出発地

東京発

  • 東京発

    再開されればキャンペーン適用OK

    GoToトラベルキャンペーン

    国内旅行が1日最大13,000円お得

    最新情報はこちら

    GoToトラベルキャンペーン再開について

    昨年11月に、割引率の引き下げ、上限額の引き下げなど「新たなGoToトラベル」のルールが一部発表され、2022年1月末頃のGoToトラベル再開に向けて調整が行われていましたが、オミクロン株の感染拡大により、再開は見送りとなっておりました。

    その後、進展がなかったGoToトラベルですが、2022年3月15日に「県民割」を地方ブロックに拡大するというステップを踏んで、全国での再開する方針が示され、2022年4月1日から「県民割」から全国6つの地域ブロック分けた「ブロック割」に対象が拡大し、同一ブロック内の都道府県からの旅行も支援対象になりました。感染状況が落ち着いている都道府県から順次再開していきます。

    ブロック割での感染状況などを見て、GoToトラベル再開の検討が行われると予想されています。

    「ブロック割」についてや、新たなGoToトラベルの割引率や上限額についての詳しい内容、「平日」と「休日」の定義、感染症対策、再開時期はいつ頃かなど、GoTo再開に向けて気になる最新情報を更新中です。

    悩んでいる女性のイメージ

    GoToトラベル再開はいつ?

    岸田首相は、2022年3月12日に東北の被災地を訪れた際に、再開時期について「この地域の観光業の皆さんを中心に『Go Toトラベル』に対する期待が大変大きいことは認識している」と述べられました。
    そのうえで「具体的な時期については、今後の感染状況や専門家の意見も聴きながら考えていかなければならない。適切な時期が来れば迅速に再開できるよう、準備は進めていきたい」という考えを示されております。

    また、2022年3月15日、斉藤鉄夫国土交通相は「県民割を(地方)ブロックに拡大するというステップを踏んで、全国での再開という順序になっていく」と述べられております。

    GoToトラベルの再開はいつかはまだ未定ですが、再開に先駆けて各都道府県が実施している「県民割」の対象範囲を、2022年4月1日より「地域ブロック」に拡大し、ゴールデンウィーク前の4月28日まで延長されました。早くてもGW明け以降の再開になると予想されています。

    GoTo再開までのステップ

    政府は段階的にGoToトラベルを再開する方針を示しており、GoToトラベル再開までの代替キャンペーンとして、現在都道府県が独自に実施している「地域観光事業支援(県民割)」は、ワクチン・検査パッケージを活用し、地域ブロックに拡大、実施期間を2022年4月28日宿泊分まで延長しております。

    また、2021年11月19日時点の情報では、GoToトラベルの実施期間について、2022年のゴールデンウィークまで実施し、その後、割引を段階的に引き下げながら、夏休み前までは都道府県による観光支援策として実施する方針でしたが、全体的に後ろ倒しとなる見込みです。

    地域観光事業支援
    県民割 → ブロック割 )

    2022年4月28日まで延長

    感染状況が落ち着いているステージ2以下の都道府県が実施
    緊急事態宣言・まん延防止等重点措置適用地域は除外

    矢印

    GoToトラベル

    全国的に感染状況が落ち着いてから

    ブロック割が終了する4/28以降、感染状況をみて再開を判断し、GW以降より実施予定か。

    矢印

    都道府県によるGoTo事業

    GoTo再開後しばらくした後

    GoToトラベル実施後、都道府県による観光支援事業とし、割引率を段階的に引き下げる

    地域観光事業支援(県民割)とは

    現在、政府はGoToトラベルキャンペーンの代替策として、県民割などの在住都道府県内の旅行割引支援を国が支援する「地域観光事業支援」を実施しています。

    地域観光事業支援とは、旅行費用の半額(1泊最大5,000円)と、地域での買い物や飲食店で使えるクーポン(上限2,000円分)が貰え、宿泊を伴う旅行の場合ひとり1泊あたり、日帰り旅行の場合は1回につき最大で7,000円が補助される支援策です。
    自治体によって内容は異なる為、一律同条件ではありませんが、自治体独自の支援も追加されるため、さらにお得な場合もあります。

    11月19日に感染状況や都道府県からの要請を踏まえ、「在住都道府県内の旅行」から「隣接都道府県への旅行」が支援の対象となっており、2022年1月以降の利用については、「ワクチン・調査パッケージ」の活用(ワクチン接種歴2回またはPCR検査等の陰性結果の提示)が割引の適用条件になっております。

    地域ブロック割とは

    2022年4月1日から「県民割」の支援対象が6つの地域ブロックに分けられ、同一ブロックからの旅行が割引支援の対象となる「地域ブロック割」に拡大しました。

    今まで各都道府県民の在住都道府県内の旅行や、隣接都道府県からの旅行が支援対象でしたが、6つの地域ブロックに分けられ、ブロック内への旅行が割引となります。
    また、適用条件としてワクチン接種歴3回またはPCR検査等の陰性結果の提示が必要となっています。

    期間は2022年4月1日から4月28日までとなっており、準備が出来た自治体からブロック割が始まります。

    地域ブロック 都道府県
    北海道・東北 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
    関東 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県
    北陸信越・中部 新潟県、富山県、石川県、長野県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県
    近畿 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
    中国・四国 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県
    九州・沖縄 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
    ※4月6日現在:18道県がブロック割開始済
    メルマガ登録

    今さら聞けないGoToトラベルキャンペーンとは?

    GoToトラベル事業は、旅行者・事業者の双方が感染予防対策を実施し、ウィズコロナの時代における「新しい生活様式」に基づく旅行のあり方を普及し定着させるものです。停滞している日本経済の再始動を図るために立ち上げられた事業で、宿泊を伴う国内旅行または、日帰りの国内旅行に対して旅行代金の割引と地域共通クーポン配布の支援が行われます。

    新型コロナウィルスの感染拡大を受け、2020年12月28日から全国一斉停止中で、現時点での再開時期は未定です。
    2021年11月19日にGoToトラベルの公式サイトが更新され、GoToトラベルの再開時の制度変更の内容が公表されました。その後詳細は別途となっていた「平日」と「休日」についても新しい情報が入りました。今後も新しい情報も公開されていくとの事なので、最新情報の更新をおまちください。

    新たなGoToトラベルキャンペーン

    新たなGoToトラベル事業の内容の一部が発表となり、GoTo 2.0として検討されていた、割引率や割引上限額が大幅に引き下げられることが決定致しました。

    GoToトラベルキャンペーンは2つの時期に分かれることになり、再開後からしばらくは国の事業として実施され、その後都道府県の事業となり割引率が段階的に引き下げられます。具体的な内容など今後の動きに注目が集まっています。

    新たなGoToトラベルキャンペーン(再開後~)
    一昨年実施時 新たなGoToトラベル
    割引率 35% 30%
    割引上限額 宿泊旅行
    (1泊あたり)
    14,000円 交通付き 10,000円
    宿泊のみ 7,000円
    日帰り旅行 7,000円 3,000円
    地域共通クーポン 旅行代金の15% 平日 3,000円
    休日 1,000円
    ※平日・休日の定義については こちら
    感染症対策
    ● ワクチン・調査パッケージの活用
    ● 旅行後2週間以内に陽性となった際の報告や旅行中の行動履歴の記録

    変更ポイント①
    旅行代金の割引について

    新たなGoToトラベルでは、割引率が35%から30%に引き下げになりました。1泊あたりの割引上限額は最大14,000円から、「宿泊のみの旅行」の場合最大7,000円、「交通付の旅行(飛行機や新幹線などが付いたパッケージツアー)」の場合最大10,000円に変更になりました。
    高級ホテルに予約が集中する傾向にあったことから、割引上限額を引き下げることで予約の偏りを防ぐようです。

    ジェイトリップのパックツアーは「交通付の旅行」のため、割引率30%、割引上限額10,000円が該当します。

    変更ポイント②
    地域共通クーポンについて

    新たなGoToトラベルでは、地域共通クーポンについても制度が変更されます。
    旅行代金の15%相当(最大6,000円分)のクーポンが付与されましたが、1泊あたり平日3,000円、休日1,000円と定額制となります。
    休日に需要が集中する傾向にあったことから、平日のクーポン付与額をアップし予約の集中を防ぐようです。
    ※「平日」「休日」の定義についてはこちら

    GoTo 2.0で検討されていたクーポンの配布方法については今回発表はありませんでしたが、前回同様「紙クーポン」「電子クーポン」の2種類で展開される予定です。
    ※旅行会社により取り扱う種類が異なりますので、正式発表をお待ちください。

    地域共通クーポンが使える全国の取り扱い店舗については、GoToトラベル公式サイトにて随時更新されています。

    変更ポイント③
    感染症対策について

    新たなGoToトラベルではGoTo2.0で検討されていた通り、感染症対策として「ワクチン・検査パッケージ」が活用されると発表されています。 ワクチンの接種状況・PCR検査・抗原検査の陰性証明の確認方法など、旅行出発前に提出するものについては「ブロック割」の利用条件が踏襲されると予想されています。
    新型コロナウイルスワクチンの接種歴3回、あるいはPCR検査などの陰性証明書を提示することが条件になるのではないでしょうか。

    また、ご旅行後2週間以内に新型コロナウイルスの陽性となった場合は、旅行中の行動履歴などを事務局へ報告することが義務付けられますが、行動履歴の報告方法などの詳細はまだ未定となっております。

    変更ポイント④
    対象期間について

    GoToトラベルは旅行需要喚起のための支援策です。以前のGoToトラベルの開始時点では対象期間外はありませんでした。
    12月8日、春休み期間はGoToトラベルが無くとも旅行の需要が高いことが見込まれることから、新たなGoToトラベルでは3月下旬から4月上旬の春休み期間が対象期間外となる方針が観光庁より示されています。具体的な除外日程については、今後の発表となります。

    参考資料:旅行においてワクチン・検査を活用した安全・安心な仕組みを導入します!~「旅行業・宿泊業におけるワクチン・検査パッケージ運用ガイドライン」を策定しました~ – 観光庁公式サイト

    「平日」と「休日」の定義

    地域共通クーポンの「休日」「平日」の定義は別途発表されるという事で、ずっと不明のままであった「休日」と「平日」の定義について新しい情報が発表されました。

    旅行の「休日」は宿泊日を基準とした特別なルールとなっています。2022年のゴールデンウイークのカレンダーを例に「休日」と「平日」について紹介します。

    4/18
    平日
    19
    平日
    20
    平日
    21
    平日
    22
    平日
    23
    休日
    24
    平日
    25
    平日
    26
    平日
    27
    平日
    28
    平日
    29
    休日
    30
    休日
    5/1
    平日
    2
    平日
    3
    休日
    4
    休日
    5
    平日
    6
    平日
    7
    休日
    8
    平日

    ①【土曜日】
    土曜日はすべて「休日」となります。
    ※日曜日~金曜日の宿泊は下記②、③に該当しない場合はすべて「平日」となります。

    ②翌日が祝日の【日曜日】
    通常は日曜日の宿泊は平日となりますが、宿泊した翌日の月曜日が祝日になる3連休などの場合には日曜日も「休日」となります。

    ③翌日が土・日・祝日の【祝日】
    宿泊日の翌日が休みになる祝日が「休日」となります。4月29日(金)~5月1日(日)の4月29日や、5月3日(火)~5日(木)の3日と4日などが該当します。

    宿泊する日宿泊する日の翌日が、カレンダーで休日の場合、宿泊する日が「休日」となる見込みです。

    新たなGoToトラベルでどれくらいお得?

    割引率や上限金額が引き下げられる新たなGoToトラベルですが、以前とどれくらい違うのでしょうか?前よりお得?前より損?実際の旅行代金にあてはめてシミュレーションしてみましょう。

    割引前の旅行代金が1泊2日10,000円の場合

    一昨年実施時 新たなGoToトラベル
    旅行代金 10,000円 10,000円
    - 割引額 – 3,500円 – 3,000円
    支払額 6,500円 7,000円
    + 地域共通クーポン 2,000円 平日 3,000円
    休日 1,000円
    実質負担額 4,500円 平日 4,000円
    休日 6,000円

    では実際に、東京出発3泊4日の沖縄旅行(平日)に2名で行った場合はどうなるかシミュレーションしてみました。※ツアー料金は流動的です。条件が異なる場合違う金額となりますのでご了承ください。

    割引前の旅行代金が3泊4日36,400円の場合

    一昨年実施時 新たなGoToトラベル
    旅行代金 36,400円 36,400円
    - 割引額 – 12,740円 – 10,920円
    支払額 23,660円 25,480円
    + 地域共通クーポン 5,000円 9,000円
    実質負担額 18,660円 16,480円
    割引率や上限の引き下げなどが取り沙汰されていますが、平日の旅行で数日間の旅行かつ安いツアーを予約した場合には、以前のGoToトラベルより安くなるという結果になりました。お得な料金を探して、新たなGoToトラベルを最大限活用したツアーを予約しましょう。
    都道府県実施の新たなGoToトラベル

    ゴールデンウイークの後は、国の事業から各都道府県の事業になるGoToトラベル。さらに割引率や上限額が下がりますが、まだまだお得。新たなGoToトラベルからどれくらい下がるか紹介します。

    ■ 都道府県実施
    新たなGoToトラベルキャンペーン(段階引き下げ後)
    新たなGoToトラベル 新たなGoToトラベル
    段階引き下げ後
    割引率 30% 20%上限
    割引上限額 宿泊旅行
    (1泊あたり)
    交通付き 10,000円 交通付き 8,000円
    宿泊のみ 7,000円 宿泊のみ 5,000円
    日帰り旅行 3,000円 2,000円
    地域共通クーポン 平日 3,000円
    休日 1,000円
    3,000円上限
    ※平日・休日の定義については こちら
    感染症対策
    ● ワクチン・調査パッケージの活用
    ● 旅行後2週間以内に陽性となった際の報告や旅行中の行動履歴の記録

    GoTo 2.0として検討されていた割引率・上限の段階的な引き下げが盛り込まれた形になりました。まだ細かな条件などは追加となる場合がございます。

    予約後に後から割引を適用できます

    現在GoToトラベルキャンペーンは一時停止中ですが、キャンペーンが再開されれば「既に予約済の旅行」や「再開前のご予約」でも、 あとから割引を適用できます。再開時にキャンペーンの対象となる旅行であれば予約の取り直しは不要です。あとから割引を利用した予約のメリットを紹介します。

    メリット①
    人気の日程・ホテルも選び放題

    GoToトラベルの再開日が決定すれば、予約が殺到し、人気の日程や人気のホテルから売り切れてしまうことが予想されます。また、これまでの傾向からGoToトラベルが再開すれば航空会社やホテルが料金の値上げを行い、ツアー料金が高くなる可能性もあります。

    以下に当てはまる方は、再開前のご予約がおすすめです。
    ・すでに旅行の日程が決まっている
    ・GW以降に旅行を検討している
    ・人気のホテルを予約したい

    メリット②
    煩わしい手続きは不要

    GoToトラベルの開始時、事前に行っていた予約に対しては、キャンペーン事務局に書類を送らなければGoToトラベルの対象にはなりませんでしたが、あとから割引対象のツアーの場合には、手続きは全て旅行会社が行います。
    本人確認書類などの提出は必要となりますが、書類はどうすればいい?といった手続きが不要になります。

    ご予約前に注意事項を必ずご確認いただいた上で、ご予約をご検討ください。

    GoToトラベルの再開日は未定です

    政府はGoToトラベル事業の再開時期について慎重な考えを示しており、安心安全な旅行の仕組みの中でのGoToトラベル再開が検討されています。適切な時期が来れば迅速に再開したいとの考えも示されており、2022年5月以降になると予想されております。

    GoToトラベルが再開されるまでは、割引を適用できません。ご予約後、GoToトラベル再開前の旅行をキャンセルをする場合は、規定のキャンセル料金がかかりますのでご注意ください。

    これまでのGoToトラベルの支援内容と異なります。

    2021年11月19日に新たなGoToトラベル事業の内容の一部が発表されました。以前のキャンペーンからは割引率や割引上限額が大幅に引き下げられ、地域共通クーポンも平日・休日で一律配布になるなどの変更が決定しております。今後対象地域、対象ホテルなど、キャンペーンの参加条件がこれまでの内容から大きく異なる場合があります。再開した時点でのGoToトラベルのルールが適用となり、適用条件に合致しない予約については、割引を適用することができません。

    ワクチン・調査パッケージの活用方法の詳細や、行動履歴の記録方法などまだ詳細が決定していない内容も多く、今後順次更新されれていく見込みです。最新情報はこちらのページで随時更新していきます。

    割引の適用ができない場合があります

    GoToトラベル事業の再開が公式発表された後、対象のお客さまへは順次メールで案内いたします。旅行の出発日によっては、割引適用の手続きが間に合わない可能性がありますので予めご了承ください。

    ジェイトリップツアーの
    GoToトラベルはここがすごい!

    TOUR LINEUPピックアップ特集

    現在9件のプランがあります

    GoToトラベルキャンペーンに関する最新情報を随時発信中!感染拡大を受け、GoToトラベルの再開は当面見送り(2022年の5月以降)となりました。ジェイトリップは、GoToトラベルの支援額を最大限に活用できる旅行予約サイトです。再開前のご予約・新規の予約でも、再開されれば「あとから割引」を適用させることが可能です。

    このページをシェアする