(本部町)

    備瀬のフクギ並木(本部町)イメージ

    本部町にある備瀬のフクギ並木。マイナスイオンをたっぷり感じられそうな約1kmの並木道です。沖縄の集落とのんびりした時間を過ごすことができます。

    『ちむどんどん』では、メインビジュアルやオープニングムービーでおなじみの場所。 並木を抜けた先に海が見える場所を探してみてくださいね。

    瀬底ビーチ(本部町)

    瀬底ビーチ(本部町)イメージ

    本部町の瀬底島にある瀬底ビーチは、沖縄でも有数の透明度を誇る天然ビーチ。沖縄本島からは橋で繋がっているので簡単にアクセスすることができます。マリンスポーツも豊富で、時間に余裕がある人は瀬底ビーチで遊ぶのもおすすめ。

    『ちむどんどん』では山原村の海岸となっています。海に向かって叫ぶシーンが印象的です。

    古宇利島のサトウキビ畑(今帰仁村)

    古宇利島のサトウキビ畑(今帰仁村)イメージ

    今帰仁村にある古宇利島は、サトウキビと紅芋の産地として知られています。島の北部にはサトウキビ畑が広がっており、天気の良い日には青い空と緑のサトウキビの美しい風景が見られます。

    『ちむどんどん』では、比嘉家の畑になっています。※正確な場所は特定されていません。

    赤墓ビーチ(今帰仁村)

    赤墓ビーチ(今帰仁村)イメージ

    今帰仁村(なきじんそん)にある赤墓ビーチ(「あかばか」もしくは「さだばま」びーち)は、美しい海と白い砂浜が広がる隠れ家の様な穴場のビーチ。車は数台停められるようですが、道が狭いので注意。

    『ちむどんどん』では山原村にある浜辺の一つで、「ちむどんどん」とはどんな意味かを和彦に教えるシーンに使われたビーチです。ヒロインたちがサーターアンダギーを食べてるシーンもここ。

    今泊集落(今帰仁村)

    今帰仁村今泊集落にあるフクギ並木。並木を抜けた先には浜が広がっています。

    『ちむどんどん』では、山原高校に通う暢子たちの通学路になっています。

    美ら島自然学校(名護市)

    美ら島自然学校(名護市)イメージ

    美ら島自然学校(旧名護市立嘉陽小学校)は、小学校跡地を活かした自然学校で、動植物の図鑑や標本の閲覧などができます。

    『ちむどんどん』ではヒロインたちの通う山原高等学校で、一緒に学生気分で走り回ってみるのもおすすめ。

    天仁屋のサトウキビ畑(名護市)

    名護市天仁屋にあるサトウキビ畑。サトウキビ畑から海を一望できるスポットです。

    『ちむどんどん』では、山原村のバス停がある場所。出会いと別れのスポットとなっています。

    有津川(名護市)

    名護市天仁屋にある有津川(あっつがわ)の沈下橋。

    『ちむどんどん』では、通学路として登場します。

    むいの宿(東村)

    この投稿をInstagramで見る

    むいの宿(@muinoyado)がシェアした投稿

    国頭郡東村にある「むいの宿」は古民家宿泊施設。日帰りでBBQや、撮影施設などとしての貸し出しも行われています。

    『ちむどんどん』では、比嘉家の階段など家の外観として使われました。

    ロケ地巡りにおすすめのホテル

    ロケ地巡りにおすすめのホテルイメージ

    『ちむどんどん』のロケ地は、主に沖縄本島の北部と東部に集中しています(名護市、国頭郡本部町、今帰仁村、国頭村、大宜味村、東村、うるま市)。

    ホテルを予約するなら、移動が楽な沖縄本島北部のホテルがおすすめです。また、ロケ地巡りの場合にはバスが通っていない穴場スポットも多いので、レンタカー付きのツアーがおすすめです。

    ジェイトリップでは、お手軽にロケ地巡りツアーが楽しみたい人向けのリーズナブルなホテルから、ゆっくりとホテルステイを楽しみたい人向けのラグジュアリーホテルまで多数ラインナップしています。

    メルマガ登録

    TOUR LINEUPツアーラインナップ

    現在2件のプランがあります

    1泊ずつホテルが選べる

    沖縄本島フリープラン|沖縄本島|

    沖縄本島フリープランイメージ

    ロケ地巡りに便利な北部ホテルはもちろん、沖縄全域のホテルから選べます。

    ロケ地を巡るならレンタカー付きのプランがおすすめです。

    拠点のホテルを決めて身軽に移動するのも良し、行きたいスポットに合わせて1日づつホテルを選ぶもよし、旅行スタイルに合わせて自由に選べる人気のプランです。

    • レンタカー付|朝食付のホテルをラインナップ
        • ご予約当日にeチケット発行
        • ご予約当日から取消手数料発生。(500円~)
        • 予約後すぐ座席指定可能
        • JALマイルが50%貯まる!!
          • クレカ
        • 2名1室(セミダブル)

        料金・詳細

    • レンタカー付
        • ご予約当日にeチケット発行
        • ご予約当日から取消手数料発生。(500円~)
        • 予約後すぐ座席指定可能
        • JALマイルが50%貯まる!!
          • クレカ
        • 2名1室(セミダブル)

        料金・詳細

    • レンタカーなし
        • ご予約当日にeチケット発行
        • ご予約当日から取消手数料発生。(500円~)
        • 予約後すぐ座席指定可能
        • JALマイルが50%貯まる!!
          • クレカ
        • 2名1室(セミダブル)

        料金・詳細

    • レンタカーなし|朝食付のホテルをラインナップ
        • ご予約当日にeチケット発行
        • ご予約当日から取消手数料発生。(500円~)
        • 予約後すぐ座席指定可能
        • JALマイルが50%貯まる!!
          • クレカ
        • 2名1室(セミダブル)

        料金・詳細

    ロケ地めぐりにおすすめ

    沖縄本島北部のホテルから選ぶ|本島北部|

    沖縄本島北部のホテルから選ぶイメージ

    ホテル選びに悩んだら、『ちむどんどん』のロケ地巡りに便利な本島北部のホテルから選べるフリープラン。
    予算に合わせて泊まりたいホテルがきっとみつかるはず♪

    • レンタカー付
        • ご予約当日にeチケット発行
        • ご予約当日から取消手数料発生。(500円~)
        • 予約後すぐ座席指定可能
        • JALマイルが50%貯まる!!
          • クレカ
        • 2名1室(セミダブル)

        料金・詳細

    • 1泊目は那覇市内ホテル|レンタカー付
        • ご予約当日にeチケット発行
        • ご予約当日から取消手数料発生。(500円~)
        • 予約後すぐ座席指定可能
        • JALマイルが50%貯まる!!
          • クレカ
        • 2名1室(セミダブル)

        料金・詳細

    • 最終泊は那覇市内ホテル|レンタカー付
        • ご予約当日にeチケット発行
        • ご予約当日から取消手数料発生。(500円~)
        • 予約後すぐ座席指定可能
        • JALマイルが50%貯まる!!
          • クレカ
        • 2名1室(セミダブル)

        料金・詳細

    • レンタカーなし
        • ご予約当日にeチケット発行
        • ご予約当日から取消手数料発生。(500円~)
        • 予約後すぐ座席指定可能
        • JALマイルが50%貯まる!!
          • クレカ
        • 2名1室(セミダブル)

        料金・詳細

    • 前後泊は那覇市内ホテル|レンタカー付
        • ご予約当日にeチケット発行
        • ご予約当日から取消手数料発生。(500円~)
        • 予約後すぐ座席指定可能
        • JALマイルが50%貯まる!!
          • クレカ
        • 2名1室(セミダブル)

        料金・詳細

    『ちむどんどん』ロケ地巡り
    モデルコース

    『ちむどんどん』のロケ地を巡るモデルコース♪
    3日間に分けて『ちむどんどん』の幼少期時代の沖縄を旅しよう!モデルコースを参考にしていただくと、効率よくロケ地を周ることができます。

    1日目

    まずはオープニングにも使われているフクギ並木を見に行こう♪
    ロケ地巡り1日目は沖縄県北部にある本部町、今帰仁村、古宇利島、瀬底島を巡ります。

    【行程】

    9:30 ホテル → 10:00 備瀬のフクギ並木 → 11:30 (昼食)花人逢 → 12:45 今泊集落 → 14:00 赤墓ビーチ → 15:00 古宇利島のサトウキビ畑 → 16:15 瀬底ビーチ → 17:30 ホテル

    備瀬のフクギ並木
    1備瀬のフクギ並木

    オープニングムービーにあるフクギ並木。まずはここから

    10:00(滞在目安:60分)

    花人逢
    2(昼食)花人逢

    ランチは水からこだわる焼き立てピザ。赤瓦の木造古民家で美しい風景を眺めながらランチはいかがですか。

    11:30(滞在目安:60分)

    3今泊集落

    ヒロインたちの通学路になっているフクギ並木。のんびりとした空気を味わえます。

    12:45(滞在目安:60分)

    赤墓ビーチ
    4赤墓ビーチ

    山原村の海岸。サーターアンダギーを持って行って食べるのもおすすめ。

    14:00(滞在目安:30分)

    古宇利島のサトウキビ畑
    5古宇利島のサトウキビ畑

    比嘉家のサトウキビ畑を探してみよう。一面に広がるサトウキビを見てみませんか。

    15:00(滞在目安:30分)

    瀬底ビーチ
    6瀬底ビーチ

    山原村の海岸。海に向かって思いを叫んでみてはいかがでしょうか。

    16:15(滞在目安:30分)

    沖縄本島北部のホテルに宿泊

    2日目

    2日目は、名護市東部と大宜味村、東村を巡ろう♪
    自然あふれるやんばるの森で、ヒロインたちの暮らしを感じることができます。ヒロインたちの通う高校や通学路、作中で印象的なシーンが多いバス停やそのバスが走る道のりなどを周ります。

    【行程】

    9:30 ホテル → 10:30 国頭村宇嘉周辺 → 11:15 喜如嘉ヒンバ森 → 12:00  (昼食)笑味の店 → 13:40 むいの宿 → 14:30 有津川の橋 → 15:10 天仁屋の道 → 15:40 美ら島自然学校 → 17:30 ホテル

    1国頭村宇嘉周辺

    国道58号線を走っていると、暢子と智がバスに乗っているシーンに使われた場所があります。

    10:30

    2喜如嘉ヒンバ森

    国頭村の全景が一望できる場所。実際にはCGで修正されていますが、雰囲気を感じることができます。

    11:15(滞在目安:30分)

    笑味の店
    3(昼食)笑味の店

    地産地消、沖縄の食材を使ったおいしい料理が食べられます。

    12:00(滞在目安:60分)

    4むいの宿

    比嘉家の家の周りに使われたスポット。

    13:30(滞在目安:30分)

    5有津川の橋

    ヒロインたちが学校に通うための通学路。沈下橋が印象的。

    14:30(滞在目安:30分)

    6天仁屋の道

    山原村のバス停のある場所。バスを待っている気分で暫く待ってみるのはいかがでしょうか。

    15:10(滞在目安:30分)

    美ら島自然学校
    7美ら島自然学校

    ヒロインたちが通う山原高校。学生気分で散策できます。

    15:40(滞在目安:60分)

    沖縄本島北部のホテルに宿泊

    3日目

    最終日はうるま市を中心にロケ地巡り。ヒロインたちの家の近くにあるシークワーサーの木が印象的な海岸「アクナ浜」など絶景スポットを見ていきます。

    ロケ地周辺には4つの島を結ぶ海中道路があり、絶景のドライブスポット。ロケ地巡りと一緒にドライブもおすすめです。海中道路の中央にはロードパークがあるので、車を停めてのんびり海を眺めてみてはいかがでしょうか。

    【行程】

    9:30 ホテル → 11:00 アクナ浜 → 12:20  (昼食) → 13:35 ジャネー洞 → 15:30 那覇空港

    1アクナ浜

    ヒロインがシークワーサーを取ろうとするシーンでおなじみの比嘉家の近くの浜辺

    11:00(滞在目安:60分)

    2(昼食)丸一食品

    テイクアウトでおいしい「いなり寿司」はいかがですか。唐揚げやチキンなどと一緒に手軽に食べられるのでドライブのお供に

    12:30(滞在目安:30分)

    ジャネー洞
    3ジャネー洞

    ヒロインたちが母を馬鹿にした悪ガキと喧嘩をした場所。

    13:35(滞在目安:40分)

    那覇空港

    このページをシェアする